Pix4Dscan - マニュアル

Book.png
マニュアル
Gear.png
設定

このガイドは、Pix4Dscanで利用可能なすべての機能を説明することを目的としています。アプリを最適な状況で操作できるようゆっくりお読みになることをお勧めします。

このマニュアルは次のカテゴリに分かれています:

   

ログイン

Pix4Dscan を開くたびにログインウィンドウが表示されます:

  1. Pix4Dユーザーアカウントのメールアドレスとパスワードを入力。
  2. ログインをクリック。
注:インターネット接続は、アプリを立ち上げる度、ログインするために必要です。ログインが完了すると、インターネットは接続は必要でなくなります。

ダッシュボード

ダッシュボードはログイン後に表示されます。

Dashboard.png

ダッシュボード からはいくつかのアクションが実行できます。

  • ドローン選択メニューとステータス :ドロップダウンメニューからサポートされているドローンを選択し、ステータスが接続済みであることを確認。
  • 設定menu.pngにタップして設定にアクセス。詳細は: Pix4Dscan-設定
  • 飛行開始:ボタンは、ドローンが接続されている場合にのみ使用できます。 飛行ミッション開始をタップして飛行を実行。

飛行を開始するにはドローンに接続している必要があり、安全性とセキュリティの設定 の確認をお勧めします。

飛行開始をタップすると、フライトビューおよび マップビューが表示されます。

フライトビュー

フライトビューがデフォルトで拡大されています。ドローンからリアルタイムのビデオを表示します。飛行を追跡しながら、取得する画像の質について視覚的な情報を取得するために必要になります。

ビデオフィードは取得する画像と同じ明るさとホワイトバランスを反映しています。

注: フライトビューは、ドローンが接続済みになっている場合のみ表示されます。

フライトビューでは、次のカメラ設定を調整できます:

  • ホワイトバランスタイプ 、気象条件による。ホワイトバランスオプションは次のとおりです:
    • weather_sunny.png太陽光 : 晴天時のホワイトバランスを最適化。
    • weather_cloudy__1_.png曇点 :曇天時のホワイトバランスを最適化。
    • auto_white_balance.pngオート :ホワイトバランスを自動的に最適化。
  • EV値補正:-3から3までの露出値補正。

一般的な推奨事項:

気象条件 露出値(EV値) ホワイトバランス
晴れ -0.3 太陽光
おおむね曇り 0.0 太陽光
曇り 0.0 オート

マップビュー

マップビューは、ベースマップを含む画面を表示します。 マップビューをカスタマ設定するには、インターフェイス設定をご確認ください。詳細については: 設定

デフォルトとして、マップビューは最小化されています。マップビューを拡大するには、左下にあるマップボックスにタップ。

注: マップビューは、インターネット接続のある環境で使用できます。現場でインターネット接続がない場合、マップは事前にメモリにキャッシュすることができます。詳細情報は: Pix4Dscanを使用するにはインターネット接続が必要ですか?

地図上を移動、ビューをズームインとズームアウトし、チルトを変更することが可能です。

マップビュー

  • homepoint.png ホームポイントの位置を意味します。
  • drone_0.75.png ドローンの位置を表示します。
  • GPS_marker0.5.png デバイス(タブレット、スマホ)の位置を表示します。円の半径が大きいほど、GPSの位置の精度が高いことを意味します。
  • poi.png 対象物の位置を表します。
  • マップの現在の方向を示すアイコン。
  • スケールは、マップの縮尺を表します。
  • 衛星ストリートベースマップを切り替えるボタン。

focus_on_drone.png をタップし、 マップビューをドローンの位置の中央に配置します。

フライトビューに戻るには、camera_view.png をタップ。

ステータスバー

トップバーは、ミッションを飛行する前と飛行する際中に重要な、さまざまなアイテムのステータスを監視するための状態を表示ます。

飛行モード:ドローンが飛行しているモードを示します。それぞれのモードは次のとおり:

  • 手動飛行リモートコントローラでドローンを操作し、離陸、着陸、対象物に飛んでミッションを設定するとき。
  • 飛行ミッション中 自動飛行ミッション中
  • 上陸への移動上陸時またはRTH時。
  • 上陸中 地面に着陸したとき

接続とデータリンクの質:ドローンへの接続とデータリンクの質を監視。それぞれのモードは次のとおり:

  • 接続済み。接続済み状態で、接続状況が弱くなっている際、異なるデータリンクの質の種類が検出できるため、信号損失を抑制できます。
  • 未接続。ミッション中に接続が失われた場合、ドローンは安全とセキュリティ設定 通り動作します。ミッションは一時停止され、後で再開できます。

drone_battery.png ドローンバッテリー:ドローンのバッテリーレベルを表示します。

  • バッテリーが十分残っている場合は緑色。
  • バッテリー残量が30%未満になると、注意が表示され、アイコンがオレンジ色に変わります。
  • 安全とセキュリティ設定の低バッテリーレベルに到達すると赤色に変わります。この時点でドローンはドローンメーカーアプリの設定に従います。

controller_battery.png コントローラーバッテリー:コントローラーのバッテリーレベルを表示します。

  • バッテリーが十分残っている場合は緑色。
  • バッテリー残量が30%未満になると、注意が表示され、アイコンがオレンジ色に変わります。
  • 20%に達すると、低バッテリー(赤色)になります。

memory_card-outline.pngメモリカードの空き容量:メモリカードの空き容量を表示します。

  • 十分な空き容量がある場合は緑色。
  • 空き容量が3 GB未満の場合はオレンジ色。
  • 空き容量が非常に少ない(1 GB未満)場合は赤色。

satellite.png衛星信号受信数とGPS信号:GPS信号の強さと測位に使用できる衛星の数を表示します。

  • 最低6つの衛星が必要です。
重要: 上記のいずれかのステータスが重大なレベルになっている場合、飛行前にチェックが入り、ミッションが開始または再開するのが防止され、注意ポップアップとしてユーザーに通知されます。

設定

menu.png をタップし、設定にアクセス。

手動飛行モードでは、いつでも設定が変更できます。使用可能な設定の詳細は: Pix4Dscan-設定

テレメトリー

テレメトリーバーは飛行の重要な特性を表示します。

drone_speed.pngドローンの速度。ドローンの速度を表します。
distance_from_homepoint.pngホームポイントまでの水平距離。ホームポイントまでの地上面での距離を表します。
altitude.png 高度 離陸点を基準にして。
camera_angle.pngジンバルピッチ。カメラの向きを示します。
  • ジンバルピッチ= 0°の場合、カメラが前方を向いていることを意味します。
  • ジンバルピッチ= -90°の場合、カメラが天底に向いていることを意味します。

リターントゥホーム

go_home.png をタップして、ドローンをホームポイントに戻す。

飛行ミッション中、アプリまたはコントローラーでリターントゥホームボタンが押されたとき:

 
リターントゥホーム設定は、 Pix4Dscan-設定に説明されている通り変更できます。

飛行ミッションタイプ

新しい飛行ミッションを作成するには画面の右側で、add_mission.png をタップ。

複数のミッションタイプが利用可能です:軌道、円柱、通信タワー飛行ミッション が実行できます。

情報:通信タワー飛行ミッションは Inspect-Telecom ライセンスのみで使用できます。詳細については: セールスに問い合わせ

終了をタップして、飛行ミッション作成メニューを終了します。

orbit_mission_type.png軌道飛行ミッション

対象の中心を設定

対象の中心を設定するためのアニメーションがユーザーを案内します。

  1. 手動飛行モードで構造物・タワーの上にドローンを配置
  2. 以下の条件が満たされている状態で設定をタップ。
  • フライトビューで、緑色のターゲットが構造物・タワーの中心を指している。
  • ジンバルピッチの角度が-90°(天底を向いている)である。そうするには、コントローラを使用するか、 -90に設定 ° をタップ。
  • 高度 が20 m以上であること。
  • GPS信号が十分に強いこと。ミッションを開始するには、少なくとも6つの衛星との接続が必要です。

ミッションのプロパティを設定する

次のプロパティは、右側のパネルで変更できます。

  • 軌道ごとの画像数:軌道ごとの画像枚数を設定します。

パネルのパラメータで設定されるのではなく、半径、高度とジンバルピッチは、スクリーンのビデオフィードに基づいています。つまり、ドローンのコントローラで手動で調整される、ドローンの位置に基づいている。

  • 半径: 軌道の半径の距離を表します。
  • 高度: 軌道の高度を表します。
  • ジンバルピッチ: カメラのピッチ角を表します。
パラメーター 赤色の値の範囲 オレンジ色の値の範囲 緑色の値の範囲
半径 0-5 m 6-7m 8m以上
高度 - 0-14m 15m以上
ジンバルピッチ - -90-(-61)° / -29-1° 0-90° / -60-(-30)°
 
重要: 赤色の値は、ミッションの開始を無効にします。オレンジ色の値はミッションの開始を無効にしませんが、推奨する値ではありません。緑色の値は、推奨値の範囲内にあります。

飛行ミッション開始をタップ。ドローンは飛行ミッション モードに入り、飛行ミッションが開始されます。

cylinder_mission_type.png円柱飛行ミッション

対象の中心を設定

対象の中心を設定するためのアニメーションがユーザーを案内します。

  1. 手動飛行モードで構造物・タワーの上にドローンを配置
  2. 以下の条件が満たされている状態で設定をタップ。
  • フライトビューで、緑色のターゲットが構造物・タワーの中心を指している。
  • ジンバルピッチの角度が-90°(天底を向いている)である。そうするには、コントローラを使用するか、 -90に設定 ° をタップ。
  • 高度 が20 m以上であること。
  • GPS信号が十分に強いこと。ミッションを開始するには、少なくとも6つの衛星との接続が必要です。

ミッションのプロパティを設定する

次のプロパティは、右側のパネルで変更できます。

  • 垂直線: ウェイポイントの垂直線の数を表します。
  • 垂直線ごとの画像数:垂直線ごとの画像枚数を設定します。
  • 最低高度: ドローンが飛行ミッションを飛ぶ際の最低高度。本値は少なくとも最高高度より10 m低くする必要があります。
    現行のもので設定をタップして、値をドローンの現在の高度に設定します。
  • 最高高度: ドローンが飛行ミッションを飛ぶ際の最高高度。本値は少なくとも最低高度より10 m高くする必要があります。
    現行のもので設定をタップして、値をドローンの現在の高度に設定します。
  • 対象の高さ: 軌道の高さを表します。
    現在のもので設定をタップして、値をドローンの現在の高度に設定します。
  • 半径: 軌道の半径の距離を表します。最低値は8m。

飛行ミッション開始をタップ。ドローンは飛行ミッション モードに入り、飛行ミッションが開始されます。

cell_tower.png 通信タワー飛行ミッション

対象の中心を設定

対象の中心を設定するためのアニメーションがユーザーを案内します。

  1. 手動飛行モードで構造物・タワーの上にドローンを配置
  2. 以下の条件が満たされている状態で設定をタップ。
  • フライトビューで、緑色のターゲットが構造物・タワーの中心を指している。
  • ジンバルピッチの角度が-90°(天底を向いている)である。そうするには、コントローラを使用するか、 -90に設定 ° をタップ。
  • 高度 が20 m以上であること。
  • GPS信号が十分に強いこと。ミッションを開始するには、少なくとも6つの衛星との接続が必要です。

対象の高度を設定

対象の高度を設定するためのアニメーションがユーザーを案内します。

  1. 手動飛行モードでドローンをタワーの最高点に配置。
  2. 以下の条件が満たされている状態で設定をタップ。
  • フライトビューで、緑色のターゲットが構造物・タワーの中心を指している。
  • ジンバルピッチの角度が0°(水平を向いている)である。そうするには、コントローラを使用するか、 0に設定 ° をタップ。
  • 高度 が20 m以上であること。
  • GPS信号が十分に強いこと。ミッションを開始するには、少なくとも6つの衛星との接続が必要です。

サブ飛行ミッションを実行

通信タワーを効率的にマップし、正確な結果を再現するには、軌道ミッション、円柱ミッションおよび上向き旋回ミッションが実行できます。通信タワーのマッピング方法に関する推奨事項の詳細は: 通信タワーのマップ方法

一般的に、以下の飛行をお勧めします:

  • 各アンテナ群につき1つの軌道サブミッション。
  • タワーの種類によって、複数の垂直線を含む1つの円柱サブミッション、もしくは一つの垂直線で複数の円柱ミッション。
  • 各アンテナ群につき1つの上向き旋回サブミッション。

通信タワーミッションの開始時に設定されるリファレンスはデフォルトとして、全てのサブミッションに使用されます。選択可能なサブミッションを選択し、 設定をタップ。

1つのタイプのサブミッションが完了した後、他のタイプのサブミッション または同じタイプのものを実行できます。

注: サブミッション中、対象物のリファレンスの隣にある再設定 をクリックして、必要に応じてリファレンスを変更することができます。

軌道

ミッションのプロパティを設定する

次のプロパティは、右側のパネルで変更できます。

  • 軌道ごとの画像数:軌道ごとの画像枚数を設定します。
情報:デフォルト値が適用されます。この値を編集した後、推奨値に再設定をクリックして、 デフォルト値に戻すことができます。

パネルのパラメータで設定されるのではなく、半径、高度とジンバルピッチは、スクリーンのビデオフィードに基づいています。つまり、ドローンのコントローラで手動で調整される、ドローンの位置に基づいている。

  • 半径: 軌道の半径の距離を表します。
  • 高度: 軌道の高度を表します。
  • ジンバルピッチ: カメラのピッチ角を表します。この値は - でなければいけません。
パラメーター 赤色の値の範囲 オレンジ色の値の範囲 緑色の値の範囲
半径 0-5 m 6-7m 8m以上
高度 - 0-14m 15m以上
ジンバルピッチ >0° -90-(-61)° / -29-0° -60-(-30)°
 
重要: 赤色の値は、ミッションの開始を無効にします。オレンジ色の値はミッションの開始を無効にしませんが、推奨する値ではありません。緑色の値は、推奨値の範囲内にあります。

飛行ミッション開始をタップ。ドローンは飛行ミッション モードに入り、サブ飛行ミッションが開始されます。

円柱飛行ミッション

ミッションのプロパティを設定する

次のプロパティは、右側のパネルで変更できます。

  • 垂直線: 特定ウェイポイントの垂直線の数を表します。
  • 垂直線ごとの画像数:垂直線ごとに取得する画像枚数を表します。
  • 最低高度: ドローンが飛行ミッションを飛ぶ際の最低高度。本値は少なくとも最高高度(対象物の高さ+半径)より10 m低くする必要があります。
    現行のもので設定をタップして、値をドローンの現在の高度に設定します。
  • 半径: 軌道の半径の距離を表します。最小値と推奨値は8 mです。現行のもので設定をタップして、半径の値を現在のタワーの中心線とドローンの間の距離に設定。
情報:デフォルト値が適用されます。この値を編集した後、推奨値に再設定をクリックして、 デフォルト値に戻すことができます。
注: ジンバルピッチは飛行中に変わり、最も適切なデータセットを取得するためにミッションによって制御されます。

飛行ミッション開始をタップ。ドローンは飛行ミッション モードに入り、サブ飛行ミッションが開始されます。

上向き旋回飛行

ミッションのプロパティを設定する

次のプロパティは、右側のパネルで変更できます。

  • 軌道ごとの画像数:軌道ごとの画像枚数を設定します。
情報:デフォルト値が適用されます。この値を編集した後、推奨値に再設定をクリックして、 デフォルト値に戻すことができます。

パネルのパラメータで設定されるのではなく、半径、高度とジンバルピッチは、スクリーンのビデオフィードに基づいています。つまり、ドローンのコントローラで手動で調整される、ドローンの位置に基づいている。

  • 半径: 軌道の半径の距離を表します。
  • 高度: 軌道の高度を表します。
  • ジンバルピッチ: カメラのピッチ角を表します。この値は + でなければいけません。
パラメーター 赤色の値の範囲 オレンジ色の値の範囲 緑色の値の範囲
半径 0-5 m 6-7m 8m以上
高度 - 0-14m 15m以上
ジンバルピッチ - < 0° 0-90°
 
重要: 赤色の値は、ミッションの開始を無効にします。オレンジ色の値はミッションの開始を無効にしませんが、推奨する値ではありません。緑色の値は、推奨値の範囲内にあります。

飛行ミッション開始をタップ。ドローンは飛行ミッション モードに入り、サブ飛行ミッションが開始されます。

ミッションの一時停止、再開、キャンセル

ミッションモードでは、アプリからミッションを一時停止、再開、キャンセルできます。

  • pause.pngをタップしてミッションを一時停止。ミッションを一時停止した後、ドローンはホバリングし、 手動モードに入ります。
  • play.pngをタップしてミッションを再開。ドローンは飛行前のチェックを行い一時停止を押す前に到達できなかった最初のウェイポイントに飛びます。
     
    重要: ミッションを再開するとき、ドローンは対象物より高い安全高度に最初に垂直に上昇します。その後、撮影されなかった最初のウェイポイントに移動します。対象の高さはミッション計画中に設定します。
  • exit_mission.pngをタップしてミッションをキャンセル。ミッションをキャンセルするかどうかの確認を求めるポップアップが表示されます。キャンセルされたミッションは再開できません。

ミッションを中断するその他の方法については、 Pix4Dscanのミッションを中断する方法

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。