NTRIP とは

フォローする

NTRIP (Networked Transport of RTCM via Internet Protocol) は、基地局から ローバーへインターネット経由で補正情報をストリーミングして、cm 単位の精度を実現するためのプロトコルです。

NTRIP の仕組み

NTRIP は、RTK (Real-Time Kinematic) 測位補正伝送プロトコルです。正確な RTK 測量を行うために、地理空間的に既知の場所にある基地局は、接続された ローバー にリアルタイムで補正値を送信します。基地局は衛星を常時観測し、位置補正の計算をして、1 秒に 1 回データストリームとしてローバーに送信します。ローバーは、衛星からの位置情報と基地の補正データを使って、より正確な座標を算出します

NTRIP の構造

NTRIP システムは、3 つの主要ソフトウェアコンポーネントで構成されています。

  • NTRIP キャスター: NTRIP サーバーと NTRIP クライアント間の通信回線として機能する HTTP インターネットサービスです。
  • NTRIP サーバーベース: NTRIP サーバーから NTRIP キャスターに GNSS データの補正を転送します。
  • NTRIP クライアントローバー: NTRIP キャスターから GNSS データにアクセスし、単一の基準局または RTK ネットワークを使用した RTK 測位を実行します。また、データを受信するためにキャスターにリクエストメッセージを送信します。

ntrip_architecture_diagram.png

NTRIP キャスターに送信されたデータは、インターネットポートを通じてクライアントローバーに再送信されます。このローバーは特定のポートで接続され、認証されたものです。

NTRIP サービス

NTRIP サービスは、RTK 補正を受信するために NTRIP ネットワークへのアクセスを提供します。これによりローバーとインターネットの接続で測量を開始できます。

NTRIP ネットワークにアクセスするには、地域の NTRIP プロバイダーに登録してアカウントを作成します。こうすることでネットワークへのアクセスに必要なポート、IP アドレス、ユーザー名、パスワードが提供されます。登録が完了すると、この認証情報を使ってローバーを NTRIP ネットワークに接続し、補正情報を受け取ることができるようになります。料金と提供エリアは、各サービスプロバイダーによって異なります。

重要:

RTK デバイス設定を入力する場合:

  • NTRIP プロバイダーのウェブサイトを確認して、どのマウントポイントが適切か確認してください。
  • 作業エリアに最も近い基準局を見つけてください。ほとんどの場合、最も近い基準局は自動的に検出されます。
  • NTRIP サービスプロバイダーに問い合わせると、NTRIP プロバイダーが補正情報を送信している座標系に関する情報を入手することができます。例えば、これは PIX4Dcatch と viDoc RTK roverを使用する際に、入力座標参照系として選択する必要がある座標系です。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。