PIX4Dcatchのプロジェクトをエクスポートする方法(iOS/Android)

フォローする

PIX4Dcatch プロジェクトでキャプチャされた画像と生成されたログは、デバイスからエクスポートできます。 エクスポートされたファイルは、PIX4Dmatic、PIX4Dmapper を使用して保存および処理するか、手動で PIX4Dcloud にアップロードして処理することができます。 この記事は、デバイスで作成された PIX4Dcatch ファイルをエクスポートするときにユーザーが使用できるさまざまなオプションを説明しています。

外付けドライブを使用したエクスポート

  1. デバイスと外付けフラッシュドライブを接続します。
     
    ヒント: iXpandフラッシュドライブ/Type-Cフラッシュドライブはデバイスに直接接続できます USBフラッシュドライブを使用する場合、お使いのデバイスの入力ポートに応じてLightning - USBアダプタまたはUSB-C - USBアダプタを使用して接続してください。
     
    重要iOSデバイスでこの方法を使用できるのは、サポートされているiPhone/iPad対応アクセサリのみです。
  2. PIX4Dcatch アプリを起動します Pix4Dcatch logo
  3. ホーム画面で、 PIX4Dcatch project folder iconをタップします。 PIX4Dcatch project folder iconをクリックしてプロジェクトを選択します。
  4. ドロップダウン メニューをタップしPix4D vertical 3 dot more dropdown menu icon画面の右上隅にあるPix4D vertical 3 dot more dropdown menu iconをクリックして、さまざまなオプションを表示します。
  5. 次に、すべてのデータをエクスポート をクリックして、すべてのローデータをエクスポートします。

    Pix4Dcatch export options menu

    PIX4Dcatchのプロジェクトがエクスポートできるようになり、エクスポートダイアログが表示されるようになりました。

  6. 共有オプションを含む新しいウィンドウが表示されます。 ”ファイル”に保存 をタップします。

    Pix4Dcatch save file method

    PIX4Dcatchのプロジェクトファイルのエクスポート先を選択します。

  7. エクスポートするハードウェアのリストが表示されます。 外付けフラッシュドライブを選択し、「保存」をタップします。
  8. 外付けフラッシュメモリーを使用して、プロジェクトをコンピューターにコピーします。

Google ドライブまたはその他のファイル共有オプションを使用したエクスポート

 
注: 以下の手順を使用して、Dropbox、Box、Microsoft OneDrive などのファイル共有オプションを使用して画像を共有することもできます。

Apple の AirDrop を使用して、iPhone/iPad から Mac コンピュータに画像を直接転送できます。

  1. PIX4Dcatch アプリPix4Dcatch logoを起動します。
  2. ホーム画面で、 PIX4Dcatch project folder iconをタップします。 PIX4Dcatch project folder iconをクリックしてプロジェクトを選択します。
  3. 画面右上にあるドロップダウンメニュー、Pix4D vertical 3 dot more dropdown menu iconをタップするとさまざまなオプションが表示されます。
  4. 次に、 すべてのデータをエクスポート をタップして、すべてのローデータをエクスポートします。

    Pix4Dcatch export options menu

    PIX4Dcatchのプロジェクトがエクスポートできるようになり、エクスポートダイアログが表示されるようになりました。

  5. AirDrop、電子メール、Google Drive、Dropboxなどの共有オプションが表示された新しいウィンドウが表示されます。 Google ドライブをタップします。

    Pix4Dcatch save file method

    PIX4Dcatchのプロジェクトファイルのエクスポート先を選択します。

  6. フォルダを選択をタップして、保存先のフォルダを選択します。 保存先フォルダを選択したら、「アップロード」をタップします。

    Pix4DcatchExportGoogleDrive.jpg

    PIX4Dcatchのプロジェクトファイルの保存先フォルダを選択します。

  7. プロジェクトは圧縮ファイルとして保存されます。 ファイルをダウンロードし、7-Zipなどのファイル解凍ツールで解凍してください。 オンラインの Zip解凍ツール を使用して、Google ドライブのファイルを抽出することもできます。
    • プロジェクト上で右クリック > プログラムから開く> ZIP解凍ツール >Extract button.

      PIX4Dcatch using zip extractor

      Google Drive Zip Extractor を示す図。

    • 抽出が完了したら、view files buttonをクリックして、抽出されたファイルにアクセスします。

SMB 共有を使用したエクスポート

iOS 13以降を搭載しているiPhone/iPadユーザーの場合、既存の個人または職場のSMB共有にFilesアプリから直接接続することが可能です。

デバイス上の SMB 共有に接続する方法。

まだ接続されていない場合は、このオプションをエクスポートできるようになる前に、SMB共有をデバイスに接続する必要があります。 SMB共有を初めて設定する場合は、次の手順が参考になります。

  1. ファイルアプリview files buttonを開きます。
  2. 画面下部の参照タブを選択します。
  3. もっと見るアイコンapple 3 dot more iconをタップします。
  4. サーバーへの接続connect to server iconを選択します。
  5. 接続する SMB 共有のネットワーク IP アドレスを入力します。 完了したら 接続 をタップします。
  6. 新しい共有は、[参照] メニューの [共有] 領域の下に表示されます。 タップすると、その共有にあるファイルにアクセスできます。
 
注:一度設定したSMB共有は、必要なときにいつでも利用できるようになります。 他のアプリケーションでファイルやデータを開いたり保存したりする場合でも、ファイルアプリケーションを通じてアクセスすることができます。

SMB 共有へのエクスポート

デバイスにリンクされたSMB共有を使用すると、SMB共有内の任意のフォルダーにファイルをエクスポートしたり、必要に応じて新しいフォルダーを作成したりできます。

  1. PIX4Dcatch アプリPix4Dcatch logoを起動します。
  2. プロジェクト フォルダーprojects folder iconをタップし、エクスポートするプロジェクトを選択します。

    PIX4Dcatch trench captured project

    PIX4Dcatchのプロジェクトがエクスポートできるようになりました。

  3. ドロップダウン メニューPix4D vertical 3 dot more dropdown menu iconをタップし、エクスポートするファイルを選択します。
  4. ファイルに保存 apple folder iconを選択し、リンク先の SMB 共有を選択します。
  5. 保存先フォルダを選択または作成し、[ 保存 ] をタップします。

この記事は役に立ちましたか?
17人中12人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。