タイムライン

Pix4Dcloud Advancedのタイムラインを使用すると、同じサイトのあるデータセットから別のデータセットに切り替え、サイトの進捗状況を簡単に分析することができます。タイムラインは各データセットが表す日付を表示します。

アクセス: ドライブ から、いずれかのサイトで 開く をクリックします。タイムラインはプロジェクトページの上部に表示されます。
重要: タイムラインはサイトにアサインされていないデータセットでは利用できません。 データセットをサイトにアサインする方法の詳細は こちら

Pix4Dcloud Advancedは、データセットがドライブにアップロードされた時刻に応じて自動的にデータセットに日付と時刻を割り当てます。タイムラインでは、同じサイトに属するデータセットが左から右に時系列で表示されます。画像取得日を編集するには:

  1. プロジェクトページで、 取得日を変更をクリックします。
  2. ポップアップで、新しい取得日と取得時刻を選択します。
  3. 保存をクリックします。

タイムラインをナビゲートするには:

  • マウスホイールを上下にスクロールします。
  • クリックしてドラッグします。

2D/3D ビューに表示されているプロジェクトのサムネイルは青くハイライトされています。

highlighted_dataset.jpg

別のデータセットのサムネイルをクリックして切り替えます。 タイムラインを使用して別のデータセットに切り替える際には:

  • 同じビューと表示視点が維持されます。
  • 2Dビューの場合、同じズームレベルが維持されます。

他Pix4DcloudAdvanced機能も活用してサイトの状況を分析とモニタリングが可能です。詳細は、 Pix4Dcloud Advancedの2D比較Pix4Dcloud Advancedのボリューム比較 を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。