Pix4Dcloudで処理が出来る画像枚数は?

Pix4Dcloudは、プロジェクトの特性、処理オプション、および必要な出力に基づいて特定の数の画像を正常に処理することができます。

これらのパラメータの組み合わせはたくさんあります。この記事は、異なる解像度のカメラ、一般的なプロジェクトの特性、およびデフォルトの処理オプションで実行されたいくつかのテストの結果を示していくつかのベンチマークをご提供することを目的としています。

テスト結果
  データセットA データセットB
カメラの解像度 24 MP
42 MP
テストに使用されたカメラ senseFly AeriaX Sony Cyber-shot DSC-RX1RM2
正常に処理された画像の最大数 4000 2160
GSD 2.22 cm / 0.87 in 0.9 cm / 0.35 in
オーバーラップ 75% - 75% 70% - 40%

フライトの種類

垂直撮影、単一グリッド 垂直撮影、単一グリッド
プロジェクトの種類 工業地帯と農業地域 発掘・農業地域
処理テンプレート 3D マップ、品質¹ 3D マップ、品質¹
結果を生成する時間 1日4時間 19時間

¹ 3Dマップ、品質テンプレートには、点群(.las)、3Dテクスチャメッシュ(.obj)、オルソモザイク(GeoTIFF)、およびDSM(GeoTIFF)の生成が含まれます。 詳細については、新規データセット - 処理テンプレート

 
注意: より高品質の出力、追加の出力、および出力形式は、正常に処理される確率に影響を与える可能性があります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。