PIX4DcatchとviDoc RTKローバーでプロジェクトをキャプチャする

フォローする

デバイスがviDoc RTKローバーに接続されると、プロジェクトをキャプチャする準備が整います。
良いデータセットを取得することは、プロジェクトの成功のために重要です。

この記事では、プロジェクトをキャプチャする際のより良い実践に向けたガイドを提供します。

RTKダイアログ

viDoc RTK roverがPIX4Dcatchに正常に接続されたら、RTKが固定されるのを待ちます。 快適に利用するために、アンテナが邪魔にならないようにし、インターネット接続が良好であることを確認します。

 
例: RTK固定が確立された後、水平精度と垂直精度は数cmの範囲にあります。理想的な状態では、0.01m/0.03ftに近い値になっています。

PIX4Dcatch_RTK_connection_dialog.png

PIX4Dcatch RTKのダイアログ

精度の値は、複数の要因によって変化し、依存します:

  • GNSS信号が遮断、反射するところ, 建物や木、橋の近く。
  • Rapid movements of the device.
  • Poor cellular reception.

For more information: GNSS and viDoc RTK rover best practices.

Capture a project

For more information on Processing projects - PIX4Dcatch with viDoc RTK rover.
For more information on How to export PIX4Dcatch projects (iOS/Android) to process or save locally.

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。