PIX4Dmaticテクニカルリリースノート

フォローする
バージョン 発売日 リリースタイプ
1.19.0 2021年9月21日 ステーブル

1.19.0

バグフィックスと改善

  • 座標参照系ダイアログの改善。
  • タイポイントの表示の改善。
  • ステータスセンターの改善
  • 3Dビューの改善
  • 処理の改善。
  • 処理オプションの改善。
  • エクスポートの改善。
  • ルートからプロジェクトを開くときのクラッシュを修正しました。
  • テクスチャサイズが大きい場合のバグを修正しました。
  • 書き出しの品質に関する問題を修正しました。

既知のバグ

  • macOSでは、品質レポート(.pdf)が利用できません。

バージョン 1.18

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.18.0 2021年8月25日 プレビュー

1.18.0

主な変更点

  • PIX4Dcatchプロジェクトに、LiDARとRGB画像を使った高密度点群と深度点群の融合機能を追加しました。
  • 高密度点群から空を自動的に除去するために、緻密化ステップに空フィルターオプションを追加しました。
  • 3Dテクスチャメッシュの生成とエクスポートを追加しました。
  • LiDARとRGB画像を使ったPIX4Dcatchプロジェクトで、DSMと3D Textured Meshの作成に使用する点群を選択するオプションが追加されました。
  • スイスのジオイドCHGeo2004をサポートしました。
  • ノルウェーのジオイドHREF2018bをサポートしました。

バグ修正と改善

  • キャリブレーションと再最適化のプログレスレポートを改善しました。
  • Windows インストーラーのサイズを縮小しました。
  • キャリブレーションされていないカメラでマーキングを行うと、Auto-Markが失敗するバグを修正しました。
  • 高密度点群と深度点群上の光線の表示を修正しました。
  • macOSでのDSMの表示を修正しました。

既知のバグ

  • macOSでは、品質レポート(.pdf)が利用できません。

バージョン 1.17

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.17.0 2021年8月2日 プレビュー

1.17.0

新機能

  • タイポイント(MTP、GCP、チェックポイント)の画像に、手動で2つのマークを追加すると、自動的にマークが付けられるように、画像ビューアに「自動マーク」ボタンを追加しました。
  • プロキシサーバーに対応しました。
  • プロキシと言語を設定するアプリケーション設定を追加しました。

バグ修正と改善

  • PIX4Dcatchプロジェクトの初期のカメラとポイントのサイズを改善しました。
  • ポイントを選択したときのカメラの表示を、一部のカメラから3Dビューの全カメラに拡張するようにしました。
  • HWアクセラレーションによる高密度化の際のエラー報告を改善しました。
  • 画像のジオロケーションとオリエンテーションデータの.csvファイルをインポートしたときに、ジオロケーション精度の値がない場合、「不明なエラー」でキャリブレーションが失敗する問題を修正しました。
  • DSM生成に関心領域アルゴリズムを追加して完全な内挿を可能にすることで、DSMとオルソモザイクに穴が開いてしまう問題を修正しました。
  • すべてのパネルを隠す」ショートカットにコンテンツパネルが含まれるように修正しました。

既知のバグ

  • macOSではDSMの表示が崩れますが、エクスポートの品質には影響しません。1.18.0で修正されました。
  • macOSでは、品質レポートの.pdfが利用できません。

バージョン 1.16

バージョン 発売日 リリースタイプ
1.16.0 2021年7月13日 プレビュー

1.16.0

主な変更点

  • RGB 画像と LiDAR のための PIX4Dcatch の互換性。
  • 斜め方向のプロジェクトに対する新しい処理オプション
  • ESRI座標系をサポートしました。
  • コンテンツパネルをインターフェイスの左側に移動し、アクセスしやすくなりました。

バグ修正と改善

  • 品質レポートのpdf化の改善
  • キャリブレーションが終了しているにもかかわらず、ステータスセンターでキャリブレーションシーケンスが実行中と表示される問題を修正しました。
  • 特定のPIX4Dcatchプロジェクトで、カメラの向きが間違っている問題を修正しました。
  • 有効なライセンスを持たずに保存した場合に表示されるポップアップで、ライセンスを購入するためのリンクを修正しました。
  • GCPをインポートせずにGCP座標系を設定すると、品質レポートのエクスポートエラーが発生する問題を修正しました。

既知のバグ

  • macOSでは、品質レポートの.pdfが利用できません。

バージョン1.15

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.15.0 2021年6月21日 ステーブル

1.15.0

主な変更点

  • Windowsで品質レポートをpdf形式で出力できるようになりました。
  • 日本語での表示が可能になりました。
  • Pix4Dの新しいブランド名

バグ修正と改善

  • 任意の座標系のサポートが改善されました。
  • HW アクセラレーションによる緻密化の改善と、この緻密化をデフォルトの緻密化オプションとして設定できるようになりました。
  • AutoGCPアルゴリズムの改良。
  • タイポイント・テーブルの選択の改善。
  • キャリブレート・ステップが再実行されたときの処理の改善。
  • 品質レポートのエクスポートで、すべての処理ステップの情報が含まれるようになりました。
  • ログファイルを改善しました。
    • 依存関係のバージョンの追加。
    • ログファイルへのカメラモデルの記述方法の改善。
  • コンピューターのロケールが.lasのエクスポートに影響を与える問題を修正しました。
  • インポート時にGCPファイルの座標参照系を誤って選択した場合に発生するクラッシュを修正しました。

既知のバグ

  • macOSでは、.pdf形式の品質レポートが利用できません。

バージョン1.14

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.14.0 2021年6月2日 プレビュー

1.14.0

主な変更点

  • DJI Zenmuse P1カメラをサポートしました。

バグ修正と改善

  • 任意の座標系のサポートを改善しました。
  • ステータスセンターで、ログからのメッセージをフィルタリングして、通知のみを表示するように改善しました。
  • プロジェクト名に非ユニコード文字を使用できるようにしました。

バージョン1.13

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.13.0 2021年5月10日 プレビュー

1.13.0

主な変更点

  • 任意の座標系をサポートしました。
  • 画像ビューアを、距離、再投影エラー、画像パスでソートできるようになりました。

バグ修正と改善

  • 出力ファイル名に、デフォルトでプロジェクト名が付加されるようになりました。
  • ステータスセンターの品質レポートのエクスポート時間の見積もりを修正しました。
  • 約20%で高密度化をキャンセルするとクラッシュする問題が修正されました。
  • タイポイントテーブルのエラーメトリクスによるタイポイントのデフォルトソートが修正されました。エラーの大きいものが上に表示されるようになりました。
  • 複合座標参照系から異なる楕円体を持つ別の座標参照系に変換するときの変換問題を修正しました。

既知の問題

  • プロジェクト名に非ユニコード文字を使用できません。1.14.0で修正されました。

バージョン 1.12

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.12.1 2021年4月22日 プレビュー

1.12.1

主な変更点

  • ハードウェアアクセラレーションによる高密度化のためのアルゴリズム。
  • 特定のタイプのターゲットを自動的に検出するAutoGCP機能。
  • 3Dビューの画像サムネイルのサイズを調整するスライダ。
  • 動いているオブジェクトを除去するオルソモザイク用の脱ホストオプション。
  • 処理オプションにエクスポートチェックボックスとして品質レポートを追加。

バグ修正と改善

  • 高密度点群に穴が作られる問題を修正しました。
  • 3Dビューの設定を変更すると選択がクリアされる問題を修正しました。
  • 処理をキャンセルするときの動作を改善しました。

既知の問題

  • プロジェクト名にユニコード以外の文字を使用できません。1.14.0で修正されました。

バージョン 1.11

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.11.0 2021年3月29日 ステーブル

1.11.0

主な変更点

  • 3Dの光線と画像ビューアのマークの色を統一しました。

バグ修正と改善

  • 3Dビューでのポイントやオブジェクトの選択が改善されました。
  • 3Dビューでの改善。
  • macOSの2Dビューのパフォーマンスを改善しました。
  • タイポイントテーブルの改善。
  • 画像のフルスクリーン表示の改善
  • 画像のジオロケーションとオリエンテーションの読み込みの改善。
  • GCPファイルの読み込みの改善。
  • GCP座標系の選択の改善。
  • ステータスセンターの改善
  • プロジェクトを開くときの動作を改善しました。
  • 最大化されたイメージビューアでのイメージフィルタを修正しました。
  • イメージビューアーで Alt+tab でマークができなくなってしまうバグを修正しました。
  • 画像を再配置すると、すべての処理工程が古くなってしまうというバグを修正しました。
  • ホバー時に表示される「右クリックで画像を検索」というメッセージが、メッセージエリアでの右クリックをブロックしてしまうというバグを修正しました。

バージョン1.10

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.10.0 2021年3月10日 プレビュー

1.10.0

新機能

  • PIX4Dmaticでの処理や作業中に発生する情報の詳細については、ステータスセンターを 参照してください。
  • イメージの地理的位置と方向のためのテキストファイルのインポート(.csv/.txt)。
  • rayCloudビューでのスカイシェーダーと背景色。

バグ修正と改善

  • イメージビューアの改善。
    • rayCloud ビューのイメージ ビューアで、最大 6 カラムを表示。
    • イメージコンテンツを見やすくするために、イメージビューアのデフォルトサイズを画面の1/4に増やしました。
  • タイポイントの表示を改善しました。
    • イメージビューアの上に新しいタイポイントマーキングツールバーが追加されました。
    • 画像をポイントまでの距離でソートするようになりました。
    • 新しいタイポイントを追加してマークする」をクリックした後に画像リストが再表示されない。
    • ポイントの作成に使用されたイメージは、リストの一番上に追加されます。
  • パネルのある右サイドバーが上部に移動し、画像ビューアがタブになりました。これにより、3Dと画像ビューアのスペースが広くなりました。

バージョン1.9

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.9.1 2021年2月16日 プレビュー
1.9.0 2021年2月15日 プレビュー

1.9.1

バグ修正と改善

  • フルスクリーンでの画像表示を改善しました。
  • イメージビューアーの改善。
  • タイポイントのタイプを変更しても考慮されないというバグを修正しました。
  • プロジェクトの保存時に、画像の精度がデフォルト値にリセットされてしまうバグを修正しました。

1.9.0

新機能

  • タイポイントの表示の改善
    • rayCloudビューで直接、新しいマーキングワークフローが可能になりました。
    • 画像をフルスクリーンで表示し、マーキングのためのコンテキストを提供することができます。
    • フルスクリーンでのナビゲーションのための新しいショートカット(スペースバー、ナビゲーション矢印)。
    • フルスクリーンでのマーキングにおいて、画像を9列で表示可能
    • タイポイントのすべてのマークを削除できるようになりました。
    • タイポイントテーブルの列をソートして、マーキング時やキャリブレーション後の品質評価を向上。例えば、タイポイントを位置や再投影エラーでソートすることができます。

バグ修正と改善

  • イメージビューアーのパフォーマンスが向上しました。
  • マーキング時の画像表示を改善しました。
  • タイポイントテーブルの編集方法の改善
  • 点群レンダリングの改善

既知の問題

  • タイポイントのタイプを変更しても考慮されません。1.9.1で修正しました。
  • プロジェクトを保存すると、イメージの精度がデフォルト値(それぞれ5mと10m)にリセットされる。回避策としては、PIX4Dmaticをアップデートし、プロジェクトを再開した後にイメージを削除して再インポートすることをお勧めします。1.9.1で修正されました。

バージョン 1.8

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.8.0 2021年1月25日 プレビュー

1.8.0

主な変更点

  • タイポイントの表示の改善
    • 画像ビューアとマーキングモードの間で、同じ画像とズームレベルを維持できるようになりました。
    • CTRLキーを省略可能にすることで、画像内でのパンを容易にしました。
    • 新しいショートカットの追加により、マーキングの操作性が向上しました。
    • 再投影が見つからない場合にすべてのカメラを表示することで、GCPおよびチェックポイントのマーキングを改善。
    • 最初のマークを追加した後に再投影を作成することで、マニュアルタイポイントのマーキングを容易にしました。
    • マーキングのパフォーマンス向上。マークの数が多い場合でも、瞬時にマーキングを行うことができます。
    • タイポイントテーブルの編集時にアンドゥを使用できるようになりました。
  • rayCloudでポイントサイズを適応します。
  • 座標系選択ポップアップは、編集したいときに座標選択を記憶します。
  • カメラモデルのサポート
    • Delair UX11。
    • Parrot Anafi USA。
    • DJI Zenmuse X5S。
    • DJI Zenmuse X7を使用しています。

バグ修正と改善

  • DSMとオルソモザイクの解像度に関する0.1フィートの制限を削除しました。新しい最小値は0.001フィートです。
  • プロジェクト名にユニコード文字を使用できるようになりました。
  • キャリブレーションされていないカメラの視認性を改善しました。

バージョン1.7

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.7.0 2020年12月7日 ステーブル

1.7.0

主な変更点

  • 復元の精度評価のためのチェックポイントを追加しました。

バグ修正と改善

  • 3Dビューでの自動タイポイントの選択が改善されました。
  • 画像、3Dおよび2Dビューでのズームを高速化しました。
  • 品質レポートでの数字のフォーマットが改善されました。

既知の問題

  • Windows で画像を完全にズームインした場合、タイポイントのマーク付けが遅くなる。1.8.0 で修正されました。
  • マーキングモードに入ると、イメージビューアの選択が失われる。1.8.0で修正されました。
  • 処理オプションパネルのDSMの解像度が0.1フィートに制限されている。1.8.0で修正されました。

バージョン 1.6

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.6.0 2020年11月17日 プレビュー

免責事項:プレビュー版には新機能やバグフィックスが含まれています。ドキュメントやサポートはありません。本番作業に使用する前に、プレビュー版をテストすることをお勧めします。

1.6.0

主な変更点

  • マニュアルタイポイント(MTP)を追加しました。
  • 画像上でクリックされたマークの位置に基づいてマークが伝搬するようになり、マーキングモードが改善されました。
  • 必要なEXIF/Xmpタグの有無に応じた汎用カメラモデルによるカメラサポートの拡張
  • プロジェクトのバックアップ機能
  • 新しいバージョンが利用可能になったときの情報メッセージ。
  • PIX4DcatchでiPadを使って取得した画像のサポート。

バグ修正と改善

  • プロジェクト名に非ASCII文字が含まれている場合、キャリブレーションに失敗するバグを修正しました。

バージョン1.5

バージョン 発売日 リリースタイプ
1.5.0 2020年10月27日 プレビュー

免責事項:プレビュー版には新機能やバグフィックスが含まれています。ドキュメントやサポートはありません。本番作業に使用する前に、プレビュー版をテストすることをお勧めします。

1.5.0

バグ修正と改善

  • 回廊型プロジェクトのDSMの速度を改善しました。
  • 大規模プロジェクトでの画像リストのパフォーマンスの改善。
  • PIX4Dmaticバージョン1.4.0で部分的なオルソモザイクが作成された場合の修正。
  • 処理パネルにDSMの解像度が正しく表示されるようになりました。

バージョン1.4

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.4.0 2020年10月5日 プレビュー

免責事項:プレビュー版には新機能やバグフィックスが含まれています。ドキュメントやサポートはありません。本番作業に使用する前に、プレビュー版をテストすることをお勧めします。

1.4.0

新機能

  • PIX4Dsurveyでプロジェクトを開くメニューアクションを追加しました。

バグ修正と改善

  • ログファイルに高密度点群、DSM、オルソモザイクのエクスポート期間を追加しました。
  • ログファイルに使用可能なディスクスペースを追加しました。
  • オルソモザイク処理がキャンセルされた後のプロジェクトタブのエラーアイコンを削除しました。
  • 処理ステップはデフォルトでは選択されていません。

既知の問題

  • 特定のケースでは、オルソモザイクに欠落部分があります。この問題が発生した場合は、以前のバージョンの使用をお勧めします。1.5.0で修正されました。

バージョン1.3

バージョン 発売日 リリースタイプ
1.3.0 2020年9月22日 プレビュー

免責事項:プレビュー版には新機能やバグフィックスが含まれています。ドキュメントやサポートはありません。本番作業に使用する前に、プレビュー版をテストすることをお勧めします。

1.3.0

新機能

  • RTK/PPKワークフローのサポート。
  • 画像の水平座標系(HorizCS)と鉛直座標系(VertCS)を自動的に識別するための新しいEXIFタグ認識をサポート。

バグ修正と改善

  • 画像のEXIFの値に基づいて、画像のジオロケーションの精度を調整します。
  • 品質レポートに、処理設定、点群のポイント数、結果の解像度、処理にかかった時間などの情報を追加しました。
  • GeoTIFFの位置情報が、左利きの座標系に対して正しく表示されるようになりました。
  • DSMおよびオルソモザイクのエクスポートファイルサイズの推定を改善しました。
  • ホーム画面での既存プロジェクトの表示を改善しました。
  • ログファイルにGPU、CPU、RAM、OSの情報を追加しました。

バージョン1.2

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.2.1 2020年8月31日 ステーブル

1.2.1

主な変更点

  • DSMの生成。
  • オルソモザイクの生成。
  • DSMおよびオルソモザイクのGeoTIFF形式でのエクスポート
  • DSMおよびオルソモザイクのエクスポート設定:圧縮(LZW)、タイル、画像スケール
  • DSM、オルソモザイクの2Dビューア
  • ソニー製カメラUMC-R10Cへの対応
  • 日本のジオイドGSIGEO2011 v2.1に対応しました。

バグ修正と改善

  • ホーム画面でのプロジェクトの順序を修正しました。
  • 非ASCII文字を含むプロジェクトの扱いを修正しました。
  • GCPパネルの表示を修正しました。
  • 左端の座標系を修正しました。
  • デフォルトの画像フォルダの場所を変更しました。
  • ログファイルを改良しました。
  • GCPインポート時の座標系情報を改善しました。
  • スタートボタンの視認性を改善しました。

既知の問題。

  • EXIF画像のジオロケーション精度が考慮されていません。処理時にデフォルトの画像ジオロケーション精度が設定されます。1.3.0で修正されました。

バージョン 1.1

バージョン 発売日 リリースタイプ
1.1.0 2020年7月20日 プレビュー

免責事項:プレビュー版には新機能やバグフィックスが含まれています。ドキュメントやサポートはありません。本番作業に使用する前に、プレビュー版をテストすることをお勧めします。

1.1.0

バグ修正と改善

  • グラウンドコントロールポイント(GCP)の扱いを固定化。
    • GCPテーブルのスクロールバーの配置を修正しました。
    • マーキングモードでの GCP マーキングを修正しました。
    • GCPファイルのインポート時のUI通知を修正しました。
  • 履歴パネルを修正しました。
  • 未完成のプロジェクトを開くとクラッシュする問題を修正しました。

既知の問題

  • 左利き用の座標参照システムと非等角複合座標参照システムは正しくサポートされていないため、使用しないでください。キャリブレーションや緻密化が成功して正しく表示されても、エクスポートされたデータには不正なオフセットが含まれているため、他のソフトウェアでは使用できません。これには、PIX4DsurveyでのPIX4Dmaticプロジェクトのインポートが含まれます。1.2.1で修正されました。

バージョン 1.0

バージョン リリース日 リリースタイプ
1.0.1 2020年6月29日 初期リリース

1.0.1

新機能

  • Windows 10およびmacOS Catalinaに対応
  • 直線的に拡張可能な処理によるフォトグラメトリプロジェクトのキャリブレーションと緻密化
  • コリドールや大規模プロジェクトに最適化されたキャリブレーション
  • キャリブレーションとデンシフィケーションの処理オプション
  • 簡単で使いやすいGCPワークフロー
  • 最新の座標系のサポート
  • 水平方向のグリッド補正と変換のサポート
  • GCPのGeoidモデルのサポート
  • 高品質で高密度な点群 (.bpc, .las) の生成とエクスポート
  • 品質レポートの生成とエクスポート
  • PIX4Dsurveyとのネイティブな互換性と統合されたワークフロー
  • 一般的に使用されているDJI、Parrot、senseFly、Wingtraのカメラをサポート。詳細はPIX4Dmaticサポートカメラの記事をご覧ください。
  • 大規模なデータセットをスムーズに表示するためのダイナミックビュー機能
  • 統合されたキーボードショートカットによる高速ナビゲーション
  • アクションの取り消し/やり直し
  • 操作履歴の表示
  • セルフヘルプとトラブルシューティングのためのログファイル作成

既知の問題

  • 左利き用の座標リファレンスシステムおよび非等角複合座標リファレンスシステムは正しくサポートされていないため、使用しないでください。キャリブレーションや高密度化が正しく行われているように見えても、エクスポートされたデータには不正なオフセットが含まれており、他のソフトウェアでは使用できません。これには、PIX4DsurveyでのPIX4Dmaticプロジェクトのインポートが含まれます。

この記事は役に立ちましたか?
11人中11人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。