点のグリッド

Pix4Dsurvey terrain filter feature icon

地表面フィルター

Pix4Dsurvey grid of points feature icon

点のグリッド

「点のグリッド」ツールは、スポット標高(spot elevation)の作成を自動化するのに役立ち、点群の点の数を大幅に簡略化することができます。新しい点を生成するのではなく、入力データの既存の点のみが使用されます。

 
アクセス:
  • 処理をクリック、 Pix4Dsurvey process iconまたは
  • メニューバーで、 処理 > 点のグリッドをクリック、または
  • 「コンテンツ」 パネルで、 点のグリッド> Pix4Dsurvey_processes_button.pngをクリックします。

処理オプション

インプット点群

「点のグリッド」の処理に使用される点群を定義します。

  • すべて「コンテンツ > 点群」の中のすべての点群が処理に使用されます。
  • 表示のみ -デフォルト 「コンテンツ>点群」「地表面クラス」から、表示している点群のみが処理に使用されます。
  • 地表面「地表面」クラスのすべての点が処理に使用されます。 「地表面フィルター」が処理された後にのみ利用可能です。
  • 非地表面「非地表面」クラスのすべての点が処理に使用されます。 「地表面フィルター」が処理された後にのみ利用可能です。
 
例: 「表示のみ」オプションが選択されている場合、 可視の点群[ 1 ]と可視の 地表面クラス[ 1a ]のみが処理に使用されます。表示がオフになっている点群と地表面クラス( Pix4Dsurvey_visibility_off.png )は処理に使用されません。

Pix4Dsurvey only visible point cloud

可視の点群[ 1 ]と可視の地表面クラス[ 1a ]のみが処理に使用されます。

サンプル距離

  • サンプル距離 [単位] :グリッドサイズを決定します。
    • 0.1 m - 100 m、2.5 m - デフォルト。
    • 0.1フィート - 100フィート、8フィート - デフォルト。

結果

 
アクセス: 「点のグリッド」の処理の結果は 「コンテンツ- Pix4Dsurvey_grid_of_points.png点のグリッド」のパネルで確認できます。

Pix4Dsurvey grid of points

地表面ポイントのみを使用して、サンプル距離2.5mで生成された点のグリッド(青い点)。

 
ヒント: 「点のグリッド」の処理結果に含まれる点は、インプットの点群よりも大幅に少なくなります。結果をよりよく表示するために、 「3Dビュー設定 > 点のサイズ」 で点のサイズを大きくすることをお勧めします。

エクスポート

「点のグリッド」の処理の結果は、.dxfおよび.shp形式でエクスポートできます。詳細: エクスポート

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。