PIX4Dfieldsの衛星データ

フォローする

この記事では、PIX4Dfields で衛星データを紹介し、その操作方法について説明します。

衛星データの概要

PIX4Dfields 2.0 を使用すると、欧州宇宙機関 (ESA) の Sentinel-2 ミッションからの衛星画像にアクセスできます。これにより、農業および関連産業における衛星とドローンの両方の技術を組み合わせてマッピングする絶好の機会が得られます。衛星画像は、農業従事者、研究者、および企業によって、ビジネスに関する情報を収集するために広く採用されてきました。

衛星の主な利点は、広域をカバーできること、過去のデータにアクセスできること、現場にいなくてもデータを収集できることです。

主な欠点は、雲による画像の障害、場所によっては再訪時間が短いこと、画像の地上サンプリング距離 (GSD) が高いことです。ただし、解像度は多くの農業の場合には十分です。

データの特徴:

  • すべてのバンドは 5x5mts の解像度にアップサンプリングされ、ラスター (.tiff) にスタックされます。
  • 過去のデータは 2017 年から世界中で利用できます。
  • 再訪時間は最大 5 日間です。詳細については、 を参照してください。カバレッジ。
  • Sen2Cor で L1C データから処理された、大気底 (BOA) 反射率データを提供するために、放射補正と大気補正が適用されます。
  • 個々のリクエストのフィールド境界の最大サイズは 3250mx3250m (~1000 ha) です。
Sentinel バンド名 バンドの説明 ソース解像度
B02 青、492.4 nm (S2A)、492.1 nm (S2B) 10m
B03 緑、559.8 nm (S2A)、559.0 nm (S2B) 10m
B04 赤、664.6 nm (S2A)、665.0 nm (S2B) 10m
B05 植生の赤い縁、704.1 nm (S2A)、 703.8 nm (S2B) 20m
B06 植生の赤い縁、740.5 nm (S2A)、 739.1 nm (S2B) 20m
B07 植生の赤い縁、782.8 nm (S2A)、 779.7 nm (S2B) 20m
B08 NIR、832.8 nm (S2A)、833.0 nm (S2B) 10m
B8A 狭 NIR、864.7 nm (S2A)、864.0 nm (S2B) 20m
B11 SWIR、1613.7 nm (S2A)、1610.4 nm (S2B) 20m
B12 SWIR、2202.4 nm (S2A)、2185.7 nm (S2B) 20m

Sentinel-2 画像を PIX4Dfields にインポートする方法

Sentinel-2 イメージは、新しいプロジェクトまたは既存のプロジェクトにインポートできます。
既存のプロジェクトに画像をインポートするには、 レイヤー メニューのimport.jpg インポート をクリックします。

import images to an existing project

レイヤー メニューの画像インポート アイコン。

新しいプロジェクトに画像をインポートするには、 add_box-outline-16.pngダッシュボードの新しいプロジェクト をクリックします。

ファイルのインポートメニューが表示された後。

  • 衛星データセクションで [ ダウンロード ] を選択します。

import files menu, PIX4Dfields allows importing sattelite and drone images.

ファイルのインポート メニュー。

  • まず、境界を選択する必要があります。 add_box-outline-16.png 新規作成またはimport.jpg シェイプをインポートをクリックします。シェイプの穴は破棄され、フィールド全体のデータが表示されます。その後、オルソモザイクはトリム済みになっていないといけません。
  • 境界が選択されると、前月の利用可能な画像がグラフィックに表示されます。

Satellite_Mode.png

衛星画像選択メニュー。

  • X 軸には、各画像の日付が含まれます。
  • Y 軸にはRectangle_446.png 雲量バーと平均Ellipse_5.png NDVI .
  • バーをクリックして地図上に画像を表示します
  • 側面の 14 日ボタンを使用すると、その期間の画像を検索できます。
  • カレンダー アイコンをクリックすると、別の月/年を選択できます。
  • 画像をダウンロードするには、各バーの上の四角をクリックして選択します。
  • その後、選択した日がメニューの右側の選択した日の下に表示されます。
  • レイヤーの作成をクリックして、PIX4Dfields のレイヤー メニューで使用できるようにします

インポート後に利用可能なレイヤーとバンド

ダウンロードした画像ごとに 2 つのレイヤーが作成されます。使用可能なすべてのバンドを含む RGB 複合オルソモザイクと、事前に計算された NDVI です。名前は、日付 + 境界名を追加して作成されます。

Bands.png

インデックスの生成に使用できるバンド。

利用可能なレイヤーで何ができますか?

PIX4Dfields で利用可能なすべての機能は、取得した両方のレイヤーで使用できます。 RGB 複合オルソモザイクはインデックスの作成利用可能なすべてのバンドが含まれているためです。 ゾーネーションと処方箋は NDVI オルソモザイクで作成できます。

サテライトのダウンロード制限に達しました

衛星データのフェアユース クォータが設定されており、それに達した場合に備えていますサポートに連絡 .

data quota limit reached

割り当て制限に達したというエラー メッセージ。

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。