地表面フィルター

Pix4Dsurvey terrain filter feature icon

地表面フィルター

Pix4Dsurvey grid of points feature icon

点のグリッド

「地表面フィルター」の処理は、選択したインプット点群を、設定した処理値に基づいて地表面と地表面以外に分類します。これらのクラスは今後の処理ステップで使用できます。たとえば、 地表面クラスからのみ点のグリッドを作成することが可能です。

Pix4Dsurvey terrain filter

地表面フィルター処理の結果(緑 - 地表面、青 - 地表面以外)。

 
アクセス:
  • 処理をクリック、 Pix4Dsurvey process iconまたは
  • メニューバーで、 処理 > 地表面フィルターをクリック、または
  • 「コンテンツ」 パネルで、 地表面クラス> Pix4Dsurvey_processes_button.pngをクリックします。

処理オプション

インプット点群

「地表面フィルター」の処理に使用される点群を定義します。

  • すべて - デフォルト「コンテンツ > 点群」の中のすべての点群が処理に使用されます。
  • 表示のみ 「コンテンツ>点群」から、表示している(可視)点群のみが処理に使用されます。
 
例: 「表示のみ」オプションが選択されている場合、 可視の点群[ 1 ]のみが処理に使用されます。表示がオフになっている点群( Pix4Dsurvey_visibility_off.png )は処理に使用されません。

Pix4Dsurvey only visible point cloud

可視の点群[ 1 ]のみが処理に使用されます。

サンプル距離

  • サンプル距離 [単位] :アルゴリズムで使われるサンプリンググリッドサイズを決定します。レンジはプロジェクト座標系の単位によります:
    • 5.0 m-0.5 m、1.0 m-デフォルト。
    • 15.0ft-1.5ft、3.0ft-デフォルト。
 
例: 「サンプル距離」のパラメータでいかに適した値を設定するかは、インプット点群の特性に大きく依存します:
  • 大きなサンプル距離:シンプルで平坦な領域、または低密度の点群の場合。
  • 小さなサンプル距離:標高の急激な変化が多い地形および建物のあるエリアに適します。より小さいサンプル距離を使用すると、地表面の詳細をより多く検出できます。
 
メモ: 「サンプル距離」のパラメータは処理時間に直接的に影響します。0.5 mや1.5 ftなどの小さい値は、処理時間を増加します。

剛性

  • 剛性(低-デフォルト、中、高) :地表面をシミュレートする布地の物理的パラメータ。低剛性は柔らかく、簡単にドレープし、高い剛性は硬く、ドレープしたときの撓みが少ないです。

地上の閾値

  • 地上の閾値 [単位](0.5 m、1 ft - デフォルト) :インプット点群内の点と、 「サンプル距離」「剛性」のパラメータに基づいて生成された表面の間の最大許容距離を決定します。適値は、元の点群の点密度と再構築されたモデルの品質によります。
 
例: 「地上の閾値」の値が小さいほど、より地面に近い点が地表面以外のクラス(青色)に含まれます。

Pix4Dsurvey_above_ground_treshold_001.jpg

「地上の閾値」 = 0.01ft/ 0.003m。

Pix4Dsurvey_above_ground_treshold_01.jpg

「地上の閾値」 = 0.1ft/ 0.03m。

Pix4Dsurvey_above_ground_treshold_1.jpg

「地上の閾値」 = 1ft (デフォルト) / 0.3m。

Pix4Dsurvey_above_ground_treshold_10.jpg

「地上の閾値」 = 10ft/3 m。

結果

 
アクセス: 「地表面フィルター」の処理の結果は 「コンテンツ- Pix4Dsurvey_grid_of_points.png地表面クラス」のパネルで確認できます。

次の地表面クラスがあります:

  • 地表面以外 (青色):地表面以外として分類されたポイント。
  • 地表面 (緑色):地表面として分類されたポイント。
  • 分類されていない :一度も分類されていない点群。

地表面クラスを表示するには、 「点群」「地表面クラス」両方の可視性( visibility__1_.png )が選択されている必要があります。 「点群」のセクションで点群がオフになっている場合、それが優先され地表面クラスの表示を無効にします。

地表面クラスの色表示を変更するには:

  • モノクロ(デフォルト)の場合は、モノクロで表示 をクリックします Pix4Dsurvey_terrain_classes_RGB_off.png
  • RGBの場合は、 RGBでクラスを表示Pix4Dsurvey_terrain_classes_RGB_on.png をクリックします。

Pix4Dsurvey_1_terrain_non-terrain_mono.jpg

地表面 - オン、モノクロ。
地表面以外 - オン、モノクロ。

Pix4Dsurvey_2_terrain_mono.jpg

地表面 - オン、モノクロ。
地表面以外 - オフ。

Pix4Dsurvey_7_terrain_RGB_non-terrain.jpg

地表面 - オン、RGB。
地表面以外 - オフ。

Pix4Dsurvey_5_terrain_mono_non-terrain_RGB.jpg

地表面 - オン、モノクロ。
地表面以外 -オン、RGB。

Pix4Dsurvey_4_terrain_non-terrain_RGB.jpg

地表面 - オン、RGB。
地表面以外 -オン、RGB。

Pix4Dsurvey_3_non-terrain_mono.jpg

地表面 - オフ。
地表面以外 -オン、モノクロ。

 

Pix4Dsurvey_8_non-terrain_RGB.jpg

地表面 - オフ。
地表面以外 -オン、RGB。

Pix4Dsurvey_6_terrain_RGB_non-terrain_mono.jpg

地表面 - オン、RGB。
地表面以外 -オン、モノクロ。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。