PIX4Dmaticのタイポイント(GCP、MTP、CP)について

フォローする

GCPおよびMTPは、フォトグラメトリ・プロジェクトの絶対的および相対的な精度を向上させるために使用され、チェックポイントは品質評価のために使用されます。

  • 地上基準点(GCP)は、既知の座標を持つ点です。一般的に、GCPの座標は非常に正確で、RTK/PPK GNSS受信機やトータルステーションを使って測定されます。GCPは、再構築の精度を評価するために、プロジェクトの正確なジオリファレンスに使用されます。
  • 手動タイポイント(MTP)は、ユーザーが画像内でマーク(クリック)した特徴に対応する3Dポイントです。再構築の精度を評価し、向上させるために使用されます。
  • チェックポイントは、モデルの絶対的な精度を評価するために使用され、プロジェクトのジオリファレンスには使用されません。

本稿では、GCP、MTP、チェックポイントを総称して「タイポイント」と呼ぶことにする。

ヒント:タイポイントは、異なる段階でインポートおよびマークすることができます。
  • キャリブレート」の前。画像上のタイ・ポイントの位置は、最初の画像の地理的位置と方向に基づいてのみ決定されるため、正確ではないため、手作業での作業が必要になります。しかし、処理の前にタイ・ポイントをマークすることで、キャリブレート・ステップの再処理や再最適化の必要性をなくすことができます
  • キャリブレート・ステップの後。外部および内部のカメラ・パラメータが計算されるため、画像上のタイ・ポイントの位置はより正確になります。ただし、Calibrateステップを再処理または再最適化する必要があります。

タイポイントのインポート

GCPとチェックポイントを.txtまたは.csvファイル形式でインポートすることができます。詳細については、GCPs import formatの記事を参照してください。

Pix4Dmatic_GCPs_import.gif

タイポイント座標をインポートするには、以下の手順に従います。

  • gcp.pngTie Points 」をクリックしgcp.pngて、「gcp.png Tie Pointsgcp.pngテーブルを開きます。
  • ドラッグ&ドロップするか、[ディスクから選択] オプションを使ってGCPの入ったファイルを指定します。
  • 水平および垂直座標の参照システムを定義します。
  • (オプション)GeoidまたはGeoid heightを定義します。
  • 適用]をクリックします。

タイポイントがインポートされると、タイポイントテーブルと3Dビューに表示されます。

注:.txtまたは.csvファイルをインポートする前に、GCPの座標系を定義することが可能です。GCPの座標系は、出力座標系も定義することに注意してください。PIX4Dmaticでの座標系とジオイドモデルの使用については、以下を参照してください。

マークのインポートとエクスポート(オプション

マークのインポート

PIX4Dmatic や PIX4Dmapper のプロジェクトからマークをインポートすることができます。これにより、画像にマークを付ける必要がなくなります。

タイポイントのマークをインポートするには、以下の手順に従います。

  • gcp.pngタイポイント Pix4D_more_icon.png] > [マークのインポート...] をクリックします。
  • クリックメニューバー>ファイル> Pix4D_import_icon.png マークのインポート...
  • マークのインポート」ダイアログで、ファイル名を入力して「開く」をクリックします。

詳細については、PIX4DmapperからPIX4DmaticにGCPマークをインポートする方法の記事を参照してください。

マークのエクスポート

タイポイントのマークをエクスポートするには、以下の手順に従います。

  • gcp.pngTie Points Pix4D_more_icon.png> >Pix4D_export_icon.pngExport marks...をクリックします。gcp.png Pix4D_more_icon.png Pix4D_export_icon.png
  • Export marks] ダイアログで、ファイル名を入力して[Save]をクリックします。

手動タイポイントの追加

プロジェクトに MTP を追加するには、以下の手順で行います。

  • [1]Image viewerPix4Dmatic_add_tie_point.png MTPをクリックする、Pix4Dmatic_add_tie_point.pngまたは
  • イメージビューアーで、イメージを右クリックし、[追加&マーク]をクリックして新しいMTPをマークする、または
  • タイポイントパネルで、[Pix4D_more_icon.png Pix4Dmatic_add_tie_point.png タイポイントを追加]をクリックする。

Pix4Dmatic_add_tie_point.jpg

イメージビューアーから[1]、[2]、またはタイポイントパネルから[3]でMTPを追加することが可能です。

タイポイントをマークする

タイポイントをインポートまたは追加したら、処理を実行する前または後にマークすることができます。

Pix4Dmatic_mark_tie_points.gif

その方法は以下のとおりです。

  1. タイgcp.png ・ポイント」パネルでgcp.pngタイ・ポイントをクリックするか、3Dビューでポイントを選択します。
  2. 画像上では、左クリックでタイポイントをマークします。タイポイントPix4Dmatic_marked_tie_point.pngがマークされると、黄色の十字がPix4Dmatic_marked_tie_point.png表示されます。Pix4Dmatic_marked_tie_point.png
    重要:個々の画像の表示を変更するには、次の手順に従います。
    • Ctrl を押しながら 左クリック
    • すると、画像の上でパンすることができます。
    • Ctrl を押しながら スクロールホイール
    を回転させると、画像の拡大・縮小ができます。 詳しくは、ナビゲーションとパネルの
    記事をご覧ください。
  3. (オプション) 残りのタイポイントについても、手順1と2を繰り返します。
ヒント:
マーキング作業を迅速に行うために、以下の方法をお勧めします。
  • [1]Pix4Dmatic_center_on_marker.pngマークを基準にして、画像を中央に寄せ たり、リゾート化したりすることができます。
  • [2]表示する列数を変更する。
  • [3]ズームスライダーですべての画像のズームレベルを変更するか、Alt + Scrollを使用します。全画面マーキングモードになると、CTRL + 1(最小ズーム)、CTRL + 2(最大ズーム)が有効になります。
  • [4] 距離、リプロジェクションエラー、名前の順に画像を並べ替えて表示します。
  • [5]Pix4Dmatic_view_all.png 画像ビューアPix4Dmatic_view_all.png全画面表示するには、画像Pix4Dmatic_view_all.png ビューアを最大化するか、ショートカットのPix4Dmatic_view_all.png Ctrl + F Pix4Dmatic_view_all.png
    PIX4Dmatic_marking_tie__points_panel.png
詳細については、Pix4Dmatic のキーボード ショートカットの記事および画像内でのナビゲーションの記事を参照してください。

自動ターゲット検出 - AutoGCPアルゴリズム

AutoGCPアルゴリズムは、画像内のターゲットの位置を自動的に特定し、その中心をピクセルレベルの精度で検出します。これにより、タイポイントのマーキングにかかる時間を短縮することができます。

アクセス方法メニューバーの「プロセス」→「AutoGCPの実行」をクリックします。

AutoGCP の実行」は以下の場合に利用できます。

  • キャリブレート] ステップが完了したとき。
  • タイ・ポイントがインポートされている。
  • GCPタイプのタイ・ポイントが利用できる。

アルゴリズムとベスト・プラクティスの詳細については、「自動目標検出、AutoGCPアルゴリズム」の記事を参照してください。

自動マーキング(Auto-mark)アルゴリズム

自動マーキング(Auto-mark)アルゴリズムは、画像上のマークを自動的に伝搬させるために使用される。これは以下の場合に利用できる。

  • キャリブレートステップ が完了している。
  • 画像上に少なくとも2つのマークが手動で追加されている。

PIX4Dmatic_Auto-Mark.gif

オートマーク・アルゴリズムは、追加された画像に自動的にマークを配置するため、マーキングに要する時間を短縮することができます。

このアルゴリズムは、残りの画像上の特徴の自動色相関を検索します。これにより、色の相関性が高ければ、マークされた特徴の位置が追加画像で最適化されます。黄色のクロスが表示された画像は、キャリブレーションステップでの処理に考慮されます。

重要:現時点では、PIX4Dmaticのオートマークはnadirプロジェクトでのみサポートされています。
オートマークアルゴリズムの結果を確認し、必要に応じて手動で位置を修正することをお勧めします。

処理にタイポイントを使用する

プロジェクトを処理する前に、タイポイントを追加することをお勧めします。異なる座標系の GCP や Checpoints を処理後にインポートした場合、画像の再処理が必要となり、以前の計算結果が失われます。

プロジェクトを処理するには

  • 処理]をクリックするprocessing_options.png
  • メニュー・バーで[プロセス] > [キャリブレート] をクリックします。
ヒント: [キャリブレート] ステップの終了後にタイポイント・マークを追加、変更、または削除する場合は、タイポイントに変更を適用した後の処理時間を短縮するために、[カメラの再最適化] オプションを使用することをお勧めします。詳細については、「処理オプション - カメラの再最適化」を参照してください。

Tie Pointsのエラーをチェックする

プロジェクトにTie Pointを導入すると、再構築の精度についての洞察が得られます。

  • GCPとチェックポイントは、絶対的な精度を評価するために使用されます。
  • GCPとチェックポイントは絶対的な精度を評価するために使用され、MTPは相対的な精度を評価するために使用されます。

詳しくは、「ドローンマッピングの相対精度と絶対精度とは」をご覧ください。

Tie pointsパネル

タイポイントパネルでは、以下の項目を使って再構築の品質を評価することができます。

  • [1]再投影誤差[px]:画像上のタイポイントの再投影誤差。
  • [Position error X[units], 地点のX軸方向の初期位置と計算された位置の差、すなわち初期位置-計算済み位置。
  • [3]位置誤差Y[単位], Y軸方向の対地制御点の計算値と初期位置の差、すなわち初期位置-計算位置。
  • [4]位置誤差Z[単位], Z軸方向の対地制御点の計算値と初期位置の差、すなわち初期位置-計算位置。
  • [5]Outliers, 計算された位置と合わないTie Pointマークが検出される。

Pix4Dmatic_tie_point_quality_check.jpg

Tie Pointsパネルには、マークされた各点の再投影と位置の誤差に関する情報が含まれています。

注意:画像にマークが追加されたり削除されたりするたびに、値が自動的に更新されます。ただし、変更による再構成への実際の影響を確認するには、プロジェクトの再処理または再最適化が必要です。

品質レポートパネル

カメラの 較正または再最適化のステップを実行すると、次のような内容が表示されます。

  • 詳細な品質レポート (.txt)。
    • レポートパネルで、クリックexportButton.png
    • メニューバー> 「ファイル」をクリックし、「品質レポートのエクスポート...」をクリックします。
  • ジェネラル・クオリティー・レポート:
    • 右のバーで [Report]Pix4Dmatic_report_panel.png
      Pix4Dmatic_quality_report_panel.jpg
      をクリックします。

品質レポートに含まれる値の詳細な説明については、「品質レポート - PIX4Dmatic」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。