(Android, iOS) 設定

フォローする
Book.png
スタートガイド
Gear.png
設定

 

アクセス:iOS 版では、mceclip0.pngをタップし、アンドロイド版ではDefault1.pngをタップしてください。
設定 説明

 

Image trigger method(画像トリガー方法)

 

Device Pose(デバイスの動き):デバイスの動きや回転に応じて画像が取得されます

  • Distance(距離):デバイスが指定の距離を超えて移動したときにトリガーします。デフォルト値は10cmです。この距離は1cm~100cmの範囲で設定できます。
  • Angle(角度):デバイスが指定の角度を超えて回転したときにトリガーします。デフォルト値は20°です。この角度は1°~45°の範囲で設定できます。

Device Pose(デバイスの動き):デバイスの動きや回転に応じて画像取得がトリガーされます

Image Overlap(画像オーバーラップ):画像のオーバーラップ率に応じて画像取得をトリガーします。

  • Overlap(オーバーラップ):オーバーラップ率が指定値を下回ったときにトリガーします。デフォルトのオーバーラップ率は95%です。75%~99%の範囲で設定できます。

Advanced Settings(詳細設定)

 

 

VIEW(ビュー)

  • (アンドロイド、iOS) Shown Cameras(カメラを表示):取得された画像それぞれに対応するカメラインジケーター(画像ピラミッド)を表示します。
  • (アンドロイド、iOS) Show Feature Points(特徴点を表示):デバイスによって検出された特徴点を表示します。特徴点が多いほど精度が高まります。
  • (iOS) Show Overlap(オーバーラップを表示):メッシュの色を変えてオーバーラップ済みの部分を示します。LiDARセンサーを搭載したデバイスでのみ選択できます。
  • (iOS) Mesh | Wireframe(メッシュ | ワイヤーフレーム):メッシュまたはカメラをワイヤーフレームとして表示します。
  • (iOS) Show Movement Path(移動経路を表示):画像取得中のデバイスの移動経路を示す点を表示します。

MESH COLOR(メッシュ色):メッシュやカメラインジケーターの色を、以下のカラーバンドに基づいて調整できます。値の範囲は0~1です。

  • Red(赤)
  • Green(緑)
  • Blue(青)
  • Opacity (不透明度)

OTHER(その他)

  • (アンドロイド、 iOS) Auto Focus (オートフォーカス):カメラの設定をオートフォーカスにします。
  • (iOS) Skip Low Quality Images(低画質画像をスキップ)デバイスの動きが速すぎて画像が取得されないか確認します。画像の取得中に、画面に警告メッセージが表示されます。
  • Save Video(動画を保存):画像取得の動画を保存します。

OTHER(その他)

 すべての設定をリセットして、デフォルト設定に戻します。

この記事は役に立ちましたか?
10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。