標高プロファイルの作成方法

標高プロファイルを作成

  1. 点検を開く。
  2. 2Dまたは3Dビューを選択。 正しい開始点と終了点が指定されるよう3Dビューを推奨します。
  3. 距離や標高を測定:次をクリック ic_line_black.pngまたは アノテーションレイヤーにカーソルを置いて、add__1_.pngをクリックし、距離や標高を測定を選択。
  4. (ポリ)ラインを描く。ダブルクリックして終了。
  5. 右側の詳細パネルで、 標高プロファイルを作成にクリック 。

標高は、(ポリ)ラインの各ピクセルのDSMから計算されます。デフォルトとして、解像度はプロジェクトのGSDです。

標高プロファイルで測定

elevation_profile.png

下部のパネルで、曲線に沿ってマウスを動かして各位置の標高を表示。より正確に表示するにはズームインしてください。曲線のズームレベルは、 高度プロファイルパネルズームをリセットをクリックしてリセットできます。

横軸は、(ポリ)ラインの長さを表し、原点(値=0)は最初にクリックされたポイントです。

縦軸はモデルの標高を表します。

標高プロファイルをエクスポートする

標高プロファイルパネル で、 export.png をクリックし、 標高プロファイルをCSVファイルとしてエクスポートし、そのすべての3Dポイントをデスクトップに保存。

次の列がエクスポートされます。

  • X Y :出力座標系での水平座標。
  • Z :出力鉛直座標系の鉛直座標。アカウントの設定によってメートル単位、または帝国単位で表示。
  • 距離 :プロファイルの原点からの地上での距離。アカウントの設定に応じてメートル単位または帝国単位で表示。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。