オフラインベースマップとミッション

特定のワークフローに従えば、Pix4Dscanを使用するタブレットもしくはスマートホンでインターネット接続がなくても、位置情報サービスを利用することができます。特に遠隔地でマッピングを行う際に便利です。

現場のミッション中マップビューを確認するには、オフラインマップを保存しなければいけなく、その保存にはインターネット接続が必要です。

現場でインターネットなしで飛行するには、次の手順をお勧めします:

1.事前にインターネット接続のある環境でPix4Dscanを開く。

1.1. インターネット接続をオンにする。
1.2. アプリを開いて必要に応じてログイン。
1.3. ダッシュボードで、アプリをドローンに接続し、タップ。 飛行開始.
1.4. マップ ビューで、ストリート もしくは 衛星 スタイルにて、対象エリアに焦点を当てる。

 
ヒント: 効率的に作業を行うには:
  • 周囲のタイルをロードするために飛行計画の周りを移動します。
  • これらの操作を異なるズームレベルで繰り返します。高レベルのズームを得るには、飛行エリアをカバーするよう注意ください。
  • タイルが正しくロードされるように、各移動の間に少し待ってください。

1.5. タブレットまたはスマートホンのホームボタンを押して、アプリを終了せずに出る。

 
重要 :この段階では、ログインにインターネット接続が必要になるため、アプリを終了し、ログアウトしないことが非常に重要です。次のケースでアプリはログイン状態を保持します:
  • 終了せずにPix4Dscanを出る。
  • スマートホンの再起動またはオン・オフ。

2.インターネットに接続せずにミッションを飛行。

2.1. デバイスの位置情報サービスを有効化。
2.2. アプリを開く。
2.3 ドローンに接続。
2.4 飛行ミッションを選択し、飛行。

これらの手順を実行すると、 マップビューでキャッシュされているエリアにおいて背景マップがインターネットに接続していなくても利用できます。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。