データ入力と出力

 戻る  |  次へ 

入力データ

Pix4Dmapperへの主な入力形式はJPEGまたはTIFFファイルの画像です。 

 
警告: 画像に修正を加えないでください。例)画像を回転する・編集する等 イメージを変更すると、カメラの幾何学的特性が変化し、結果の品質が低下する可能性があります。
 拡張子 説明
.jpg, .jpeg JPEG images
.tif, .tiff Monochromatic TIFF
Multi-band TIFF (RGB / Infrared / thermal)
1 layer (no pyramid, no multi-page)
8, 10, 12, 14, 16 bit integer, floating point

 

出力データ

Pix4Dmapperはこれらのデータを作成し、出力することができます。

  • カメラパラメータ(内部パラメータ、外部パラメータ、Bingo、SSK):これらのファイルは、カメラおよび画像の内部(焦点距離,...)または外部パラメータ(位置および方向)を記述します。
  • 歪み補正画像
  • 高密度3D点群(.las、.laz、.xyz、.ply):モデルを再構成する3次元の点の集まりです。 X、Y、Z位置と色情報は、密集したポイントクラウドの各点に格納されます。
  • 数値表層モデル(グリッドDSM、ラスターDSM):(X、Y、Z)情報を含まみ、色情報を含まないで図化された領域の2.5Dモデルです。
  • 数値地形モデル(DTM:Raster DTM):建物のような(X、Y、Z)情報を含み、色情報を含まない、物体を除外して図化された領域の2.5Dモデルです。
  • オルソモザイク(GeoTIFF、KMLファイル、Google Maps HTMLファイル):複数の正射投影補正画像オルソフォトを混合した2次元モデル(地図)です。視覚的に快適なカラーバランスです。
  • インデックスマップ(GeoTIFF、カラーKMLファイル、グリッドシェイプファイル):各インデックスにはインデックスマップが関連付けられています。この地図上の各ピクセルについて、ピクセルの値は、関連する反射率マップから導出されます。
  • 3Dテクスチャメッシュ(.obj、.fbx、.dxf、.ply、.pdf、.osgb、.slpk):頂点、エッジ、面、および投影された画像のテクスチャで構成されるモデルの形状の表現です。モデルを表示して可視化し、共有し、Sketchfabなどのオンラインプラットフォームにアップロードすると便利です。
  • 等高線(shp、.pdf、.dxf):等高点を結ぶ線です。地図上の土地形状(地形)をよりよく理解できるので便利です。
  • ビデオアニメーション(.mp4、.mkv、.avi)
  • 3Dデジタル化オブジェクト:ポリライン、サーフェス、ボリュームベースサーフェス(.shp、.dxf、.kml、.dgn) 

 

この記事は役に立ちましたか?
10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。