PIX4Dcatch RTKプロジェクト撮影におけるオフセット値の計測と設定 *Android、一部の iPhone・iPad 端末向け

フォローする

PIX4Dcatch に viDoc RTK ローバーを携帯端末に装着して使用する場合、アンテナとカメラの間の距離 (オフセット値) を設定してください。オフセット値を適切な方法で測定し、viDoc RTK ローバーが取得した位置情報を正確に計算し適用することで、精度よくPIX4Dcatch RTKプロジェクトを取得できます

viDoc RTKローバーのモデルを確認

端末モデルによって入力するオフセット値が異なるため、viDoc RTKローバーのモデルを以下の方法で確認してください。高い精度でモデルを構築できるよう、正確なオフセット値を取得し、入力することが重要です。RTKローバー端末とスマートフォンモデルによっては、マニュアルでオフセット値の計測が必要となることに注意してください。

SPC+マウント対応モデル

新しいSP Connect アダプターの発売をうけ、最新のSPC+マウントに対応するviDoc RTKローバーがリリースされました。PIX4Dロゴのラベル (以下スクリーンショット参照) がviDoc RTK ローバーに貼ってある端末は、SPC+ マウント対応機種となります。ラベルの他、マウントのツメの形状も従来のものに比べ、丸みを帯びた形状であることにも注意してください。以下に当てはまる場合は、マニュアルでオフセットの計測を行ってください。

  • PIX4Dcatch が端末を認識できない場合
  • SPC+ ユニバーサルケースを使用する場合
  • カスタムケースを使用する場合


オフセット値の入力が必要の無い端末に関しては、以下のリストを参照してください。

P01 ラベル

P01_upgrade_by_pix4d.png

SPC+対応 viDoc RTK ローバー側 マウント詳細

SPC+ ケース側 マウント詳細

スマートフォン機種 SPC+ケース使用時 オフセット値 (単位: m)

iPhone 15 Pro Max
iPhone 15 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone XR
iPad Pro 11-inch (第2世代以降)
iPad Pro, 12-inch (第4世代以降)

0.022, 0.056, 0.017
0.028, 0.053, 0.017
0.021, 0.057, 0.017
0.028, 0.053, 0.017
0.019, 0.058, 0.017
0.026, 0.054, 0.017
0.019, 0.058, 0.018
0.007, 0.056, 0.019
0.016, 0.059, 0.020
-0.008, 0.056, 0.020
0.005, 0.058, 0.019
-0.069, -0.016, 0.032*
-0.084, -0.006, 0.032*

* SPC+ 対応Pix4D カスタムケースを使用する場合

SPCマウント対応モデル

SPC+と異なり、マウント部分のツメの形状が直線であることを確認してください。また、従来の白黒ラベル (PIX4Dロゴ無し) がviDoc端末に貼られている場合は、SPC対応モデルとなります。以下の場合は、マニュアルオフセットの入力が必要となります。

  • PIX4Dcatch が端末を認識しない場合
  • SPC ユニバーサルケースを使用する場合
  • カスタムケースを使用する場合


オフセット値の入力が必要の無い端末に関しては、以下のリストを参照してください。

viDoc RTK ローバー側 マウント詳細
SPC ケース側 マウント詳細

タブレット端末に関して

以下スクリーンショットにあるような、iPad取り付け型のviDoc RTK ローバーは現在販売を終了しています。使用する場合は、マニュアルでオフセット値を入力する必要はありません。

viDoc_old.png

 

オフセット値の入力が必要ないiOS端末

以下リストにある端末は、オフセット値をマニュアルで入力する必要がありません。弊社のテストが完了し、PIX4Dcatchが自動的にオフセット値を適用したうえで撮影が可能な機種になります。

スマートフォン タブレット
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone XR

iPad Pro 11 *第2世代以降

詳しくはこちらも参照ください 

重要: リストに無いApple最新機種、Android機種、リストにあるApple機種であってもSP-connect ケース以外を使用してviDoc RTK ローバーを装着する場合は、以下の方法でオフセット値を測定し、マニュアルで値を入力してください。

viDoc RTKローバーを端末に装着する

PIX4Dcatch_RTK__measure_z_offset_IPHONE_.jpgPIX4Dcatch_RTK__measure_z_offset_IPAD_.jpg
viDoc RTK roverが装着された端末の各軸の方向


端末機種のサイズにあったケースを使用して viDoc RTK ローバーを装着します。スマートフォン用ケースは、SP-connect ウェブサイトからも購入が可能です。または、自転車やバイク用アクセサリを扱う店舗をご確認ください。カスタムモデルの購入が難しい場合は、SP-connect 汎用ユニバーサルマウントを使用した viDoc の装着も可能です。


端末を上の図のように横向きにして置き、x 軸・y 軸・z 軸の向きと、測定するアンテナの原点に対する相対的位置を記録します。アンテナ基部に取り付けられたネジの中央がアンテナ原点です。複数のカメラレンズを持つデバイスでは、レンズを1つ選択し計測を始めてください。

詳しくは、こちらの記事も参照ください: viDoc RTK ローバー をデバイスに装着する

 
Tip 1: PIX4Dcatch を起動して各カメラレンズの前をふさいだ時に、視野がブロックされたレンズが測定するレンズです。
Tip 2: iPadを使用する場合は、端末を横向きにしてアンテナが上を向くように装着します。x軸・y軸のオフセット値はマイナスの値になります
 
重要: 汎用マウントを使用する場合、viDoc を取り付けた時にレンズとデバイスがアンテナより下になるように装着してください。

 PIX4Dcatch_Android_RTK_x_Not_Above_origin.jpg      PIX4Dcatch_Android_RTK_check_Not_Above_origin.jpg

 

x 軸を計測する

アンテナ基部から軸に沿って、レンズの中心までを計測したときの値が、x軸のオフセットです。

PIX4Dcatch Android RTK x 軸オフセット測定図

図: x 軸を測定する方法

y 軸を計測する

y 軸オフセットでは、アンテナ中心から軸に沿ってレンズの中心までの距離を計測します。

PIX4Dcatch Android RTK y 軸オフセット測定図

図: y 軸を測定する方法

z 軸を計測する

z 軸オフセットでは、アンテナの中心から携帯端末の画面までの奥行を計測します。

PIX4Dcatch Android RTK z 軸オフセット測定図

図: z 軸を測定する方法

 
重要: ほぼすべてのケースやアダプターは装着した時、スクリーン上部にオフセットを追加します。が、z 軸のオフセットは、ケースやアダプター表面までの距離を計測した値ではなく、レンズとアンテナ間の距離を計測するよう気をつけてください。

各軸の値を入力する

各軸のカメラオフセットを計測したら、RTK Device Settings (RTK デバイス設定) ダイアログの Camera Offset Values (Centimeters/Inches) (カメラオフセット値 (cm/inch)) フィールドに入力します。
入力単位は、デバイス設定の地域に応じてセンチメートルまたはインチが適用されます。

 

PIX4Dcatch_iOS_RTK_device_settings.jpg PIX4Dcatch Android RTK device settings dialog

PIX4Dcatch_iOS_RTK_offset_settings.jpg

iOS, Android 用 RTK デバイス設定画面

 
重要: オフセット値の入力に正しい単位が使用されていることを確認してください。Androidを使用する場合は、RTK 設定画面ではなく端末の言語設定画面から変更・設定を確認します。iOS端末の場合は、設定 > 言語と地域 > 単位系 の設定を確認してください。


 Camera Offset Values (Centimeters/Inches) (カメラオフセット値 (cm/inch)) フィールドにオフセット値の入力と設定が完了したら、続けて RTK Device Settings (RTK デバイス設定) ダイアログで接続に必要な設定を完了してください

接続の方法はこちらの記事を参照してください :  viDoc RTK rover で Pix4Dcatch を使用する方法

この記事は役に立ちましたか?
10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。