PIX4Dmatic で PIX4Dcatch データセットを処理する方法

フォローする

 

PIX4Dcatchは、モバイル端末を最大限に活用し、以下のものを駆使しながら地形データを取得する強力なツールです。

  • 画像取得
  • LiDAR取得
  • viDoc RTK roverによる RTK精度の ジオロケーション

PIX4Dmatic は、これらのデータセットの処理に適しており、それぞれのユニークな性質を組み合わせて活用するための多くの機能が組み込まれています。

 
注: 現在、viDoc RTK roverと LiDAR のサポートは iOS でのみ利用できます。 詳しくはこちらPIX4DcatchのFAQ - 推奨デバイスは?

PIX4DcatchのデータセットをPIX4Dmaticにインポートする方法

モバイル デバイスで PIX4Dcatch プロジェクトが完成したら、PIX4Dmatic を使用してエクスポートおよび処理する準備が整います。

  1. PIX4Dcatch アプリからPix4Dcatch logo PIX4Dmatic で処理するプロジェクトを開きます.
  2. すべてのデータをエクスポートをタップしてモバイルデバイスからプロジェクトをエクスポートexport.jpgし、ローカルフォルダに保存します。

    PIX4Dcatch project dialog

    メニュー アイコンmenu iconをタップして、エクスポート ダイアログにアクセスします。

    詳しくはこちらPIX4Dcatchのデータをエクスポートする(iOS/Android)。

  3. PIX4Dmatic PIX4Dmatic logo lightを開きます。
  4. 新規にプロジェクトを作成する場合は、プロジェクトデータをインポートしてください。 _inputsフォルダには、キャプチャしたすべてのデータが格納され、プロジェクト名_inputs という名前が付けられています。 画像キャプチャに使用するデバイスによって、このフォルダに表示されるファイルが異なります。

    LiDAR 対応デバイスでキャプチャされたプロジェクト。

    Confidence DepthMap jpg tags

    LiDAR対応デバイスで撮影したプロジェクトをインポートする場合、Confidence.tiffs、DepthMap.tiffs、Image.jpgをすべてインポートします。 Confidence.tiffとDepthMap.tiffはLiDARの深度データ、Image.jpgは画像の内容を表すファイルです。

    LiDAR データのないプロジェクト

    jpg tag

    LiDAR 対応デバイスなしでキャプチャされたプロジェクトをインポートする場合、 _inputs フォルダには、画像コンテンツを反映する Image.jpg が含まれます。

    PIX4Dmatic drag drop start new project

    新しいプロジェクトは、必要なファイルまたは _inputs フォルダーを PIX4Dmatic ホームページに直接ドラッグ アンド ドロップすることで簡単に作成できます。 PIX4Dmatic は必要なファイルをすべてインポートします。

PIX4DmaticでPIX4Dcatchのデータセットを処理する方法

新しいプロジェクトを開いてすべてのデータをインポートすると、PIX4Dmatic は処理の準備が整います。 ほとんどの場合、デフォルトの処理オプションを使用して PIX4Dcatch プロジェクトを処理できます。 選択できる PIX4Dcatch 固有の設定がいくつかあり、各セクションで強調表示されています。 

キャリブレート

キャリブレートは、処理の最初のステップです。 最初に、 信頼性の高い位置情報とオリエンテーションパイプラインを使用して PIX4Dcatch テンプレートを選択することをお勧めします。

PIX4Dcatch processing template calibrate

PIX4Dmaticのキャリブレートオプションダイアログ。

LiDARの深度データで取り込まれたプロジェクトでは、深度マップを使用することができ、デフォルトで有効になっています。 これは、必要に応じてオフに切り替えることができます。 有効にすると、PIX4Dcatch で生成された深度マップがより適切なキャリブレーションに使用されます。

 
注: LiDAR データを補完した PIX4Dcatch データを使用すると、GNSS と IMU ドリフトを排除するのに役立ちます。 詳しくはこちら:記事:PIX4Dmatic: LiDARとフォトグラメトリーの統合ワークフロー(英語)

深度点群

PIX4Dmatic Depth point cloud checkbox

PIX4Dmatic深度点群チェックボックス

深度点群 LiDAR 深度マップから生成されます。 このオプションは、LiDAR 対応デバイスでキャプチャされた PIX4Dcatch プロジェクトでのみ使用できます。

 
ヒント: 通常、深度点群の生成は、 高密度化ステップを実行して高密度の点群を生成するよりも高速です。 深度点群ステップを実行すると、プロジェクトの品質と完成度をすばやく把握できます。 また、高密度の点群と組み合わせて、より完全な融合点群を取得することもできます。 詳細については、 深度と高密度の融合を参照してください。

高密度化

PIX4Dmatic densify dialog

PIX4Dmatic 高密度化オプション ダイアログ

高密度化 ステップでは、画像から高密度の点群を生成します。 デフォルトの設定に加えて、PIX4Dcatchのプロジェクトに直接役立つオプション選択が2つあります。 それは、ノイズフィルターとスカイフィルターです。

  • ノイズフィルター

深度と高密度点群の融合

深度と高密度の融合 オプションは、画像から生成された点群を LiDAR 深度マップから生成された点群と結合します。

PIX4Dmatic Depth and dense fusion

PIX4Dmatic 深度&高密度の融合オプション ダイアログ

従来のフォトグラメトリー技術では復元が難しかった複雑な形状や均質なテクスチャーも、融合された点群を使うことで密度が高く、より完全なものになることが多いです。

メッシュ

3D メッシュを生成する場合に選択します。 入力およびテンプレート欄には、PIX4Dcatch 固有の選択項目があります。 

PIX4Dmatic mesh options dialog

PIX4Dmatic メッシュオプション ダイアログ

  • インプット

    LiDAR 深度マップを含む PIX4Dcatch データを処理する場合、次の点群のいずれかを使用してメッシュを生成できます。

    • 高密度点群
    • 深度点群
    • 深度・高密度融合の点群
  • テンプレート

    地上プロジェクト用に最適化されているPIX4Dcatch テンプレートを選択します。

メッシュの設定はすべて、処理オプション - メッシュにまとめられています。 被写体に応じて、最も正確な復元が可能なオプションを選択します。

 
重要: 現時点では、 メッシュを PIX4Dmatic で直接ビジュアル化することはできませんが、PIX4Dcloud にアップロードして視覚化することができます。 詳しくはこちらPIX4Dcloudに結果をアップロードする方法、または置き換える方法。 他のサードパーティ ソフトウェアを使用してメッシュを表示することもできます。 例えば、Windows 3Dビューア、Meshlab、Global Mapper、Rhino、3ds Max、3DBuilder、またはAutodesk Mayaなどです。

数値表層モデル(DSM)

数値表層モデル(DSM)を生成する場合に選択します。 入力フィールドには、PIX4Dcatch 固有の選択項目があります。

PIX4Dmatic_DSM_dialog.jpg

PIX4Dmatic DSM オプション ダイアログ

  • インプット

    LiDAR 深度マップを含む PIX4Dcatch データを処理する場合、DSM は次のポイント クラウドのいずれかで生成できます。

    • 高密度点群
    • 深度点群
    • 深度・高密度融合の点群

DSMの設定はすべて、DSM - PIX4Dmaticにまとめられています。 被写体に応じて、最も正確な復元が可能なオプションを選択します。

オルソモザイク

オルソモザイクを生成する場合に選択します。 斜めトグルと虚像排除トグルは、PIX4Dcatchプロジェクトの品質を向上させることができます。

PIX4Dmatic_orthomosaic_dialog.jpg

PIX4Dmatic オルソモザイクオプション ダイアログ

オルソモザイクの設定方法は、オルソモザイク - PIX4Dmaticにまとめられています。 被写体に応じて、最も正確な復元が可能なオプションを選択します。

エクスポート

各処理オプションや品質レポートについて必要なエクスポートを選択します。

PIX4Dmatic_exports_dialog.jpg

PIX4Dmatic エクスポートオプション ダイアログ

LiDARの深度マップを含むPIX4Dcatchデータを処理する場合、処理オプションを選択すると、各点群.lasオプションがエクスポートできるようになります。 DSM とオルソモザイクをエクスポートする場合、考慮すべきオプションがさらにあります。 これらのエクスポート設定の概要については、それぞれの記事で紹介しています。(DSMオルソモザイク

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。