PIX4Dmaticのサンプルデータセット

フォローする

 

実際のデータで始める

これらのプロジェクトを無料でダウンロードし、実際のデータセットでPIX4Dmaticの機能を体験してください。

重要: *これらのデータセットは、個人または専門的なトレーニングにのみ使用できます。 商用または販売促進用に使用する場合は、”Courtesy of Pix4D / pix4d.com”を表示させ、すべてのテキストをpix4d.comにリンクさせる必要があります。 使用方法の詳細については、 マーケティング チームにお問い合わせ

実際のデータを使って、Pix4Dソフトウェアで何ができるかを示し、データを収集する際に必要なことを理解することができます。

どこから始めればよいかわからない場合 各データセットの下にある説明に従って、最初のプロジェクトを作成してください。

   

LOGO_KB_Demo_Projects_Matic.png PIX4Dmatic サンプル プロジェクト

工業地帯と農業地帯 データセットダウンロード

このプロジェクトの目標は:

  • PIX4Dmaticに画像を取り込む。
  • 地上基準点(GCP)の取り込みとマーキング。
  • プロジェクトを処理し、高密度点群、DSM、およびオルソモザイクを生成。

Pix4Dmatic_demo_dataset.jpg

1469 枚の画像 (senseFly、AeriaX) と 8 つの GCP を含むこのデータセットには、工業地帯、郊外の家屋、および周辺の農業地域が含まれています。 高密度の点群、画像、GCP が 3D ビューに表示されます。

 
情報: 1469 枚の画像のサンプル プロジェクトは、 10615 枚の画像のより大きなデータセット > のサブセットです。 データセット全体の画像取得は、同時に飛行する 4 台の eBee X - senseFly ドローンを使用して行われました。 飛行計画ソフトウェアには、eMotionが使用されました。

データセット全体をダウンロードするには、 < a href="https://support.pix4d.com/hc/en-us/requests/new?" にお問い合わせください。 "target="_blank" rel="noopener" > Pix4D サポートチーム。

一般的なプロジェクト情報
プロジェクト
場所 スイス
平均地上解像度(GSD) 2.28 cm / 0.9 in
対象地区面積 1.154 km2 / 115.4 ha / 0.446 sq. mi. / 285.3 エーカー
出力座標系 WGS 84 / UTM ゾーン 32N - EPSG 32632、WGS 84 楕円体
画像取得
UAV eBee X (senseFly)
画像取得計画 4 フライト、シングル グリッド フライト プラン
カメラ senseFly AeriaX
画像
画像枚数 1469
画像サイズ 6000×4000ピクセル
画像のジオローケーション座標系 .p4m PIX4Dmatic プロジェクトファイルを開く
グラウンドコントロールポイント (GCP)
GCP の数 8
GCP 座標系 WGS84 - EPSG 4326、WGS 84 楕円体
プロジェクトファイルをダウンロード

データセットはここ (14.7 GB) からダウンロードできます。

ダウンロードした圧縮 .zip ファイルには、次のファイルとフォルダーが含まれています。

  • Images_subset_1469 : .JPG 形式の RGB 画像。
  • root.p4m : PIX4Dmatic プロジェクト ファイル。
  • 見つからない画像」ダイアログで、「検索」をクリックし画像フォルダの場所を指定して、「フォルダの選択」をクリックします。
手順
.p4m PIX4Dmatic プロジェクト ファイルを開く

ここでは、.p4mプロジェクトの開き方について説明します。

 
アクセス: PIX4Dmatic をダウンロードするには、 ここをクリックします。
  1. PIX4Dmatic > を開きます。
  2. メニュー バーのファイルをクリックします。
  3. 開く...」をクリックします。
  4. ポップアップの「プロジェクトを開く」で、Pix4Dmatic_example_100_images.p4mファイルの場所を指定し、「開く」をクリックします。
  5. (オプション)イメージパネルにイメージが表示されない場合
    • 画像パネルの画像を右クリックします。
    • 画像の検索...をクリックする。
    • 見つからない画像ダイアログで、 検索をクリックし、画像フォルダの場所を指定して、 フォルダを選択をクリックします。

プロジェクトが正常にインポートされると、3Dビューに画像とGCPが表示されます。

都市部 データセットダウンロード

このプロジェクトの目標は:

  • PIX4Dmaticに画像を取り込む。
  • 地上基準点(GCP)の取り込みとマーキング。
  • プロジェクトを処理し、高密度点群、DSM、およびオルソモザイクを生成。

Pix4Dmatic demo dataset 100 images

100枚の画像(senseFly, AeriaX)と3つのGCPを含むデータセットを、ある町の上空で飛行させました。 高密度の点群、画像、GCP が 3D ビューに表示されます。

 
情報:100 個の画像のサンプルプロジェクトは、10615 個の画像の大規模なデータセットのサブセットです。 データセット全体の画像取得は、同時に飛行する 4 台の eBee X - senseFly ドローンを使用して行われました。 飛行計画ソフトウェアには、eMotionが使用されました。 

データセット全体をダウンロードするには、 < a href="https://support.pix4d.com/hc/en-us/requests/new?" にお問い合わせください。 "target="_blank" rel="noopener" > Pix4D サポートチーム。

一般的なプロジェクト情報
プロジェクト
場所 スイス
平均地上解像度(GSD) 2.41 cm / 0.95 in
対象地区面積 0.0214 km2 / 2.14 ha / 0.008 sq. mi. / 5.3エーカー
出力座標系 WGS 84 / UTM ゾーン 32N - EPSG 32632、WGS 84 楕円体
画像取得
UAV eBee X (senseFly)
画像取得計画 1 フライト、シングル グリッド フライト プラン
カメラ senseFly AeriaX
画像
画像枚数 100
画像サイズ 6000×4000ピクセル
画像のジオローケーション座標系 WGS84 - EPSG 4326、WGS 84 楕円体
グラウンドコントロールポイント (GCP)
GCP の数 3
GCP 座標系 WGS84 - EPSG 4326, WGS 84 ellipsoid
プロジェクトファイルをダウンロード

データセットはここ (0.99 GB) からダウンロードできます。

ダウンロードした圧縮 .zip ファイルには、次のファイルとフォルダーが含まれています。

  • Images_subset_100:.JPG形式のRGB画像。
  • root.p4m : PIX4Dmatic プロジェクト ファイル。
  • Pix4Dmatic_example_100_GCPs_EPSG_4326_ellipsoid.txt : GCP 入力地理位置情報ファイル。
手順
.p4m PIX4Dmatic プロジェクト ファイルを開く

ここでは、.p4mプロジェクトの開き方について説明します。

 
アクセス: PIX4Dmatic をダウンロードするには、 ここをクリックします。
  1. PIX4Dmatic > を開きます。
  2. メニュー バーのファイルをクリックします。
  3. 開く...」をクリックします。
  4. ポップアップの「プロジェクトを開く」で、Pix4Dmatic_example_100_images.p4mファイルの場所を指定し、「開く」をクリックします。
  5. (オプション)イメージパネルにイメージが表示されない場合
    • 画像パネルの画像を右クリックします。
    • 画像の検索...をクリックする。
    • 見つからない画像」ダイアログで、「検索」をクリックし画像フォルダの場所を指定して、「フォルダの選択」をクリックします。 

プロジェクトが正常にインポートされると、3Dビューに画像とGCPが表示されます。

PIX4Dcatch プロジェクト データセットをダウンロード

このプロジェクトの目標は:

  • PIX4Dmaticにプロジェクトをインポートする。
  • 利用可能なLiDARの深度データを活用する。
  • プロジェクトを処理し、融合した密な点群、DSM、オルソモザイクを生成する。

PIX4Dmatic processed PIX4Dcatch dataset results

このデータセットには、300 個の画像ファイルと、雨水貯留設備をキャプチャした LiDAR 深度データ (Confidence.tiff および DepthMap.tiff ファイル) が含まれています。 深度/高密度/深度& 高密度の融合点群とカメラ位置が 3D ビューに表示されます。

一般的なプロジェクト情報
プロジェクト
場所 スイス
平均地上解像度(GSD) 0.3 cm / 0.13 in
対象地区面積 175 m2 / 0.0175 ha / 0.043 acres
出力座標系 WGS 84 / UTM ゾーン 32N - EPSG 32632、WGS 84 楕円体
画像取得
デバイス iPad Pro 11インチ
画像取得計画 地上、円形
カメラ iPad Pro と LiDAR
画像
画像枚数 300
画像サイズ 1920×1440ピクセル
画像のジオローケーション座標系 WGS84 - EPSG 4326、WGS 84 楕円体
プロジェクトファイルをダウンロード

データセットはこちら (367 MB) からダウンロードできます。

ダウンロードした圧縮 .zip ファイルには、次のファイルとフォルダーが含まれています。

  • PIX4Dmatic_example_300_images_LiDAR_inputs : .jpg 形式の RGB 画像。 .tiff 形式の Confidence および DepthMap ファイル。
  • root.p4m : PIX4Dmatic プロジェクト ファイル。
手順
.p4m Pix4Dmatic プロジェクト ファイルを開く

このセクションでは、.p4m プロジェクトを開く方法について説明します。

 
アクセス: PIX4Dmatic をダウンロードするには、 ここをクリックします。
  1. PIX4Dmatic > を開きます。
  2. メニュー バーのファイルをクリックします。
  3. 開く...」をクリックします。
  4. ポップアップの「プロジェクトを開く」で、Pix4Dmatic_example_100_images.p4mファイルの場所を指定し、「開く」をクリックします。

プロジェクトを処理するには、最初に画像を検索... する必要があります:

    • 右上の画像ビューアアイコンImage_viwer_icon_PIX4Dmatic_blueBG.jpgをクリックします。
    • 画像ビューアで空白の画像を右クリックします。
    • 画像の検索...をクリックする。
    • 画像の検索ダイアログで、 検索ボタンfind_button.jpgをクリックします。 find_button.jpgをクリックして PIX4Dmatic_example_300_images_LiDAR_inputs フォルダーの場所を指定し、 [ フォルダーの選択 ] をクリックします。
    • OKをクリックします。

詳しくはこちらPIX4Dmatic で PIX4Dcatch データセットを処理する方法する方法。

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。