データセットの処理と保管場所について

Pix4Dアカウントが作成されると、プロジェクトを処理および保存するサーバーのクラスターがアカウントに割り当てられます。

デフォルトの割り当ては次のとおりです。

  • ユーザーの国が韓国である場合は、韓国のクラスターが割り当てられます。
  • ユーザーの国が日本である場合は、日本のクラスターが割り当てられます。
  • それ以外の場合は、米国のクラスターが割り当てられます。

必要に応じて、処理用とデータストレージ用に異なるクラスターを定義できます。

特定のクラスターの場所を選択する理由

クラスターの特定の場所を選択する理由はいくつかあります。

  • 現地の法律の遵守
  • データアクセスが高速化します。クラスターの場所はソフトウェアのパフォーマンスには影響しませんが、クラスターがユーザーから地理的に離れていると、データの表示が遅くなることがあります(点群タイルの読み込みが若干改善されるなどの効果があります)。

クラスターの場所の設定を変更する方法

クラスター設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. Pix4Dcloudのページに移動します。
  2. Pix4Dアカウントの資格情報でログインします。
  3. 右上のユーザーアイコンを選択します。
  4. 「アカウント設定」をクリックし、このページに移動します。
  5. 設定セクションの「処理クラスター」にあるドロップダウンメニューから、希望するクラスターの場所を選択します。オプションは「日本クラスター」「韓国クラスター」「米国クラスター」「EU/DEクラスター」です。
  6. 新しいクラスターの場所は自動的に保存されます。

preference.png

 
注:新しいクラスターを選択しても、元のクラスターで作成したプロジェクトは移動されません。新しいプロジェクトだけが新しいクラスターに保存され、処理されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。