PIX4DcatchをviDoc RTK roverに接続する

フォローする

viDoc RTK roverは、GNSS RTKレシーバーです。

これにより、PIX4Dcatchはモバイル端末で取得した画像を数センチメートル単位の精度で位置情報を付与することができます。正確な結果を得るためには、デバイスをviDoc RTKローバーに正しく接続することが重要です。

PIX4DcatchをviDoc RTK roverに接続する

PIX4DcatchはBluetooth経由でviDoc RTKローバーに接続します。
デバイスの設定でBluetooth機能がオンになっていることを確認してください。

  1. viDoc RTKローバーを1回長押しでONにします。ローバーの緑色のランプは、電源が入っていることを示します。
  2. PIX4Dcatchを起動しますPix4Dcatch_logo.jpg
  3. 画面左上の信号インジケータを選択し、Bluetooth経由のviDoc RTKを選択します。

    PIX4Dcatch_viDoc_RTK_bluetooth_dialog.jpg

    Bluetooth経由のviDoc RTKを選択
  4. RTKデバイス設定ダイアログで:

    PIX4Dcatch_RTK_device_settings_iOS_Android.jpg

    iPhone(iOs)とAndroidのRTK デバイス設定ダイアログ

    • Android端末を使用する場合は、カメラオフセット値を測定して入力します。

      詳しくはこちら: オフセットを測定する方法 - PIX4Dcatch (Android) でviDoc RTK roverを使用する場合.

    • RTK Bluetoothデバイスの設定からviDoc RTK roverを選択してください。
    • NTRIPの詳細を入力して検証をタップしてください。
      • ホスト名 / IP
      • ポート番号
      • ユーザー名
      • パスワード

      詳しくは NTRIPとは

    • 接続が確立されたら、[マウントポイントを選択]から、希望するマウントポイントを選択します。
       
      ヒント: マウントポイントを選択する際、サービスプロバイダによってはいくつかのオプションがある場合があります。マウントポイントの名称が設定方法を示していることがあり、 いくつかの一般的な用語を理解することが、 この選択に役立ち ますかもしれません。不明な場合は、NTRIPプロバイダーにお問い合わせください。最寄り vs. ネット vs. VRS
        • 最寄り: 最も近い基準局のシングルベースRTK補正。
        • ネット: 最も近い3つの基地局からの位置を平均化。
        • VRS: 最も近い3つの基地局からの位置を平均化し、敷地内のどこかに仮想基地を作成します。
      • MSM ( Multiple Signal Messages): 複数シグナルメッセージ - RTCM3.2補正フォーマットで送信される複数のメッセージ。
      • RTCM(Radio Technical Commission for Maritime Services): 正確な位置情報を送信するためのオープンソースの補正フォーマット。
        • RTCM 2.3: GPSのみ
        • RTCM 3.1: GPS + GLONASS
        • RTCM 3.2: GPS (L5を含む) + GLONASS + Galileo + BDS
      • CMR: Trimble独自の補正フォーマット。CMRとCMR+は一般に公開されている。
        • CMR: GPSのみ
        • CMR+: GPS + GLONASS
      • iMAX (Individualized Master Auxillary Correction): ライカのネットワークは、ネットワーク補正のソースとして実際の基準局を使用しているため、ローバーが受信する補正値に一貫性とトレーサビリティがあります。
    • 入力座標系を選択します。
    •  
      重要: NTRIPサービスが補正値を送信するために使用する座標参照系を、入力座標系として選択します。不明な場合は、NTRIPサービスプロバイダに連絡してこの情報を入手してください。

      各地域のNTRIP補正放送に使用されている入力座標系はいくつか確認されています。

      国・地域 NTRIP 入力座標基準系
      ヨーロッパ ETRS 89 (EPSG: 4258)
      米国 NAD83(2011) (EPSG: 6318)
      日本 JGD2011 (EPSG:6668)
      シンガポール SVY21 (EPSG:4757)
  5. 接続をタップする。

NTRIP サービスへの接続に成功すると、緑色の Pix4Dcatch_ViDoc_RTK_fix_green.jpg RTK アイコンPix4Dcatch_ViDoc_RTK_fix_green.jpgが表示されます。

 
重要: デバイスのクロックが同期されていることを確認してください。時計を同期させるには:

iPhone or iPad:

  • 設定アプリを開く
  • 一般をタップする。
  • 日付と時刻をタップする。
  • 自動設定がオンになっていることを確認する。

Android:

  • 設定アプリを開く
  • 一般管理をタップする。
  • 日付と時刻をタップする。
  • 日付と時刻の自動管理がオンになっていることを確認する。
 
ヒント: 現場での参照用にviDoc Quickstart Checklistをダウンロードします。チェックリストには、viDoc RTKに接続する手順が含まれており、新規ユーザー向けの一般的なガイダンスだけでなく、ログイン情報を記入する項目も用意されています。
デバイスをviDoc RTKローバーに適切に接続すれば、プロジェクトをキャプチャしてポイントを測定する準備が整います。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。