アウトプット

 戻る  |  次へ 

Pix4Dcloudのアウトプットには、フォトグラメトリーの結果とアノテーションファイルなどの後処理のアウトプットが含まれています。

フォトグラメトリーのアウトプット

クラウドで処理する新しいデータセットを作成するときに、デフォルトのテンプレートが適用され、以下の標準アウトプットが(標準形式で)生成されてWeb表示で利用できるようになります。

点群

拡張子 説明
.las 点群ファイル。

3Dテクスチャメッシュ

拡張子 説明
.obj テクスチャファイルを含むOBJ 3Dメッシュ。

DSM

拡張子 説明
.tif DSMファイル

オルソモザイク

拡張子 説明
.tif オルソモザイクファイル。

NDVI

拡張子 説明
.tif NDVIマップファイル。

レポート

同時に、処理結果の成功を検証するためのレポートがいくつか生成されます。

拡張子 説明
.pdf、.xml プロジェクトの品質レポート
.pdf AutoGCPマークのPDFレポート。「Pix4Dcloud Advanced」ユーザーの場合のみ。
.log アプリケーションログ。通常、トラブルシューティングに使用されます。

プロジェクトファイルをPix4Dmapperからアップロードした場合、さまざまな形式やアウトプットを生成したり、処理オプションを選択したりすることができます。処理オプションのカスタマイズの詳細については、Pix4Dcloudでの処理に関するオプションをカスタマイズする方法を参照してください。ダウンロード可能なファイルの種類については、クラウドから結果をダウンロードする方法を参照してください。

後処理の結果とワークフロー

アノテーションファイル

データセットが「Pix4Dcloud」で処理されてWeb表示に使用できるようになったら、アノテーションを追加しておき、後でサードパーティのソフトウェアや他のPix4Dcloudデータセットにエクスポートできます。

アノテーションをエクスポートする方法と、アノテーションのエクスポートでサポートされる形式の詳細については、アノテーションのエクスポート/インポート方法を参照してください。

結果のダウンロード/エクスポート

Pix4Dcloudからのアウトプットは、個別にダウンロードすることも、結果フォルダとしてダウンロードすることもできます。アウトプットをエクスポートする方法の詳細については、ダウンロード/エクスポートを参照してください。

共有

Pix4Dcloudからのアウトプットは、共有してコラボレーションに使用できます。詳細については、共有を参照してください。

保存

Pix4Dcloudからのアウトプットは、Pix4Dcloudプロジェクトの保持ポリシーに従って、Pix4Dcloudアカウントに保存できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。