Pix4Dcloudで農業のプロジェクトを処理する方法

Pix4Dcloudでは、マルチスペクトル画像をインプットファイルとして使用し、処理することができます。

サポートされているマルチスペクトルカメラは表にある通りです。

メーカー カメラ Syntax (モデル名_焦点距離)
AeroVironment  Quantix RGN Quantix_2.6
Airinov multiSPEC4C multiSPEC4C_3.0
multiSPEC4C_3.6
DJI DJI P4 マルチスペクトル FC6360_5.7
MicaSense Altum Altum_1.8 (サーマルバンド)
Altum_8.0 (マルチスペクトルバンド)
RedEdge RedEdge_5.5

RedEdge-MX

RedEdge-M

RedEdge-M_5.5
Parrot Sequoia Sequoia_4.0
Sentera Sentera 6x 21214-00_3.2MP
21214-01_3.2MP
21244-01_3.2MP
21244-01_3.2MP
Slantrange SlantRange-3P SlantRange-3P_12.0
 
注: マルチスペクトル画像とRGB画像は別々のプロジェクトとして処理する必要があります。

Pix4Dcloudで農業プロジェクトを処理するには:

1. プロジェクトを作成します。これは次の2つの方法で行うことができます。

1.1 Pix4Dcloudで新規データセットを作成し、画像をインポート。単一バンドの画像にはAGマルチスペクトルテンプレートを適用。MicaSenseのSequoiaカメラにはデフォルトとしてAGマルチスペクトルテンプレートが適用されます。Pix4Dcloudで閲覧可能なアウトプットはNDVIマップです。より詳細な情報は次の記事をご覧ください: 処理オプションデフォルトテンプレート
1.2 Pix4Dmapperで作成済みのプロジェクトをPix4DcloudにアップロードPix4Dcloudにプロジェクトをアップロードする前にカスタム処理設定が行えます。カスタム処理設定に関するより詳細な情報はPix4Dcloudで処理設定をカスタムする方法を確認ください。

 
アクセス: オプション1.2を実行するには、Pix4DmapperライセンスとPix4Dcloudライセンスの両方が必要です。

2.Pix4Dcloudのアウトプットを表示します。マルチスペクトル画像から生成されたアウトプットでPix4Dcloudで表示できるのはNDVIマップです。他のアウトプット(例えば、単独バンド画像の反射率マップ)がステップ1.2で説明されたように選択された場合、結果フォルダをダウンロードして、Pix4Dmapperまたはその他のサードパーティソフトウェアで閲覧ができます。詳細については: Pix4Dcloudから結果をダウンロードする方法

 
参考情報:反射板を処理に使用できます。Pix4Dcloudでの反射板の使用方法の詳細については、反射板を参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。