メッシュ

フォローする

Pix4Dmatic raycloud icon

キャリブレート

Pix4Dmatic point cloud icon

点群

PIX4Dmatic_mesh_icon.png

メッシュ

Pix4Dmatic dsm icon

DSM

Pix4Dmatic orthomosaic icon

オルソモザイク

メッシュ

アクセス方法
  • プロセス processing_options.png」をクリックします。
  • メニューバーの[プロセス]→[メッシュ...]をクリックします。

これにより、以下の処理オプションを変更することができます。

重要:現時点では、PIX4Dmaticでメッシュ直接表示することはできません。Windows 3D Viewer、Meshlab、Global Mapper、Rhino、3ds Max、3DBuilder、Autodesk Mayaなどのサードパーティ製ソフトウェアを使用してメッシュを表示することをお勧めします。

入力(オプション

重要:このオプションは、PIX4Dcatch で取得した LiDAR データを含むプロジェクトでのみ有効です。

メッシュ生成のための入力点群を選択することができます。以下のオプションがあります。

  • Dense point cloud(デフォルト)。緻密な点群(デフォルト):緻密化ステップで画像から生成された点群。
  • 深度点群。LiDARの深度マップから生成された点群です。
  • 深度と密な融合。密度の高い点群と深度のある点群を融合した点群です。

テクスチャサイズ

TextureSize(1024x1024 - 32768x32768 pixels,default 8192x8192 pixels)です。メッシュのテクスチャの解像度を定義するためのパラメータです。

Decimation

Decimation (1.000.000 デフォルト)。最終的なメッシュに含まれるトライアングルの最大数。この数は、ジオメトリやプロジェクトのサイズによって異なります。

注意:プロジェクトの規模がそれほど大きくない場合は、結果的に三角形の数がオプションで設定した最大値よりも少なくなることがあります。最大値に達するのは、プロジェクトの規模が大きく、より多くのトライアングルを持つモデルを作成できる場合のみです。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。