複数の Pix4D プロジェクトを 1 つの PIX4Dsurvey プロジェクトに結合する方法

フォローする

PIX4Dsurveyは、PIX4Dmapper、PIX4Dmatic、PIX4Dcloudから抽出した写真測量プロジェクトの情報を、あらゆるソースからの点群と結合することができます。 このようにして、さまざまなソースからのデータがさらに完全な方法で結合され、さらに、複数の点群の可能性が、既に行われた処理を尊重することによって 1 つのプロジェクトに統合されます。

PIX4Dsurvey を使用すると、複数の写真測量プロジェクトを純粋に地理空間参照情報に基づいて組み合わせて配置できるため、プロジェクトのすべてのコンポーネント (点群、画像、およびそれらの関係) が保持されます。

さまざまなプロジェクトを PIX4Dsurvey にインポートする方法

PIX4Dsurvey では、PIX4Dmapper および PIX4Dmatic プロジェクト、.dxf ファイル、および外部点群をインポートできます。 PIX4Dsurveyにプロジェクトをインポートした後、この1つのプロジェクトに複数のフォトグラメトリープロジェクトを追加することができます。

複数の写真測量プロジェクトを組み合わせるには、「ファイル」→「インポート...」を選択するか、ドラッグ&ドロップで既存のPIX4Dsurveyプロジェクトにインポートし、.p4d / .p4mなどPIX4Dsurveyがサポートしている入力データを含めることができます。

PIX4Dsurvey_import.png

既にあるPIX4Dsurveyのプロジェクトにインポートすることができます。

*.p4d / .p4m プロジェクトまたは .las / .laz ファイルを空の PIX4Dsurvey プロジェクトに読み込むと、プロジェクト参照系がインポートされたプロジェクトの参照系に設定されます。

 
補足:PIX4Dsurveyでは、プロジェクト登録ツールを使って、異なるプロジェクトを並べることが可能です。
重要:

複数のプロジェクトを1つのPIX4Dsurveyプロジェクトにまとめようとする場合、次のことに注意してください。

  • 既存の PIX4Dsurvey プロジェクトとは異なる座標系を持つプロジェクトをインポートして、既存の PIX4Dsurvey プロジェクトの定義済みの座標系に変換できます。
  • プロジェクト座標系が完全に認識されていない場合は、入力座標系定義ダイアログ ( 入力座標参照系の定義ポップアップ ウィンドウ ) が表示され、インポートしたプロジェクトを選択できます。
  • 既存の PIX4Dsurvey プロジェクトとは異なる座標系を持つ .las / .laz ファイルをインポートする場合、入力座標系定義ダイアログ ( 入力座標参照系の定義ポップアップ ウィンドウ ) が表示され、インポートしたプロジェクトの座標系を選択できます。

    PIX4Dsurvey_definition_dialog.png

    2 番目にインポートされたプロジェクトの入力座標系を定義します。

注: 任意座標系のプロジェクトは、PIX4Dsurvey バージョン 1.25.0 の他のプロジェクトと組み合わせることはできません。
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。