PIX4Dmatic と PIX4Dmapper の比較

フォローする

     

PIX4Dmatic は、PIX4Dmapper と同様に、航空および地上プロジェクトの正確な写真測量処理を目的としています。 この記事では、2 つの製品の類似点と相違点について詳しく説明します。

PIX4DmaticとPIX4Dmapperの一般的な相違点

PIX4Dmaticは、12MP、21MP、42MPといった標準的なRGBカメラの解像度で5000枚以上の画像を持つコリドーやデータセットに最適で、画像サイズに制限がありません。 さらに、PIX4Dmatic は、LiDAR と RGB 画像処理、および両方のポイント クラウドの融合により、地上の PIX4Dcatch ワークフローを完全にサポートします。

キャリブレーション処理オプションの類似点と相違点

PIX4Dmapper のキャリブレーション方法  PIX4Dmatic キャリブレーション パイプライン 相違点
標準 標準
  • これは、PIX4Dmapper のデフォルトのキャリブレーション方法です。
  スケーラブルな標準
  • これは、PIX4Dmatic のデフォルトのキャリブレーション パイプラインです。
  • PIX4Dmapperではご利用になれません。 
正確な位置情報と向き 信頼できる場所と方向性  
代替 ローテクスチャー・プレーナー

 

 
情報: 次のリンクでは、キャリブレーション テンプレートと、PIX4Dmatic のキャリブレーション パイプラインとの関係に関する詳細情報を見つけることができます: キャリブレート - PIX4Dmatic

テスト ベンチマーク PIX4Dmatic と PIX4Dmapper の比較

次のセクションでは、PIX4Dmatic Large scale and corridor calibrationテンプレートと PIX4Dmapper 3D マップテンプレートを比較します。

キャリブレーションと高密度化の手順:

PIX4Dmapper と比較して、PIX4Dmatic では、較正ステップと高密度化ステップが高速です。

GRAPH_GEO_Pix4Dmatic_1.15.0_Calibration-densification.jpg

数値表層モデル(DSM) とオルソモザイクの手順:

PIX4Dmatic は PIX4Dmapper よりも 82% 高速に DSM を生成し、オルソモザイク生成は大規模なプロジェクトでも成功しました。 

GRAPH_GEO_Pix4Dmatic_1.15.0_DSM-ortho.jpg

総処理時間

PIX4Dmatic は、5294 枚の画像を含むデータセットを PIX4Dmapper よりも約 70% 高速に処理しました。

GRAPH_GEO_Pix4Dmatic_1.15.0_Total-processing-time.jpg

 
注: すべてのプロジェクトは、同じコンピューター (Windows 10、8 コア Intel(R) Core(TM) i7-7700K CPU @ 4.20GHz、64 GB RAM、SSD) を使用して処理されました。 詳細については、 PIX4Dmatic 推奨ハードウェア記事を参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。