高密度化

フォローする

Pix4Dmatic raycloud icon

キャリブレート

Pix4Dmatic point cloud icon

点群

PIX4Dmatic_mesh_icon.png

メッシュ

Pix4Dmatic dsm icon

DSM

Pix4Dmatic orthomosaic icon

オルソモザイク

PIX4Dmatic_point_cloud_icon_small.png高密度化 PIX4Dmatic_depth_point_cloud_small.png深度点群 PIX4Dmatic_fusion_depth_dense_small.png深度と高密度の融合

Densify

Densifyステップでは、画像から高密度の点群を生成します。

アクセス:
  • プロセス]をクリックしますprocessing_options.png
  • メニューバーで、[プロセス]→[高密度化...]をクリックします。

これにより、以下の処理オプションを変更することができます。

アルゴリズム

このオプションでは、高密度化のアルゴリズムを切り替えることができます。

  • HW accelerated(デフォルト)。このオプションは,処理時間の短縮に貢献します.このオプションは,処理時間の短縮に貢献します.
  • 標準。標準的なアルゴリズムで緻密化を計算します.
注:互換性のあるGPU(OpenGL 4.1以上をサポートするNVIDIA GPU)がインストールされている場合、HWアクセラレーション・アルゴリズムが自動的に選択されます。グラフィックスカードのサポートされているOpenGLバージョンの確認方法については、こちらをご覧ください。
注:HWアクセラレーション・アルゴリズムはWindows 10でテストされ、スタンダード・アルゴリズムと比較されました。テストの結果、標準アルゴリズムと比較して、HWアクセラレーション・アルゴリズムを使用した場合、高密度化の処理時間が平均して52%速くなることがわかりました。また、緻密化されたポイント数がわずかに増加したことも報告されています。

イメージスケール

Image Scaleは、追加の3Dポイントを計算する際の画像のスケールを定義します。

  • 1/1(元の画像サイズ、スロー)。オリジナルのイメージサイズを使って追加の3Dポイントを計算します。このオプションは、デフォルト値の1/2で処理する場合に比べて、4倍のRAMと処理時間を必要とし、通常は結果を大きく改善することはありません。
  • 1/2(半分の画像サイズ、デフォルト):半分のサイズの画像を使って追加の3Dポイントを計算します。これは推奨されるイメージスケールです。
  • 1/4(1/4イメージサイズ、高速)。1/4サイズの画像を使用して、追加の3Dポイントを計算します。1/2 のイメージスケールよりも計算されるポイントが少なく、処理時間が短縮されます。このオプションは、植生エリアを処理する際に、より多くのポイントを生成することができます。
  • 1/8(8分の1イメージサイズ、耐性あり)。8分の1サイズの画像を使用して、追加の3Dポイントを計算します。1/2や1/4のイメージスケールよりも計算されるポイントが少なく、処理時間がさらに短縮されます。このオプションは、植生エリアを処理する際に、より多くのポイントを生成することができます。

マルチスケール

Multiscale(デフォルト)。このオプションを有効にすると、追加の3Dポイントが、選択されたイメージスケールから始まり、1/8イメージスケールまで、複数のイメージスケールで計算されます。

例1/2イメージスケールが選択された場合、追加ポイントは1/2、1/4、1/8イメージスケールの画像上で計算されます。
ヒント:以下の場合は、マルチスケールオプションを有効にすることをお勧めします。
  • 植生のある部分では追加ポイントを計算し、植生のない部分では詳細を維持します。
  • 均一な壁など、質感の低い場所の穴を埋める
Multiscaleオプションは、追加のノイズを生成する可能性があるため、以下の場合はMultiscaleオプションを無効にすることをお勧めします。
  • 建物のエッジにはノイズが入っています。
  • セルタワーの構造など、細い要素を再構成する場合。

密度

このパラメータは、点群の密度を定義します。

  • Optimal(デフォルト)。元の画像の8番目のピクセルごとに3Dポイントが計算されます。これは推奨される点群密度です。
  • 。元の画像の2ピクセルごとに3Dポイントが計算されます。オーバーサンプリングされた点群となり、Optimaldensityに比べて最大4倍の処理時間とRAMが必要となります。一般的に、この点群オプションは、Optimaldensityと比較して、結果を大きく改善することはありません。
  • Low:元の画像の32番目のピクセルごとに3Dポイントが計算されます。最終的な点群の計算速度Optimaldensityに比べて最大4倍、RAMの使用量は最大4倍となります。
注:密度は、処理時間と生成される3D点の数に影響します。

最小限のマッチ数

Minimum Number of Matches(2〜6、デフォルトは3)は、この3Dポイントを画像に再投影する際の有効な最小数を表す。例えば、Minimum Number ofMatches3(デフォルト)を使用する場合、各3Dポイントは少なくとも3つの画像に正しく再投影されなければならない。

ヒント:「最小一致」の使用をお勧めします。
  • 2:オーバーラップが少ないプロジェクトの場合。このオプションでは、ノイズやアーティファクトの多い点群が生成されることに注意してください。
  • 4、5、6:ノイズを減らし、点群の品質を向上させます。ただし、このオプションでは、最終的な点群における3Dポイントの計算量が少なくなる可能性があります。

ノイズフィルター

ノイズフィルター処理オプションは、斜めからの画像を含むデータセットの点群をよりきれいにします。

例えば、画像上では見えていても、地平線上では遠く離れた場所にある特徴は再構成されません。

例セルタワーのプロジェクトでノイズフィルターを有効にすると、画像から遠く離れたポイントが再構成されません。

PIX4Dmatic_noise_filter_enabled

ノイズフィルター - 有効。

PIX4Dmatic_noise_filter_disabled

ノイズフィルター - 無効。

スカイフィルター

スカイフィルター処理オプションは、空に関連する高密度点群のポイントを削除します。

この機能は、画像に空が含まれているデータセットなどに特に有効です。

  • PIX4Dcatchで取得した地上データセット。
  • PIX4Dscanで取得した検査データ。

PIX4Dmatic sky filter

空のフィルター処理オプションを使用すると、空を表す点が自動的に削除されます。

重要: 空のフィルター処理オプションを使用すると、処理時間が大幅に増加します。画像に空が多く含まれるデータセットにのみ使用することをお勧めします。

エクスポート

緻密化ステップ中に点群を自動的にエクスポートするには

  • Exports]で[Dense point cloud .las]オプションを選択します。
  • (オプション) クリックPix4Dmatic_folder.pngして、必要なパスとファイル名を指定します。
注: Dense point cloud .lasオプションはデフォルトでは無効になっています。Densifyステップを再実行することなく、点群をエクスポートすることが可能です。
  • メニュー] タブで[ファイル] > [高密度点群 .las のエクスポート...] をクリックします。
  • 必要なパスとファイル名を指定します。
  • Save」をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。