新規データセット

 戻る  |  次へ 

新しいデータセットを作成するには:

  1. 「ドライブ」の左上で、「新規」「新規データセット」の順にクリックします。
  2. 「新規データセット」ウィザードが開きます。

1. データセットの作成

「データセットを作成」セクションで、

  1. 「Pix4Dcloud」ユーザーの場合)データセットの名前を入力します。
    「Pix4Dcloud Advanced」ユーザーの場合)データセットを既存のサイトに割り当てるか、新しいサイトを作成します。
  2. 次のいずれかのオプションを選択します:
    a) 処理をする画像をアップロードする
    b) 処理済みの結果をアプロードする

処理する画像をアップロードする

upload_images.png

新しいデータセットとしてアップロードした画像が処理されて、フォトグラメトリー処理のアウトプットが生成され、Webプラットフォームに表示されます。適用される処理オプションの詳細については、クラウドで使用されているテンプレートと処理オプションは?を参照してください。

  1. 「処理する画像をアップロードする」を選択したら、適用する処理テンプレートを以下から選択します:
    - 3D マップでは、垂直画像または斜め画像からオルソモザイク、DSM,点群、3Dメッシュが生成できます。
    - 3D モデルでは、斜め画像または地上撮影の画像から3Dメッシュと点群を生成します。
    処理テンプレートに関する詳細情報: 処理オプションデフォルトテンプレート.
  2. 次へをクリックします。
  3. 「2. 画像の選択」ステップの指示に従います。

処理済みの結果をアップロードする

upload_processed_results.png

  1. 「処理された結果をアップロードする」を選択したら、「作成」を選択します。

データセットが作成され、単一のアウトプットをアップロードできます。詳細については、結果とアウトプットをクラウドにアップロードする方法を参照してください。

2. 画像の選択

  1. 画像をドラッグ&ドロップするか、画像が保存されているフォルダを検索します。インプットの要件の詳細については、インプットを参照してください。
  2. (オプション)画像をさらに追加するには、別の画像をドラッグ&ドロップするか、「画像を選択」をクリックし、追加する画像が保存されているフォルダを参照します。
  3. (オプション)必要に応じて画像を削除します。
  4. 「Pix4Dcloud」ユーザーの場合)「作成」を選択し、データセットの作成を 完了します。インプットのアップロードが開始されます。
    「Pix4Dcloud Advanced」ユーザーの場合)「次へ」を選択し、「3. GCPの自動化」ステップの指示に従います。
重要:Pix4Dcloud AdvancedのユーザーがGCP自動検出機能を使用するには、画像に位置情報が含まれ、ファイルに書き込まれているジオタグがWGS84で指定されている必要があります。この2つの条件が満たされていない場合、この段階でデータセットの作成処理が終了します。

3. GCPの自動化

注:このステップはPix4Dcloud Advancedでのみ利用できます。

「GCP自動検出機能」を使用する場合

GCPデータを含むCSVファイルをアップロードする必要があります。 GCP自動検出機能の手順に従ってください。

GCPの自動化ステップが不要な場合

  1. 「スキップして処理」をクリックします。

データセットの作成を完了するための処理が開始されます。インプットのアップロードが開始されます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。