Share to PIX4Dcloud - PIX4Dfields

フォローする
次へ 

Share to PIX4Dcloudとは

Share to PIX4Dcloudは、インターネット上でウェブリンクを使用して2Dレイヤーを簡単にシェアするPIX4Dfieldsの機能です。これにより、PIX4DfieldsデスクトッププロジェクトをPIX4Dcloudに接続することが可能になります。

オルソモザイク、DSM、および指数レイヤーを、有効なPIX4Dfieldsライセンスを使用してPIX4Dcloudにアップロードすることができます。すべてのレイヤーはPIX4Dcloudに保存され、アップロードが正常に完了すると、パスワードで保護されたプロジェクト用URLリンクが用意されます。共有可能なURLリンクは、PIX4Dcloud内から作成し、コラボレーターに提供することができます。

Share to PIX4Dcloudの要件

  • この機能は、PIX4Dfieldsバージョン1.10以上でご利用いただけます。トライアル版ではなく、有効なS&Uを使用した有効なライセンスが必要です。
  • Share to PIX4Dcloudのオプションを使用するには、追加のPIX4Dcloudライセンスは必要ありません。
  • PIX4Dfieldsの月間契約者は、月に最大50件のプロジェクトを作成することができます。
  • PIX4Dfieldsの年間契約者は、年に最大600件のプロジェクトを作成することができます。

Share to PIX4Dcloudの使用方法

PIX4Dcloudにアップロードおよびシェアするには:

  1. トップバーの右隅からエクスポートを選択します。
  2. share__1_.png共有するオプションをクリックして、Share to PIX4Dcloudメニューを開きます。
  3. オルソモザイク(視覚)、表層モデル(標高)、指数マップなどのレイヤーをLayerIcon.pngレイヤーを選択オプションから選択し、PIX4Dcloudにアップロードしてシェアします。
    Share_to_PIX4Dcloud.jpg
    Share to PIX4Dcloudメニューからレイヤーを選択します。

  4. レイヤーのアウトプットサイズを定義するには、25%、50%、または100%の画像スケールのアウトプットを選択します。100%では高解像度が維持されますが、画像スケールが小さいほどファイルサイズが小さくなり、PIX4Dcloudへのアップロードが高速になります。
  5. [任意] Share to PIX4Dcloudのプロジェクト名は、PIX4Dfields デスクトップのプロジェクト名によって定義されます。アップロードする前に、名前を変更することができます。
  6. アップロードをクリックします。アップロードが正常に完了すると、PIX4Dcloudプロジェクトリンクがポップアップ画面に表示されます。
  7. リンクをコピーをクリックし、ウェブブラウザに貼り付け、プロジェクトを表示します。プロジェクトを表示するには、PIX4Dログイン認証情報が必要です。

    project_link.jpg
    PIX4Dcloudプロジェクトリンク
    ヒント: プロジェクトをPIX4Dcloudアカウントにアクセスできないコラボレーターとシェアするには、PIX4Dcloud内から共有可能なリンクを作成することができます。リンクはパスワード保護されていません。右上にあるメニューバーからシェアshare.pngを選択し、プロジェクトのニーズに応じて、誰でもリンクで表示と測定ができるようにするか、誰でもリンクで編集と保存ができるようにします。追加情報: PIX4Dcloudプロジェクトをシェアをご覧ください。
  8. シェアの履歴をクリックすると、PIX4Dfieldsで作成されたPIX4Dcloudプロジェクトリンク(特定の開いているプロジェクトのリンク)を表示します。
    share_history.jpg
    シェアの履歴ウィンドウ
注意:
  • アップロードするたびに、新規のPIX4Dcloudプロジェクトが作成されます。
  • アップロードは、RGBオルソモザイク、サーフェスモデル、および指数マップそれぞれ1つに制限されます。
  • 最大アップロードは20GBで、3レイヤーのアップロードの合計(10GB+5GB+5GB)または単一レイヤーのアップロード(20GB)となります。
  • PIX4Dcloudプロジェクトのリンクは、モバイルデバイスでも開くことができ、GPS位置マーカーでマップ上の自己位置の確認にも使用することができます。
  • 既存のPIX4Dcloudプロジェクトをデスクトップデバイスに同期することはできません。
  • PIX4cloudの点検機能は、PIX4Dfieldsからアップロードされたプロジェクトでは使用できません。
  • 1回のPIX4Dcloudへのアップロードで、1つのアノテーションレイヤーが使用可能です。
  • R0037:アノテーションの穴(データの欠損)はPIX4Dcloudではサポートされていません。
重要: これは、ベータ版の機能です。ご感想については、コミュニティで機能リクエストを作成してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。