PIX4Dmaticのキーボードショートカット

フォローする

PIX4Dmaticでは、特定の作業をより効率的に行うために、ショートカットの使用をサポートしています。ショートカットは、特にタイポイントをマークする際に便利です。

以下のショートカットが用意されています。

一般的なショートカット
編集
表示
ウィンドウ
マーキング

カテゴリー アクション Windows Mac メモ
 
一般的なショートカット 新規プロジェクト Ctrl + N ⌘ + N  
プロジェクトを開く Ctrl + O ⌘ + O  
プロジェクトの保存 Ctrl + S ⌘ + S  
閉じる Ctrl + W ⌘ + W 現在のプロジェクトを閉じます。保存されていない変更がある場合は、追加のポップアップが表示されます
すべてを閉じる Ctrl + Shift + W ⌘ + ⇧ + W 開いているプロジェクトをすべて閉じます。変更内容が保存されていない場合は、追加のポップアップが表示されます。
ソフトウェアの終了 Alt + F4 ⌘ + Q 保存されていない変更点がある場合、追加のポップアップが表示されます。
メニューバー






ファイルエディットプロセスビューウィンドウヘルプ

Alt +
FAlt +E
...
  トップメニューの項目に素早くアクセスできます。
サポートページ F1 F1 PIX4Dmaticのサポートドキュメントを開きます
 
編集 前の操作を元に戻す Ctrl + Z ⌘ + Z 最後のアクションを元に戻すには
前のアクションをやり直す Ctrl + Y ⌘ + ⇧ + Z 最後のUndo(s)を取り消すにはこの機能はUndoコマンドの後にのみ有効です。
オブジェクトの選択解除 Esc Esc シーンオブジェクトの選択を解除します。
 
ビュー すべてのパネルを隠す Ctrl + Shift + H ⌘ + ⇧ + H すべてのパネルを閉じて、3Dビューのみを表示する場合
カメラ Alt + C Option + C カメラのオン/オフを切り替える
2Dに切り替える 2 2 2D表示に切り替える(DSM、オルソモザイク
3D表示に切り替える 3 3 3D表示に切り替える
すべて表示 Ctrl + 1 または C ⌘ + 1またはC シーンが全体に拡大表示される
選択範囲へのフォーカス Ctrl + 2 または F ⌘ + 2 または F 選択したオブジェクトへのズームイン
トップビュー 7 7 上からの表示。シーンが全体に拡大表示される
 
ウィンドウ 最小化 Ctrl + M ⌘ + M PIX4Dmaticを最小化するには
前のタブの表示 Ctrl + Shift + Tab ⌃ + ⇧ + Tab プロジェクトバーで前のプロジェクトに移動するには
次のタブを表示する Ctrl + Tab ⌃ + Tab プロジェクトバーで次のプロジェクトに移動するには
 
マーキング イメージビューアーの最大化 Ctrl + F ⌘ + F イメージビューアーを最大化または最小化する。
全画面表示 スペースバー スペースバー フルスクリーンマーキングモードの開始および終了。ショートカットが機能するためには、画像が選択されているか、マウスオーバーされている必要があります。
次/前の画像 ←, → ←, → 画像リストの次の画像、前の画像に移動します。
画像一覧の並び替え Ctrl + R ⌘ + R 画像リストを再ソートするには既にマークされている画像はリストの最上部に表示されます。
最小限のズーム Ctrl + 1 ⌘ + 1 最小限のズームレベルにジャンプするには

すべての画像が完全にズームアウトされます

最大ズーム Ctrl + 2 ⌘ + 2 最大ズームレベルにジャンプするには

すべての画像がズームアップされます。マークがある場合、画像はマークの中心にズームインします

イメージのズームイン/アウト Alt + スクロールホイール Option + スクロールホイール すべての画像を一度にズームイン/アウトする場合

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。