Pix4Dcloudで標高プロファイルを生成する方法

要件

標高プロファイルは、次のいずれかの条件を満たしている場合にのみ使用できます。

  • プロジェクトがPix4Dcloudで処理されていて、ジオリファレンス処理済みである。
  • DSMが結果としてPix4Dcloudにアップロードされていて、ジオリファレンス処理済みである。

3Dビューで標高プロファイルを作成または表示するには、上記のいずれか1つの条件を満たしたうえで、点群または3Dテクスチャメッシュを作成するかアップロードする必要があります。

標高プロファイルの作成

  1. 既存のプロジェクトを開きます。
  2. 2Dまたは3Dビューを選択します。 正しい開始点と終了点が指定されるように、3Dビューを選択することをお勧めします。
  3. 距離の測定を追加します。ic_line_black.pngをクリックするか、「アノテーション」レイヤーにカーソルを置いてadd.pngをクリックしてアイテムを追加し、「距離や標高を測定」を選択します。
  4. (ポリ)ラインを描画します。ダブルクリックして終了します。
  5. 右側の詳細パネルで、 「標高プロファイルを作成」をクリックします。

標高プロファイルが読み込まれない場合は、トラブルシューティング記事Pix4Dcloudでアウトプットが表示されない/機能が見つからないを参照してください。

標高プロファイルでの測定

elevation_profile.png

下部のパネルで、曲線に沿ってマウスを動かすと、標高とその位置が断面上に表示されます。より正確に表示するにはズームインしてください。曲線のズームレベルは、標高プロファイルパネルの「ズームをリセット」をクリックしてリセットできます。

横軸は(ポリ)ラインの長さを表し、最初にクリックされたポイントが原点(値=0)になります。

縦軸は地図/モデルの標高に対応しています。座標系の詳細については、Pix4Dcloudのデータセット、アウトプット、アノテーションのジオリファレンスを参照してください。

標高は、(ポリ)ラインの各ピクセルのDSMから計算されます。デフォルトで、解像度はプロジェクトの地上解像度(GSD)と同じになります。

標高プロファイルのエクスポート

標高プロファイルパネルで、export.pngをクリックして「標高プロファイル」をCSVファイルとしてエクスポートし、そのすべての3Dポイントをデスクトップに保存します。

次の列がエクスポートされます。

  • X、Y:出力座標系の水平座標またはアップロードしたDSMで検出された水平座標。
  • Z:出力鉛直座標系の鉛直座標またはDSMで検出された鉛直座標。アカウントの設定に応じてメートル単位またはフィート単位で表示されます。
  • 距離:断面の原点からの、地表面上の距離。アカウントの設定に応じてメートル単位またはフィート単位で表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
17人中15人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。