AutoCADを使用してDXFファイルの地理参照、拡大縮小、回転を行う方法

フォローする

PIX4DcloudのプロジェクトにDXFファイルをインポートする際、2Dビューアでファイルが正しく表示されない問題が発生することがあります。 この記事では、DXF ファイルを「デザインオーバーレイ」としてインポートした後に発生する最も一般的な問題の解決策を紹介します。 デザインオーバーレイ.

DXFファイルが2Dビューアーに表示されない

DXFファイルは、PIX4Dcloudで作成したプロジェクトと同じ座標系である必要があります。 座標が異なる場合、想定した場所ではファイルは表示されませんが、プロジェクトエリアから離れた場所では表示されます。

これは、DXFファイルがプロジェクト座標系と異なるローカル座標系である場合に発生する可能性があります。 このため、DXFファイルをプロジェクトにインポートする前に、ジオリファレンス(地理参照)を設定する必要があります。

解決方法

  1. PIX4Dcloudでプロジェクトを開き、オルソモザイクでDXFファイルから見つけやすいポイント(Point 1)を特定します。
  2. Point 1 の (x,y) 座標をテキストファイルに保存します。
  3. AutoCADで図面を開きます。
  4. コンソールで、「Move」と入力します。
  5. DXFのすべてのオブジェクトを選択し、 Enterキーを押します。
  6. Base Point(PIX4Dcloudで確認したPoint1)を指定し、 Enterキーを押します。
  7. コンソールで、テキストファイルに保存されている Point 1 の座標(x,y)を書き込んで Enter を押します。
    これで、DXF ファイル内のすべてのオブジェクトがプロジェクト座標系で書き込まれました。
  8. メニューバーの保存アイコン(save_icon.png )をクリックして、変更内容を保存します。
    • ファイル名:任意の名前を入力します。
    • 種類のファイル。AutoCAD 2018 DXF(*.dxf)」を選択します。
  9. 新しいファイルをPIX4Dcloudにインポートしてください。

詳しくは、DXF形式のデザインファイルをPIX4Dcloudにインポートするをご覧ください。

2Dビューアでオルソモザイクに対してシフトしたDXF

DXFファイルをPIX4DcloudのDesing Overlayとしてインポートした場合、2Dビューアのオルソモザイクに対してずれて表示されることがあります。 最も一般的な原因は以下の通りです。

不正なバウンディングボックス

プロジェクトエリア外には、データのバウンディングボックスが非常に大きくなる要素があります。

解決方法

  1. PIX4Dcloudでプロジェクトを開き、オルソモザイクでDXFファイルから見つけやすいポイント(Point 1)を特定します。
  2. Point 1 の (x,y) 座標をテキストファイルに保存します。
  3. AutoCADで図面を開きます。
  4. PIX4Dcloud上で見る必要のある要素のみを選択し、クリップボードバーの[クリップをコピー ]をクリックしてコピーします。
  5. 新規にCADテンプレートを作成し、DXFの選択オブジェクトを貼り付けます。
  6. 新しいテンプレートでは、次の手順を実行します。
    • コンソールで、「Move」と入力します。
    • 図面内のすべてのオブジェクトを選択し、Enterキーを押します。
    • コンソールに、テキストファイルに保存されているPoint 1の座標(x,y)を書き込んで Enterキーを押します。
  7. メニューバーの保存アイコン(save_icon.png )をクリックして、変更内容を保存します。
    • ファイル名:任意の名前を入力します。
    • 種類のファイル。AutoCAD 2018 DXF(*.dxf)」を選択します。
  8. 新しいDXFファイルをPIX4Dcloudにインポートします。

2Dビューアーでサポートされていないオブジェクト

DXFファイルには、PIX4Dcloudビューアーが対応していないオブジェクトが含まれています。

解決方法

  1. AutoCADで図面を開きます。
  2. 図面内のすべてのオブジェクトを選択します。
  3. コンソールで、EXPLODEと入力します。
  4. DXF 形式で保存します。
  5. PIX4DcloudでDXFファイルをインポートします。

縮尺が正しくないDXF

地理参照した2点間の距離を比較する際に、距離が正しくない可能性があり、その場合は図面を再スケールする必要があります。

DXF ファイルを AutoCAD で開き、AutoCAD で図面を拡大縮小する方法の説明に従ってください:AutoCAD 図面のサイズ変更または再スケール方法

不正な回転を伴うDXF

基準として選択したいくつかの点の位置を比較する際に、図面が正しい位置で回転していない可能性があります。

DXFファイルをAutoCADで開き、AutoCADで図面を回転させる方法を説明します。ROTATE (コマンド).

 
情報です。例えば、DXFファイルの縮尺と回転が同時に間違っているなど、上記のエラーが複合的に発生している場合があります。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。