Pix4Dcatch - よくあるご質問

フォローする

本記事の内容

Pix4Dcatchとは?
Pix4Dcatchアプリはどこでダウンロードできますか?
Pix4DcaptureとPix4Dcatchの違いは?
Pix4Dcatchでサポートされているオペレーティングシステムは?
インターネットに接続できないときでもPix4Dcatchを使用できますか?
推奨デバイスは?
デバイスから取得したLiDARデータ(深度データ)は処理に利用されますか???
PIX4Dcatchは、画像取得時や処理時にLiDARデータをどのように活用していますか??
再構成したモデルの精度はどの程度ですか?
モバイル画像にRTKジオタグを付けるにはどうしたらよいですか?
viDoc RTK Roverはどのように購入できますか?
PIX4DcatchのプロジェクトにGCPを含めることはできますか?
ドローンの画像をPIX4Dcatchのデータセットに合成するにはどうすればいいですか?
Compass Calibrationサービスを有効にするには?
自分のアプリで直接Raw画像やネイティブ画像にアクセスできますか?
画像の解像度を選択することはできますか?
PIX4Dcloudに直接画像をアップロードして、アプリで加工できますか??
アプリから画像をエクスポートできますか?
PIX4Dcatchは、モバイルデバイス上で直接3Dモデルを処理するのですか?
PIX4Dcatchはどの言語で利用できますか?
PIX4Dcatchの価格はいくらですか?
製品に関するフィードバックや機能要望はどこに提出すればよいですか?
PIX4DcatchとviDoc RTKローバーで互換性のあるジオイドはどれですか?

Pix4Dcatchとは?

Pix4Dcatchは、アンドロイドやiOSデバイスで地上3Dスキャンを行うためのモバイルアプリケーションです。Pix4Dcatchを使用すると、専門知識がなくても対象物の正確な地上データを簡単に取得してデジタル化し、精度の高い3Dモデルを生成することができます。

Pix4Dcatchアプリはどこでダウンロードできますか?

Pix4Dcatchの最新バージョンをダウンロードするには、以下のWebサイトにアクセスしてください。
Appストア
Playストア

Pix4DcaptureとPix4Dcatchの違いは?

Pix4Dcaptureは、空中撮影用のフライトプラン作成と画像取得のためのアプリケーションです。一方、Pix4Dcatchは、アンドロイドとiOSデバイスを使用した地上3Dスキャンのためのモバイルアプリケーションです。

Pix4Dcatchでサポートされているオペレーティングシステムは?

現在、Pix4DcatchはiOSバージョン14.1以降またはアンドロイドバージョン9以降が動作するデバイスでサポートされています。

インターネットに接続できないときでもPix4Dcatchを使用できますか?

アプリを起動してログインする時に、インターネット接続が必要になります。一度ログインが完了すれば、インターネット接続がなくても画像を撮影できます。ただし、3Dモデルを生成するためにデータをPix4DcloudやPIX4Dcloiud Advancedにアップロードする際には、インターネットに接続する必要があります。

viDoc RTKローバーを使用する場合は、NTRIPサービスに接続するためにデータ取得時にインターネットに接続している必要があります。

推奨デバイスは?

  PIX4Dcatchのみ PIX4DcatchとLiDAR PIX4DcatchとviDoc RTK rover
iOS Any Apple iPhone or iPad** device (iOS 14.1以上) iPad Pro 2022*,
iPad Pro 2021*,
iPad Pro 2020*,
iPhone 14 Pro,
iPhone 14 Pro Max,
iPhone 13 Pro,
iPhone 13 Pro Max,
iPhone 12 Pro,
iPhone 12 Pro Max

iPad Pro 2022 (11in only),
iPad Pro 2021 (11in only),
iPad Pro 2020 (11in only),
iPhone 14 Pro,***
iPhone 14 Pro Max,***
iPhone 13 Pro,
iPhone 13 Pro Max,
iPhone 12 Pro,
iPhone 12 Pro Max,
iPhone 11 Pro,
iPhone 11 Pro Max,
iPhone XR

Android ARCore能力のある Android機種なら全て サポート対象外 サポート対象**

 

*Wi-FiのみのiPadモデルには、GPSが内蔵されていません。このため、viDoc RTKローバーと併用しない限り、プロジェクトはジオロケーションされません。

**オフセットを測定し、入力する必要があります。詳しくはこちら。オフセットの測定方法 - PIX4Dcatch (Android)とviDoc RTK rover.

***新しいiPhone 14 Proモデルは、PIX4DcatchとviDoc RTKローバーに対応しています。正式なカメラオフセットが提供されるまでは、iPhone 13 Proモデルのオフセットが適用されます。この2つのバージョンには、数ミリの差があるようです。正確な測定値が提供されるまでは、この程度の誤差は存在することになります。

 

デバイスから取得したLiDARデータ(深度データ)は処理に利用されますか???

PIX4Dcatch (iOS版) では、画像取得時にLiDARを使用して周囲の深度情報を取得します。反射面や低テクスチャ面では3Dポイントが不足しますが、LiDARのポイントによって補うことができます。PIX4Dcloud / PIX4Dcloud Advancedにアップロードする際は、LiDARデータで処理することがデフォルトで選択されています。エクスポートしたプロジェクトをPIX4Dmaticで処理することで、深度情報を利用することができます。

PIX4Dcatch (Android版) では、処理中に深度情報を使用しません。

PIX4Dmapperでエクスポートしたプロジェクトを処理する場合、深度情報は使用されません。そのため、深度情報を利用するためには、PIX4DcatchアプリからPIX4Dcloudに直接アップロードするか、PIX4Dmaticでプロジェクトをエクスポートして処理する必要があります。

PIX4Dcatchは、画像取得時や処理時にLiDARデータをどのように活用していますか??

画像取得中、LiDARセンサーには以下のような利点があります。:

  • キャプチャ中にLiDARセンサーによって生成されるリアルタイムフィードバックが、重要な部分を十分にカバーしているか把握することをサポートします。
  • 画像を自動的に取得する際の、デバイスの位置と姿勢の情報を微調整します。
  • 大まかな推定しかできないデバイス内蔵のGPSと比較して、実世界でのプロジェクトの位置を特定するのに役立ちます。

処理では、LiDARデータは2つの方法で直接使用されます:

  • より正確な復元寸法を推定します。
  • 写真測量だけでは再構成できない低テクスチャ領域を埋めることができます。

なお、LiDARデータを使用する場合でも、すべての画像において目に見える特徴が必要です。

 
例: 反射面や均質な面は復元が難しく、画像から生成された高密度な点群には穴があいている可能性が高いです。そのような場合、深度マップから生成した点群を使って、穴を埋めることができます。

Dense_compare_ex.jpg

画像から生成した高密度点群。コンクリートだけでなく、プラスチック製のバリアにも穴が開いていることに注意。

Depth_compare_ex.jpg

LiDARの深度マップからの深度点群。反射面と均質面が再構成されている。

Fused_compare_ex.jpg

高密度と深度の点群を融合したもの。コンクリートやプラスチックのバリアの穴が埋められている。

再構成したモデルの精度はどの程度ですか?

ジオロケーションの絶対精度は、画像のジオリファレンスの方法と、プロジェクトでGCPが使用されているか否かに依存します。

  • 統合された (スマートフォンの) GNSSセンサーでは、 絶対精度は数メートルと予想されます。
  • viDoc RTK Roverを利用すると、絶対精度は数センチメートルの範囲になる可能性があります。 詳しくはこちら: PIX4Dcatch と viDoc RTK rover を使用する方法.
  • GCPsを利用した場合、絶対精度はGCPの誤差の範囲に収まることが予想されます。

研究の結果、絶対位置精度5cm以下の3Dモデルを実現することが可能であることが判明しました。詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

再構成されたモデルの相対精度は、地上解像度(GSD)の1~3倍の範囲になると予想されます。
詳細は、以下記事でご確認ください。

What is the relative and absolute accuracy of mapping

モバイル画像にRTKジオタグを付けるにはどうしたらよいですか?

PIX4Dcatchアプリをダウンロードし、viDoc RTK roverを購入する必要があります。

RTK補正はNTRIPサービスを介して転送されるため、お住まいの地域に対応したNTRIPサービスの契約も必要です。

PIX4DcatchアプリとviDoc RTKローバーをBluetoothで接続すると、画像にviDoc RTKローバーからの正確な位置が自動的にジオタグ付けされます。

詳細は、PIX4DcatchとviDoc RTKローバーの使い方の記事でご確認ください。

viDoc RTK Roverはどのように購入できますか?

viDoc RTKローバーの購入については、弊社に直接お問い合わせください。

PIX4DcatchのプロジェクトにGCPを含めることはできますか?

画像をエクスポートし、PIX4DmapperまたはPIX4DcloudでGCPを使用して処理することにより、GCPをPIX4Dcatchプロジェクトに統合することができます。詳しくは、PIX4DcatchのプロジェクトにGCPを組み込む方法をご覧ください。

ドローンの画像をPIX4Dcatchのデータセットに合成するにはどうすればいいですか?

PIX4DmaticやPIX4Dmapperで、PIX4Dcatchの地上画像データとドローン空撮データを結合することが可能です。プロジェクト間に十分なオーバーラップがある状態でデータを取得し、マニュアルタイポイントを使用して2つのプロジェクトを統合してください。地上解像度(GSD)をできるだけ近づけることをお勧めします。GSD間のばらつきが大きいと、プロジェクトの結合に支障をきたす場合があります。

詳細はこちらHow to merge projects

Compass Calibrationサービスを有効にするには?

iOS版PIX4Dcatchでより正確な方位を得るためには、Compass Calibrationを有効化する必要があります:

  • [設定]アイコンをクリックします。
  • [プライバシー]を選択します。
  • [位置情報サービス "を選択します。
  • [システムサービス]を選択します。
  • コンパスキャリブレーションをオンにします。

自分のアプリで直接Raw画像やネイティブ画像にアクセスできますか?

ログインしているユーザーなら誰でも、撮影した画像にアクセスしたり、エクスポートしたりすることができます。また、PIX4Dcloudのライセンスを使って画像にアクセスすることも可能です。画像は、まずPIX4Dcloudにアップロードしてから、ダウンロードする必要があります。

画像の解像度を選択することはできますか?

iOS Apple

Apple iOS 16がインストールされている場合、PIX4Dcatchのプロジェクトをキャプチャする際に解像度を選択することが可能です。具体的に利用できる解像度は、各デバイスによって異なります。現在の解像度は、デフォルトの選択として残ります。

詳しくはこちら: 設定 - PIX4Dcatch

 
重要: 高解像度を選択すると、アップロードや処理時間の増加、 ストレージの追加要件など、リソースへの依存が増加します。

Android

ARKit/ARCoreの制限により、画像解像度を選択することができません。 その場合、PIX4Dcatchはそれに対応した調整を行います。

PIX4Dcloudに直接画像をアップロードして、アプリで加工できますか??

はい。PIX4DcloudまたはPIX4Dcloud Advancedのライセンスまたはトライアルをお持ちの場合のみ、画像をクラウドにアップロードして処理することが可能です。

詳しくはこちら: PIX4Dcloud / PIX4Dcloud Advancedでのアップロードと処理方法.

アプリから画像をエクスポートできますか?

Pix4Dアカウントをお持ちの全てのユーザーは、アプリから画像をエクスポートすることができます。詳しくはこちら:How to export PIX4Dcatch projects (iOS/Android).

PIX4Dcatchは、モバイルデバイス上で直接3Dモデルを処理するのですか?

いいえ。正確な3Dモデルを処理するためには、有効なPIX4Dcloud、PIX4Dmatic、PIX4Dmapperのライセンス、またはトライアル版が必要です。

PIX4Dcatchはどの言語で利用できますか?

PIX4Dcatchは、英語と日本語でご利用いただけます。

PIX4Dcatchの価格はいくらですか?

PIX4Dcatchはプロジェクトをキャプチャするための無料アプリケーションです。有効なPix4Dアカウントを持っていれば、キャプチャしたプロジェクトを無料でエクスポートすることができます。ただし、データセットをPIX4Dcloudにアップロードするには有効なPIX4Dcloudのライセンス/トライアルが、エクスポート後にローカルで処理するには有効なPIX4DmaticまたはPIX4Dmapperのライセンス/トライアルが必要です。

詳しくはこちら:

PIX4Dcatchのテクニカルサポートを受けるにはどうすればよいですか?

技術的なご質問は、Pix4Dをご利用のお客様、および体験版をお持ちのお客様は、サポートチームまでお問い合わせください。

まだお客様ではないのですか?営業担当にお問い合わせください。

 

製品に関するフィードバックや機能要望はどこに提出すればよいですか?

Pix4D コミュニティで活用事例を共有したり、他のユーザーのフィードバックに投票することで、お客様のニーズを把握することにご協力ください。

PIX4DcatchとviDoc RTKローバーで互換性のあるジオイドはどれですか?

この記事は役に立ちましたか?
10人中9人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。