推奨ハードウェア - PIX4Dmatic

フォローする

この記事では、PIX4Dmaticのハードウェアおよびソフトウェアの最小要件と推奨要件について説明します。 なお、PIX4DmaticはWindowsとmacOSの両プラットフォームに対応しています。 

 
: PIX4Dmatic は、キャリブレーション、高密度化、およびオルソモザイクの生成のために GPU ハードウェア アクセラレーションをサポートしています。 現在、NVIDIA GPU カードのみが、この追加のハードウェア アクセラレーションに貢献できます。 AMD カードと macOS プラットフォームには、必要な CUDA アクセラレーション テクノロジがありません。
 
重要: キャリブレーション、高密度化、およびスカイマスキングのプロセスは、推奨される Windows マシンと比較して、macOS では大幅に長くなります。

最低条件 (Windows および macOS)

  • Windows OS: Windows 10 or 11 (64 bit).
  • macOS: Monterey or Big Sur.
  • CPU: Quad-core or hexa-core Intel i5.
  • GPU: Any NVIDIA GPU that supports OpenGL 4.1 or higher.
  • RAM:
    • 32 GB (20 MP で 2,000 ~ 5,000 枚の画像)。
    • 64 GB (20 MP で 5,000 ~ 10,000 枚の画像)。
  • ディスク容量* :
    • SSD、150 GB ~ 300 GB の空き容量 (20 MP で 2,000 ~ 5,000 枚の画像)。
    • SSD、300 GB ~ 450 GB の空き容量 (20 MP で 5,000 ~ 10,000 枚の画像)。
 
重要 : Pix4D でテストされているデータセットの最大サイズには、20 MP で 10,000 個の画像が含まれます。 最適な処理を確保するために、10,000 を超える画像のデータセットを複数のプロジェクトに分割することをお勧めします。

推奨 (Windows のみ)

  • Windows OS: Windows 10 or 11 (64 bits).
  • CPU: Intel i7, i9, Xeon, or AMD Threadripper.
  • GPU: GeForce  GTX 10 series, or RTX series.
  • RAM:
    • 64 GB (20 MP で 2,000 ~ 5,000 枚の画像)。
    • 128 GB (20 MP で 5,000 ~ 10,000 枚の画像)。
  • ディスク容量* :
    • SSD、250 GB ~ 400 GB の空き容量 (20 MP で 2,000 ~ 5,000 枚の画像)。
    • SSD、400 GB ~ 550 GB の空き容量 (20 MP で 5,000 ~ 10,000 枚の画像)。
 
注* : 使用可能なディスク容量の推奨値には、画像の保存と結果のエクスポートに必要な容量は含まれていません。 また、 メッシュステップが処理され、3D メッシュがエクスポートされるケースについても適用されます。
 
重要 : この情報は Pix4D のテスト経験を反映したものであり、保証ではなく一般的なガイドとして使用する必要があります。 今後のmacOSの開発では、処理能力が大幅に向上することが期待されます。

この記事は役に立ちましたか?
22人中21人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。