オルソモザイク - PIX4Dmatic

フォローする

Pix4Dmatic raycloud icon

キャリブレート

Pix4Dmatic point cloud icon

点群

PIX4Dmatic mesh icon

メッシュ

Pix4Dmatic dsm icon

DSM

Pix4Dmatic orthomosaic icon

オルソモザイク

オルソモザイク

数値表層モデル (DSM) と画像に基づいてオルソモザイクを作成します。

 
アクセス:
  • 処理 processing optionsクリックします。 processing optionsをクリックし、 オルソモザイクオプションを有効にします。
  • メニュー バーで、 処理 > オルソモザイク...をクリックします。

ユーザーは、次の処理オプションを変更できます。

 
重要: オルソモザイクは、DSM と画像の位置をインプットとして受け取ります。 DSM にノイズが多い場合、または再構成が最適でない場合、オルソモザイクは歪んでしまいます。 オルソモザイクを生成する前に、[キャリブレーション]、[高密度化]、および [DSM]の結果が最適であることを確認してください。
 
ヒント: 生成されたオルソモザイクに穴がある場合、オルソモザイクを生成する前にDSM処理オプションのパラメータを有効にします。 内挿パラメータを有効にしてください。

Pix4Dmatic orthomosaic interpolation_on

DSM - 内挿有効 で生成されたオルソモザイク。

Pix4Dmatic orthomosaic interpolation off

DSM - 内挿無効 で生成されたオルソモザイク。

解像度

  • 解像度: オルソモザイクの生成に使用される空間解像度を定義します。
    • オルソモザイクの解像度は、DSM の解像度と同じです。 たとえば、DSM 解像度が 5 cm に設定されている場合、オルソモザイク解像度も 5 cm になります。

Orthomosaic

オルソモザイク処理オプション。

アルゴリズム

  • アルゴリズム: オルソモザイク作成アルゴリズムを切り替えることができます。
    • ハードウェアの高速化:オルソモザイクの生成はGPUに対応したアルゴリズムで計算されます。 このオプションは、 処理時間の短縮に貢献します。
    • 標準 : オルソモザイクの生成は、標準アルゴリズムを使用して計算されます。

虚像排除

  • 虚像排除 (デフォルト - 無効) : オルソモザイクを生成する際に、フライト中に移動するオブジェクトを削除します。 例えば、虚像排除オプションを有効にすると、画像上で動いている車はオルソモザイクに表示されなくなります。
 
注: この関数を使用すると、処理時間とメモリ消費量が増加します。
 
例: 虚像排除オプション 有効 (左) および 無効 (右)で生成されたオルソモザイク 。

PIX4Dmatic Deghosting enabled

虚像排除有効 . 動いている車はオルソモザイクでは見えません。

PIX4Dmatic Deghosting disabled

虚像排除無効 . 動いている車がオルソモザイクに表示されます。

斜め

斜め (デフォルト - 無効) : このオプションを有効にすると、斜めプロジェクトのオルソモザイクが改善されます。

 
注: この関数を使用すると、処理時間とメモリ消費量が増加します。
 
例: 斜めの画像で生成されたオルソモザイクには、穴が含まれている可能性があります。 そのような場合は、斜め処理オプションを有効にすることで、より完全なオルソモザイクが生成されます。

PIX4Dmatic orthomosaic oblique

像の斜め画像取得。

PIX4Dmatic_orthomosaic oblique disabled

斜め - 無効のオルソモザイク。

PIX4Dmatic orthomosaic oblique enabled

斜め - 有効のオルソモザイク。

エクスポート

オルソモザイクをエクスポートするときは、次の形式を使用できます。

JPG 形式設定のエクスポート

JPG 形式の場合、次のエクスポート設定を使用できます。

  • 品質 (90% - デフォルト) : エクスポート ファイルの圧縮と JPG 品質設定を定義します。
    • 90%:品質100%とほとんど区別がつきませんが、作成される画像ファイルは2倍小さくなるため、品質値のデフォルトは90%に設定されています。
    • 100%:100%の場合、画質は最高ですが、ファイルサイズは大きくなります。
    • 0%:品質が0%の場合、ファイルサイズは小さくなりますが、非常に低品質になりますが、圧縮率は最も高くなります。
  • 画像サイズ(L-デフォルト)。エクスポートされるファイルのサイズを定義します。
    • L: JPEGフォーマットで実現可能な最高解像度。 一部のサードパーティ製ソフトウェアで開く際に、より多くの時間とメモリを必要とする場合があります。 エクスポートされる画像は、JPGの最大サイズである65535×65535px(非圧縮で約17GB)を超えない限り、元のサイズを維持します。
    • M: 高解像度画像。最大限のディテールを必要としない多くのアプリケーションに適切な妥協点です。 エクスポートされる画像の最大サイズは 16000 × 16000 px です。 画像がこのサイズを超える場合、結果的に16.000×16.000pxに収まるように画像の最大寸法を制限 します。
    • S: 標準的な画像解像度。サードパーティのビューアですばやく開いたり、メールやウェブで共有したりするのに適しています。 書き出される画像は、最大4000×4000pxのサイズになります。 画像がこのサイズを超える場合は、結果的に画像の最大寸法を4.000×4.000pxに収まるように制限することになります。
       
      例: 元のサイズが 7172 × 6117 ピクセルのファイルの場合、エクスポートされたファイルの画像サイズ :
      • L:7172×6117ピクセル(画像スケール100%)。
      • M:7172×6117ピクセル(画像スケール100%)。
      • S:3586×3058ピクセル(画像スケール50%)。

        PIX4Dmatic_L_image_size.png

        L 画像サイズで作成されたオルソモザイクのメニューをJPG形式で出力します。

        PIX4Dmatic_M_image_size.png

        M サイズで 作成したオルソモザイクのメニューをJPG形式で出力します。

        PIX4Dmatic_S_image_size.png

        S で生成したオルソモザイクのメニューを JPGフォーマットで出力します。

GeoTIFF 形式設定のエクスポート

GeoTIFF 形式の場合、次のエクスポート設定を使用できます。

 
ヒント: 単一の TIFF ファイルとしてエクスポートされた画像にはオーバービュー (解像度のピラミッド) が含まれているため、他の互換性のあるサードパーティ ソフトウェア (例:QGIS)で瞬時に効率的に開くことができます。
 
注:デフォルトでは、[エクスポート - オルソモザイク GeoTIFF]オプションは無効になっています。 オルソモザイクをエクスポートするには:
  • [メニュー] タブで、ファイル > オルソモザイクをエクスポート...をクリックします。
  • オルソモザイクをエクスポートダイアログで、エクスポート設定を選択します。
  • エクスポートをクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。