ナビゲーションとコントロールパネル - PIX4Dmatic

フォローする

PIX4Dmatic を使用すると、プロジェクト エリアをナビゲートし、2D および 3D で出力したり、元の画像を操作したりできます。

3Dビューでナビゲート

まばらな点群、密な点群、画像、およびタイポイントを3Dビューで表示することができます。

 
アクセス:3Dビューにアクセスするには:
  • メニューバーで[ビュー]→[3Dに切り替える]をクリックするか、または
  • 画面上の3DボタンをクリックするPix4Dmatic_3D_view_icon.jpg、または
  • ショートカット 3 を使用します。

3D ビューをパン、回転、ズームするには:

  • 左クリックで3Dビューをパンします。
  • Shiftキーを押しながら左クリックすると、3DビューをZ軸上でパンすることができます。
  • 右クリックで3Dビューを回転させることができます。
  • スクロールホイールを使って、3Dビューを拡大・縮小することができます。

事前に定義されたビューにアクセスするには、 メニューバービューに移動して、次をクリックします。

  • 全てを表示シーン全体をズームアウトします
  • 選択に焦点を当てる選択したオブジェクトをズームします。
  • トップ ビュー : シーンを上から表示します。 シーンをズームアウトして全体を表示します。
ヒント: PIX4Dmaticのキーボードショートカットを使って、あらかじめ定義されたビューでシーンを表示することも可能です。

3Dビューの設定

クリックPix4D_settings_icon.pngすると、3Dビューで以下の設定を調整できます。

  • ポイント サイズ (13 -デフォルト、0.5 - 50)、ポイント サイズを変更します。
  • カメラのサイズ (1 - デフォルト、0.01 - 5.00)は、カメラのサムネイルのサイズを変更します。
  • 空の背景 (オン - デフォルト)、共有されている空のオン/オフを切り替えます。
  • 背景色 (黒 - デフォルト、灰色、白)、背景色を変更することができます。

    3D_viewer_settings.jpg

    PIX4Dmaticの3Dビューア設定。

2Dビューでナビゲート

オルソモザイクとDSMは、ベースマップの有無に関わらず2Dビューで表示することが可能です。

アクセス:2D ビューにアクセスするには:
  • メニューバーで[ビュー]→[2Dに切り替える]をクリックするか、または
  • 画面上の2DボタンをクリックPix4Dmatic_2D_view_icon.jpg、または
  • ショートカット 2 を使用します。

2Dビューの設定

注:ベースマップ機能を有効にする方法については、環境設定 - PIX4Dmatic参照してください。

オルソモザイクの下にどのベースマップを表示するかを選択する。

  • Pix4D_settings_icon.png をクリックして、2D ビューのベースマップ設定を切り替えます。

    2D_view_settings_PIX4Dmatic.jpg

    PIX4Dmaticの2Dビュー設定。

画像内を移動

取り込んだ画像は、3D画像ビューアーで表示されます。

重要: 個々の画像の表示を変更するには:
  • 左クリックし、 ドラッグして画像をパンします。
  • Ctrl キーを押しながらスクロールホイールを回すと、画像を拡大・縮小することができます。

画像の一般的な表示を変更するには:

  • [1] 表示する列数を変更します。
  • [2] ズームスライダーを使用してすべての画像のズームレベルを変更するか、Alt+スクロールを使用します。 全画面表示モードに入ると、Ctrl + 1 (最小ズーム) と Ctrl + 2 (最大ズーム) が有効になります。
  • [3]画像をフィルタリングし、全ての画像、校正済み、または未校正の画像を表示します。
  • [4] 画像を並べ替えし距離再投影誤差、または名前で表示します。
    • 距離 : デフォルトのオプションでは、マークされたポイントまでの画像の距離によって画像が並べ替えられます。
    • 再投影誤差 : 2 つの異なる画像でポイントをマークした後、再投影誤差が計算されます。 したがって、最も高いエラーを最初にマークする利点があります。
    • 名前 : 画像は画像の名前に基づいて並べ替えられます。 画像名は通常、時系列に従って隣接する画像を表示するため、類似した内容の画像を検出するのに役立ちます。
  • [5] Pix4Dmatic_view_all.png 画像ビューアを最大化して全画面表示するか、Ctrl + Fショートカットを使用します
  • [6] 選択した画像を拡大し、フルスクリーンで表示します。
    PIX4Dmatic_navigation_image_viewer.png
 
ヒント: 校正ステップが完了すると、 画像パネルに表示される画像に追加のアイコンが表示されます:
  • Pix4Dmatic_green_check.png校正済みの画像に対して
  • Pix4Dmatic_warning_icon.png未校正の画像に対して

コントロール パネル

コントロールパネルは、メニューバーの [ビュー]>[コントロールパネル]でアクセスできます。

以下のパネルが用意されています。

  • Pix4Dmatic_image_viewer.jpg画像ビューア: 取り込んだ画像を表示します。
  • layers.pngコンテンツ : 利用可能な入力と結果の概要を示します。
  • history.png履歴 : 実行されたアクションのリストを表示します。 
  • report_panel.png 品質レポート : プロジェクトの概要を表示し、その正確性と品質を評価します。
  • processing_options.png キャリブレート : ユーザーが処理を変更できるようにしますオプション。
  • gcp.png タイ ポイント : タイ ポイント テーブルを開きます。
  • Pix4Dmatic_status_center_icon.jpgステータスセンター: アクションや処理の詳細に関する情報を提供します。  
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。