インプット

 戻る  |  次へ 

処理のためのインプット

Pix4Dcloudでの処理用インプットは次のとおり:

 
注:Pix4Dmapperデスクトップアプリケーションでプロジェクトを作成し、そこからアップロードして処理する場合は、カスタマイズした処理オプションを含む.p4dファイルをPix4Dcloudにアップロードすることもできます。詳細については、Pix4DmapperからPix4Dcloudにプロジェクトファイルをアップロードする方法を参照してください。

画像

  • 少なくとも6つの画像が必要です。
  • 以下の形式がサポートされています。
 
注意:画像に変更(回転や変更など)を加えないでください。画像に変更を加えると、撮影時の幾何学的特性が変化し、結果の品質が低下する可能性があります。
拡張子 説明
.jpg、.jpeg JPEG画像
.tif、.tiff 単色TIFF
マルチバンドTIFF(RGB /赤外線)。 サポートされているマルチスペクトルカメラ を確認。
1レイヤー(ピラミッドなし、マルチページなし)
8、10、12、14、16ビット整数、浮動小数点
 
注:オルソモザイクは、サンプルピクセル1個あたり10、12、14ビットで表現される.tiff画像からは生成できません。これはオルソモザイクにのみ適用され、反射率とインデックスマップには適用されません。
 
注:サーバーの技術的な制限のため、Pix4Dcloudの1つのプロジェクトで処理できるインプット画像の数は最大4,000枚となります。

グラウンドコントロールポイント(GCPs)ファイル

 
重要: このタイプのファイルは Pix4Dcloud Advanced で、GCPを自動的に検出し、画像にマーキングを行うのにのみアップロードできます。
拡張子 説明
.csv 1行あたり4〜7列と値を区切るのにコンマ(,)を含むテキストファイル。

GCP要件の詳細については、以下をご覧ください。 AutoGCPs検出機能

 
注: Pix4DcloudにGCPを組み込む唯一の方法は Pix4Dmapperからプロジェクトファイルをアップロードすることです。詳細なワークフローについては、 Pix4Dcloudでの処理にGCPを使用する方法 をご確認ください。

表示専用のインプット

データセットは、アップロードされた結果のみで構成することができます。この場合、画像は処理されませんが、アップロードされたファイルは、Webの視覚化と最適化のために処理されます。結果とアウトプットをアップロードする方法の詳細: 結果とアウトプットをPix4Dcloudにアップロードする方法

※Pix4Dはユーザーのプライバシーを重視し、データの所有権を一切主張しません。詳細については、利用規約をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。