viDoc RTK rover利用時のPIX4Dcatchのインターフェース

フォローする

PIX4Dcatchのユーザーインターフェース(UI)へようこそ。

この記事では、viDoc RTK roverを使用する際にPIX4Dcatch上で、各ボタンやフォルダーがどのように表示されるかを簡単に理解できるようにご説明します。

ホーム/キャプチャ画面は、アプリを開いたときの主要なインターフェイスです。信号品質タブとユーザーアカウントオプションボタンは、画面の上部にあります。

PIX4Dcatch_RTK_capture_screen_top.jpg

PIX4Dcatch_signal_tab.png     通信品質タブ

PIX4Dcatch_signal_tab.png     通信品質タブは、viDoc RTK roverを接続する前に表示されます。
ドロップダウンメニューarrow_down.jpg を選択し、viDoc RTK roverに接続します。
  • PIX4Dcatch_GPS_RTK_selection.png

RTKダイアログ

PIX4Dcatch_RTK_connection_dialog.png

RTKダイアログと最適な接続

viDoc RTK roverがPIX4Dcatchに正常に接続されると、RTKダイアログが表示されます。この画面には、接続の状態と結果の精度を確認するために使用できる情報が表示されます。

  • PIX4Dcatch RTK dialog header  PIX4Dcatch RTKダイアログのヘッダーには、RTK接続アイコン、RTKデバイスへのアクセス、およびBluetooth設定ダイアログがあります。
    • Pix4Dcatch ViDoc RTK fix green icon Pix4Dcatch ViDoc RTK fix green icon 緑色のRTKアイコンは、viDoc RTK roverへの接続に成功したことを示します。
    • tune icon チューニングアイコンRTKデバイス設定アイコンは、RTK接続の現在の設定を表示します。
    • arrow down expand menu iconBluetooth設定アイコンには、現在選択されているBluetoothデバイスが表示されます。
  • PIX4Dcatch_RTK_dialog_battery.jpg  viDoc RTK roverのバッテリー残量を表示します。使用前に充電しておくことをお勧めします。
  • PIX4Dcatch_RTK_connection_accuracy.png  RTKダイアログの水平・垂直精度レベル。viDoc RTK roverが達成するであろう精度を示します。
  • PIX4Dcatch_RTK_connection_status.png NTRIP RTKのステータス。RTK NTRIP接続のステータスを示します。
    • RTK Fixed: 数cmの精度
    • RTK Float: 1m(3ft)程度の精度。
    • DGNSSのみ: 最大10mまでの精度
    • スタンドアロンGNSS Fix: 10m以上の範囲での精度
    • Fixなし: データが有効でない、見えている衛星が少ない、インターネット接続に問題がある。
  • PIX4Dcatch_RTK_connection_HDOP.png HDOP(Horizontal Dilution of Precision)衛星の位置や分布の現在の品質を示します。一般的にHDOPの値は1以下が理想的とされています。

PIX4Dcatch_account_options.png     アカウント設定

PIX4Dcatch_account_dialog.jpg

PIX4Dcatchのアカウントダイアログです。

アカウント詳細

  • アカウントの作成: 新規ユーザーがアカウントを作成するためのアクセスフォームです。
  • ログイン: 既存のアカウント所有者がログインするためのアクセスフォームです。

詳細

  • オンボーディングを表示: 使い方を示す簡単なスライドをご覧いただけます。
  • ドキュメンテーション: PIX4Dcatchのドキュメントページを開き、学習教材にアクセスできます。
  • コミュニティ: PIX4Dcatch のコミュニティページが表示されます。
  • Pix4D利用規約とポリシー: Pix4D の規約とポリシーの一覧です。
  • サードパーティのライセンス: サードパーティーライセンスのリストです。
  • アプリ使用に関する免責事項: PIX4Dcatchのアプリ使用に関する免責事項へアクセスします。
  • PIX4Dcatchアプリのインストールされているバージョン。

PIX4Dcatch_RTK_capture_screen_bottom.jpg

PIX4Dcatchがキャプチャできる状態になりました。

キャプチャ機能、プロジェクトフォルダはウィンドウの下部にあります。キャプチャボタン DARK.jpgはキャプチャを開始し、ポーズボタンpause.jpg はキャプチャを一時停止します。キャプチャ中にprimary.jpg ボタンでプロジェクトの保存、cancel_circle.jpg ボタンでプロジェクトの中断ができます。

Live_preview.png     ライブプレビュー

Live_preview.png

LiDARやToFセンサーを搭載しているiOSやAndroidユーザーは、ライブプレビュー機能を使って、キャプチャされた画像を確認することができます。

  • Map_view.png  トップビュー:プロジェクトエリアの全景を表示します。
  • POV_view.png  一人称視点:カメラ視点でのフォーカスビュー。
  • Cancel_preview.png  キャンセル: ライブプレビューウィンドウを閉じます。
  • point_cloud.png  ポイントクラウド: 収集したポイントを表示します。
  • camera_position.png   カメラ:カメラの位置を表示します。

ライブプレビューを使用して、キャプチャされたものを確認するのに役立ちます。

file_blk.jpg     プロジェクト

PIX4Dcatch_projects.jpg

PIX4Dcatchのプロジェクトダイアログです。

  • キーワードによるプロジェクトの検索。
  • プロジェクトの種類で絞り込む
    • 撮影済み
    • 処理済み
    • 処理中
    • すべて
  • プロジェクト数
  • 削除するプロジェクトを複数選択できる選択ボタン。

各プロジェクトのサムネイルには、画像数、アップロード状況、プロジェクト名、撮影日などの情報が含まれています。プロジェクトを長押しすると、プロジェクトメニューが表示され、さらに操作を行うことができます。

PIX4Dcatch_Project_menu.jpg

プロジェクトのサムネイルメニュー

  • 名前を変更: プロジェクトの名前を変更できます。
  • アップロード: PIX4Dcloudにアップロードします。
  • 全てのデータをエクスポート: プロジェクト全体を保存もしくは、ローカルでの処理のためにエクスポートします。
  • 取得した点群のエクスポート (PLY): LiDARやTOFセンサーを搭載したデバイスから収集した点群をエクスポートします。(処理には使用されませんが、ライブプレビューで視覚化されます)
  • キャプチャしたメッシュをエクスポート(OBJ): 選択すると、収集したメッシュをエクスポートします。
  • ログのエクスポート: プロジェクト全体の内部的な側面を文書化した現在のログファイルをエクスポートします。ログは新しい情報で上書きされる可能性があるため、潜在的な問題が発生した後すぐにエクスポートすることが重要です。
  • 削除: プロジェクトを削除します。

GCP_management.png     GCP管理

PIX4Dcatch_GCP_management_dialog.jpg

PIX4DcatchのGCP管理ダイアログです。

GCP管理ダイアログウィンドウからは、以下のことが可能です。

  • GCPグループの数を見る
  • PIX4Dcatch_GCP_list_map_view_toggle.png リストビューとマップビューを切り替える
  • 既存のグループをリストアップ
    • coordinateSystem_icon.jpg 入力座標参照系
    • gcp.png グループ内の測定点の数。
  • New_GCP_collection.png 新しい GCP グループを開始する。

測定点リストのグループを選択する。

PIX4Dcatch_GCP_collection_dialog.jpg

PIX4Dcatchのシングルポイントグループのダイアログ。

  • export.jpg GCPコレクションをエクスポートする。全情報とPIX4Dmaticベースのファイル(PIX4Dmaticに直接インポートするため)、ログがエクスポートされます。
  • グループ名
  • グループ内の測定点数
  • PIX4Dcatch_GCP_list_map_view_toggle.png リストビューとマップビューの切り替え
  • 収集された点の数
    • PIX4Dcatch_measured_GCP.jpg

      PIX4Dcatchの1点計測ダイアログ。

    • 点の名前
    • RTK/GPS タグ
    • 水平精度、垂直精度
    • 測定された座標
    • calendar.png 測定された日付
    • timer.png 計測時間.
  • New_GCP_button.png 新しいGCPを測定する。
  • GCP収集のための座標参照系を出力する。

settings_button.jpg     設定

PIX4Dcatch_settings.jpg

PIX4Dcatchのメイン設定ダイアログ。

設定ダイアログを使用して、PIX4Dcatchアプリ内の機能を調整・カスタマイズします。

詳しくはこちら: Settings - PIX4Dcatch.

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。