新規データセット

 戻る  |  次へ 

新しいデータセットを作成するには:

  1. ドライブの左上にある[ 新規 ]をクリックして、 新しいデータセット選択。
  2. 新しいデータセットウィザードが開きます。

新しいデータセット作成ワークフローは次の手順から構成されます。

1. データセットの作成

「データセットを作成」セクションで、

  1. 「Pix4Dcloud」ユーザーの場合)データセットの名前を入力します。
    「Pix4Dcloud Advanced」ユーザーの場合)データセットを既存のサイトに割り当てるか、新しいサイトを作成します。
  2. 次のいずれかのオプションを選択します:
    a) 処理をする画像をアップロードする
    b) 処理済みの結果をアプロードする

処理する画像をアップロードする

upload_images_for_processing.jpg

新しいデータセットとしてアップロードされる画像は、 3.テンプレートの処理に記載されているフォトグラメトリーアウトプットを生成するために処理されます。また、それらはWebプラットフォームに表示されます。

  1. 次へをクリックして続行。
  2. 2. 画像の選択 の手順に従ってください。

処理済みの結果をアップロードする

upload_processed_results.png

  1. 「処理された結果をアップロードする」を選択したら、「作成」を選択してデータセットを作成。
  2. 単一のアウトプットをアップロード。詳細については、 結果と出力をPix4Dcloudにアップロードする方法

次の手順は、アップロードされた出力には使用できません。

2. 画像の選択

  1. 画像をドラッグ&ドロップするか、画像が保存されているフォルダを検索します。インプットの要件の詳細については、インプットを参照してください。
  2. (オプション)画像をさらに追加するには、別の画像をドラッグ&ドロップするか、「画像を選択」をクリックし、追加する画像が保存されているフォルダを参照します。
  3. (オプション)必要に応じて画像を削除します。
  4. 次へを選択し、 3.処理テンプレート の手順の指示に従ってください。
重要: Pix4Dcloud Advancedユーザーは、 GCP自動検出機能 を使用するには、画像は垂直で位置情報があり、ジオタグはWGS84でなければいけません。これらの条件が満たされない場合、GCPの自動化ステップは利用できません。

3.処理テンプレート

このステップにより、ユーザーはプロジェクトの処理テンプレートを選択できます。様々な 処理テンプレートが利用可能です:

  • 3Dマップ :点群、3Dテクスチャメッシュ、オルソモザイク、およびDSM。高オーバーラップを使用したグリッドフライトプランから取得した、ほぼ地面に面した航空写真に最適。典型的な適用は採石場、地籍調査等です。
    出力に必要な品質は、次の項目で指定できます。
    • 品質 :高精度で優れた出力品質。 高速 オプションよりも長い処理時間が予想されます。
    • 高速 :出力品質が低くなります。取得したデータセットの品質評価に便利です。
  • 2Dオルソモザイク :オルソモザイクを生成します。農地などと言った平坦な地形でオーバーラップが高いグリッド飛行計画を使用して取得された空中画像に最適。
    出力に必要な品質は、次の項目で指定できます。
    • 品質 :高精度で優れた出力品質。 高速 オプションよりも長い処理時間が予想されます。
    • 高速 :出力品質が低くなります。取得したデータセットの品質評価に便利です。
  • 3Dモデル :3Dテクスチャメッシュと点群を生成します。 地上または斜めの航空写真(自由飛行)など、オーバーラップの高い画像に最適です。適用例は建物、オブジェクト、地上画像、屋内画像、点検などの3Dモデルです。
    出力に必要な品質は、次の項目で指定できます。
    • 品質 :高精度で優れた出力品質。 高速 オプションよりも長い処理時間が予想されます。
    • 高速 :出力品質が低くなります。取得したデータセットの品質評価に便利です。
  • AGマルチスペクトル :精密農業用のNDVIマップを生成します。 バンド専用センサーを備えたマルチスペクトルカメラでグリッド飛行計画を使用して高いオーバーラップで取得した航空写真に最適です。
重要: サポートされているマルチスペクトルカメラと画像のリストは農業プロジェクトを処理する方法 で確認できます。

processing_templates.jpg

処理テンプレートが選択されたら:

  1. 「Pix4Dcloud」ユーザーの場合)「作成」を選択し、データセットの作成を 完了します。インプットのアップロードが開始されます。
    「Pix4Dcloud Advanced」ユーザーの場合)「次へ」を選択し、3. GCPの自動化」ステップの指示に従ってください。

4. GCPの自動化

注: この手順は、 3Dマップまたは 2Dオルソモザイクテンプレートを3.処理テンプレートで選択しているPix4DcloudAdvancedユーザーのみ使用できます。

「GCP自動検出機能」を使用する場合

GCPデータを含むCSVファイルをアップロードする必要があります。 GCP自動検出機能の手順に従ってください。

GCPの自動化ステップが不要な場合

  1. 「スキップして処理」をクリックします。

データセットの作成を完了するためにプロジェクト処理が開始されます。インプットのアップロードが開始されます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。