2D/ 3Dビュー

 戻る  |  次へ 

フォトグラメトリーの結果は、対応する処理ステップが実行されてアウトプットがWeb表示に最適化された後でなければ、2D/3Dビューに表示できません。

レイヤー

左側のパネルに「レイヤー」が表示されます。利用可能なレイヤーは次のとおりです。

 
注:利用可能なレイヤーは、適用される処理オプション、画像、使用されるソリューションによって異なります。
  • annotation.png アノテーション:次の測定オブジェクトのグループで構成されます。
    • マーカー
    • 距離
    • 面積
    • 体積
    • 点検
  • generic_dataset__1_.png データセット:フォトグラメトリー処理中に生成された次のアウトプットを収集します。
    • orthomosaic.png オルソモザイク
    • dsm.png DSM
    • point_cloud.png点群
    • mesh.png3Dテクスチャメッシュ
  • ndvi.png 植生活性度(NDVI):NDVIマップを表示し(生成またはアップロードされている場合)、作成された「圃場」「圃場境界」を収集します。
  • layers__1_.png オーバーレイ:プロジェクトにアップロードされた「CADオーバーレイ」を収集します。
 
ヒント:「レイヤー」の順序、および「レイヤー」内のアイテムの順序は、ドラッグ&ドロップで変更できます。

名前またはタグによるフィルタリング

「レイヤー」パネルでレイヤーやレイヤー内アイテムを検索する際には、 検索を絞り込むのにフィルターが役に立ちます。

「レイヤー」タブの上部で、

  • 名前でフィルターする場合:レイヤーまたはアイテムの名前を入力します。
  • タグでフィルターする場合:タグを入力します。タグは検索プロセスを高速化するために、レイヤーに事前に登録されたものです。

2D/3Dビュー

 
注:3Dビューは点群が生成された後に使用できます。点群が生成される前は、2Dビューしか表示できません。

ユーザーは「ベースマップ」のボックスの下にある「2D」または「3D」をクリックして2Dビューと3Dビューを切り替えることができます。

  • 2Dビューには、2Dのアノテーションと2Dのアウトプットが表示されます。
  • 3Dビューには、3Dのアノテーションと3Dのアウトプットが表示されます。

ベースマップのボックスでは、Mapboxの道路地図と衛星地図を切り替えることができます。

2D/3Dツール

各種ツールを使用して、2Dビューおよび3Dビューでアノテーションの選択、変更、作成を行うことができます。詳細については、2D/3Dツールとアノテーションを参照してください。

表示オプションとコマンド

  • settings.png 表示設定
    • 2Dの場合:アノテーションのラベル(測定値)を有効または無効にすることができます。
    • 3Dの場合:3Dの背景の色の変更、アノテーションのラベル(測定値)の有効化または無効化、モデル内に表示する点密度の定義を行うことができます。
  • camera.png 画面キャプチャを撮影: このコマンドでは、現在のアクティブなビューのズームレベルで、ユーザーインターフェースを除外した画面キャプチャを撮影できます。
    • 2Dの場合:画面キャプチャには、選択された2Dレイヤーと選択されたベースマップ、アクティブなアノテーションとそのラベル(表示されている場合)が含まれます。
    • 3Dの場合:画面キャプチャには、選択された3Dレイヤーと選択された背景の色、アクティブなアノテーションとそのラベル(表示されている場合)が含まれます。
  • focus_on_gps_position.png 現在の位置を表示: (2Dでのみ使用可能)ユーザーの現在の位置を表示します。使用しているインターネットブラウザーのポップアップメッセージが表示されて、「Pix4Dcloud」によるユーザーの位置情報の追跡を許可するよう求められる場合があります。
  • focus_on_selection.png マップを中心へ: マップ/モデルを中央またはデフォルトの視点に揃えます。
  • zoom_in.png 拡大: マップ/モデルにズームインします。
  • zoom_out.png 縮小: マップ/モデルからズームアウトします。

レイヤーの詳細

ユーザーは、さまざまなアウトプットレイヤーとアノテーションレイヤー、およびその中のアイテムについて、詳細と設定を指定できます。

 
:特定のレイヤーやアイテムを検索するときに、レイヤーに関連付けられている名前とタグを使用して「レイヤー」タブをフィルタリングできます。

アノテーション、ライン、ポリゴン、体積、マーカー、点検

これらのレイヤーの詳細については、2D/3Dツールとアノテーションを参照してください。

オルソモザイク

「オルソモザイク」レイヤーをクリックすると、右側に詳細パネルが開きます。

 

  • 名前
  • (オプション)詳細
  • (オプション)タグ
  • 設定
    • 表示/非表示:レイヤーを表示または非表示に設定します。
    • 透過度:透過度を0~100の間で調整します。

DSM

「DSM」レイヤーをクリックすると、右側に詳細パネルが開きます。

 

  • 名前
  • (オプション)詳細
  • (オプション)タグ
  • 設定
    • 表示/非表示:レイヤーを表示または非表示に設定します。
    • 透過度:透過度を0~100の間で調整します。
    • 標高:レイヤーに表示されるポイントの標高間隔を定義します。

点群

「点群」レイヤーをクリックすると、右側に詳細パネルが開きます。

 

  • 名前
  • (オプション)詳細
  • (オプション)タグ
  • 設定
    • 表示/非表示:レイヤーを表示または非表示に設定します。
    • 標高:このオプションを有効すると、標高勾配を反映したカラースケールで点群のポイントに色を付けることができます。
    • ポイントサイズモード「適用」または「固定」を選択します。詳細については、3D点群の可視化を最適化する方法を参照してください。
    • ポイントサイズ:0.05〜10の間で係数を設定し、ポイントのサイズを拡大できます。

3Dテクスチャメッシュ

「3Dテクスチャメッシュ」レイヤーをクリックすると、右側に詳細パネルが開きます。

 

  • 名前
  • (オプション)詳細
  • (オプション)タグ
  • 設定
    • 表示/非表示:レイヤーを表示または非表示に設定します。
    • 透過度:透過度を0~100の間で調整します。

植生活性度(NDVI)

「植生活性度(NDVI)」レイヤーをクリックすると、右側に詳細パネルが開きます。

 

  • 名前
  • (オプション)詳細
  • (オプション)タグ
  • 設定
    • 表示/非表示:レイヤーを表示または非表示に設定します。
    • 圃場:このセクションには、作成された「圃場境界」のNDVI分布値が表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。