Pix4Dcloudへ結果とアウトプットをアップロードする方法

Pix4Dサーバーでプロジェクトを(再)処理せずに、一部の結果やアウトプットをPix4Dcloudにアップロードすることができます。ただし、そのような結果はWeb表示のために処理されます。

 
参考情報:
  • 現在、Pix4Dcloudにアップロードできるのは、特定のファイルのみです。
  • Pix4Dcloudで処理済みの既存プロジェクトの場合、アウトプットをアップロードしても、処理結果は削除されません。新しいアウトプットによって、表示される結果は置き換えられますが、「ダウンロード」>「Pix4Dデスクトップへエクスポート」からダウンロードできるプロジェクトフォルダ内の結果は置き換えられません。詳細については、クラウドから結果をダウンロードする方法を参照してください。
  1. Pix4Dcloudにアクセスし、有効なPix4Dアカウントでログインします。

新規データセットの場合(Pix4Dcloudで画像を処理しない場合)

2.1 新規データセットを作成し、指示に従って「処理結果をアップロード」します。

2.2 「ファイル」>「結果」セクションで、アップロードするアウトプットのボックス内の「ファイルをアップロード」をクリックし、ディレクトリを参照してファイルを選択します。また、対応するアウトプットセクションにファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。

この場合、次のアウトプットをアップロードできます。

  • オルソモザイク(.tif)
  • DSM(.tif)
  • NDVI(.tif)
  • 点群(.las)。現在のところ、使用できる.lasファイルは1つです。デスクトップアプリケーションで作成したタイルをマージする方法については、点群のタイルをマージする方法を参照してください。
  • メッシュOBJ(.obj、.mtl、.jpg)。メッシュのアップロードに関する推奨事項については、こちらを参照してください。

Pix4Dcloudで処理済みの既存のデータセット、または結果が既にアップロードされている既存のデータセットの場合

2.3 アウトプットをアップロードする既存のデータセットを開きます。

3 「ファイル」>「結果」セクションで、アップロードするアウトプットのボックス内の「ファイルをアップロード/ファイルを置き換える」をクリックし、ディレクトリを参照してファイルを選択します。また、対応するアウトプットセクションにファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。

この場合、次のアウトプットをアップロードまたは置換できます。

  • オルソモザイク(.tif)
  • DSM(.tif)
  • NDVI(.tif)(以前に生成した場合)。
  • 点群(.las)。現在のところ、使用できる.lasファイルは1つです。デスクトップアプリケーションで作成したタイルをマージする方法については、点群のタイルをマージする方法を参照してください。
  • メッシュOBJ(.obj、.mtl、.jpg)。メッシュのアップロードに関する推奨事項については、こちらを参照してください。

4. アップロードウィンドウがポップアップ表示され、アップロード状況が表示されます。成功したら、「閉じる」をクリックします。
5. アウトプットがWeb表示できるようになると、電子メールが送信されます。電子メールに記載されているリンクをクリックし、データセットのページを開きます。

3Dメッシュのアップロードに関する推奨事項

次に該当する場合、3Dメッシュをアップロードする際に、(「\1_initial\params」フォルダにある)「offset.xyz」ファイルを追加してください。

  • 点群と3Dメッシュの両方をアップロードする。
  • ジオリファレンス処理済みの3Dメッシュが必要である。
  • 2Dと3Dの両方でアノテーションを作成および表示する予定である。
この記事は役に立ちましたか?
6人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。