PIX4Dcatch RTKプロジェクトのアップロードとエクスポート

フォローする

PIX4Dcatch RTK プロジェクトの撮影の次は、再構築モデル生成のための処理を行います。PIX4Dcloud / PIX4Dcloud Advanced にPIX4Dcatch から直接アップロードしてすぐに処理を進めるか、または PIX4Dmatic や PIX4Dmapper にプロジェクトをエクスポートして詳細に設定したうえで処理を進めてください。

PIX4Dcloud・PIX4Dcloud Advancedにアップロードして処理

最も簡単な再構築モデルの生成は、PIX4Dcloud・PIX4Dcloud Advanced にアップロードして処理する方法です。

 
重要: クラウドにアップロードして処理する場合は、PIX4Dcloud または PIX4Dcloud Advancedライセンスを取得してください

撮影画面からアップロードボタンをクリック

PIX4Dcatch排水溝プロジェクト

アップロードを実行するPIX4Dcatch プロジェクト

撮影完了後、右上の アップロード アップロードボタン ボタンをクリックして 直接 PIX4Dcloud または PIX4Dcloud Advancedにアップロード

プロジェクト一覧画面からアップロード

プロジェクト一覧画面からプロジェクトを選択してアップロードすることも可能です。

1. フォルダーアイコンファイルボタンをタップして、プロジェクト画面に移動

2. アップロードするプロジェクトを選択

  • iOS の場合

    PIX4Dcatchプロジェクトメニュー画面

    PIX4Dcatchプロジェクト メニュー画面

    • プロジェクトをタップして長押しし、メニューを表示
    • アップロード PIX4Dcatchのアップロードクラウドアイコン をタップ
  • Android の場合

    PIX4Dcatch_Android_RTK_project_upload_method.jpg

    PIX4Dcatch Androidの場合は、2つのアップロード方法から選択

    • 方法1
      • プロジェクトをタップして長押しし、メニューを表示
      • アップロード アップロードボタンをタップ
    • 方法2
      • 展開アイコン アイコンをタップしてオプションを表示
      • アップロード PIX4Dcatchのアップロードクラウドアイコン をタップ

処理オプション

アップロードをタップし、アップロードプロジェクトウィンドウから処理オプションを選択します。

新規プロジェクトとしてアップロード、またはPIX4Dcloud Advanced のサイト機能を使用して、サイトプロジェクトを新規作成するか既存サイトにアサインしてアップロードが可能です。

PIX4DCloud Advanced サイトに関する詳細は こちら

 
注意: LiDAR 対応デバイスでプロジェクトを撮影してクラウドにアップロードする際、奥行データは自動的に処理されます。対応デバイスの一覧と、PIX4DcatchがLiDARデータを使用する方法の詳細は、PIX4Dcatch FAQ をご確認ください。

PIX4Dcatchプロジェクトのアップロードダイアログ

プロジェクトのアップロードダイアログ

  • 体積アイコン体積や標高断面を測定:DSMを生成
  • オルソモザイクアイコン2Dマップ:オルソモザイクを生成
  • 座標参照系アイコン出力座標系:viDoc RTK rover を装着して撮影したプロジェクトの出力座標参照系を選択。自動検出を選択した場合、撮影場所に応じてUTMゾーンを自動的に選択
    • 座標参照系アイコン 出力座標系をクリックします。

      PIX4Dcatch出力座標参照系のアップロードダイアログ

      プロジェクトをアップロード

    • 座標系を選択
      • 投影された座標系のアイコン 水平方向の座標参照系を選択
      • 垂直方向の高さアイコン 垂直方向の座標参照系を選択
      • 地球ジオイドアイコン 利用可能な場合、ジオイドを選択
    • 完了を選択
 
重要:ローカルジオイドが利用できない場合、 楕円体上のジオイド高さを入力することで、プロジェクトのジオイド高を取得できます

PIX4Dcatch_geoid_height_dialog.png

スキャンした領域の楕円体上の平均ジオイド高を入力

すべての画像をアップロードして処理が開始すると、メールが送信されます。処理が完了すると次のメールが送信されます。処理が完了したら、PIX4Dcloudで共有が可能です。

PIX4Dmapper・PIX4Dmatic にエクスポートしてローカルで処理

注意:LiDARデータを使ったプロジェクトは、PIX4Dmatic を使って処理をしてください
 
重要:プロジェクトをPIX4Dmapper または PIX4Dmaticで処理するには、各ソフトウェアのライセンス (トライアル、PIX4Ddiscovery、買い切り、月間、年間) を購入ください

1. プロジェクトをデバイスからコンピューターにエクスポートします。操作方法は こちら
2. PIX4Dmapper または PIX4Dmatic で新規プロジェクトを作成し、処理を実行します
詳しくはこちら

3. 処理ができたら、成果物を PIX4Dmapper または PIX4Dmaticで確認してください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。