GCPs レイヤー

GCPレイヤーは、2D / 3DビューでGCPとチェックポイントの場所を簡単に確認することで、プロジェクトの正確性に関する定性的なフィードバックを提供します。 詳細な分析については、 AutoGCPレポートそしてそのプロジェクトの 品質レポートをご参照してください。

アクセス: GCPレイヤーは、 Pix4Dcloud Advanced プロジェクトであり、 AutoGCPの検出機能 でGCPが検出されたプロジェクトでのみ表示されます。

2D / 3Dビューの左側のパネルで、GCPレイヤーは 「レイヤー」 に表示されます。

「GCP」 のレイヤーには次のものが含まれます。

  • 3d_gcp.jpg AutoGCPs機能によって検出およびマークされたグラウンドコントロールポイント(GCP)。 これらのポイントは紫色で表示されます。
  • check_point.jpg AutoGCPs機能によって検出およびマークされたてチェックポイント。これらのポイントは 黄色で表示されます。

GCP_layer.jpg

 
注意
  • AutoGCPの検出に失敗し、ポイントが見つからない場合、GCPレイヤーは表示されません。
  • AutoGCPs検出で、ユーザーが指定したすべてのコントロールポイントが見つからない場合でも、GCPレイヤーは全てのGCPを表示します。AutoGCPの検出エラーに関する情報はこちら: GCPsの検出が失敗した
 
メモ: プロジェクトを シェアする際に、GCPレイヤーが存在している場合は共有URLでもアクセス可能です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。