Pix4Dscan - スタートガイド

iOSの最新バージョンをダウンロード。

app_store.png

ステップ1. 機器のセットアップ

 
重要: Pix4Dscanを使用する前に、ドローンへの最初の接続は、ドローンメーカーアプリで実行してください。ドローンの設定が済み、すべてのセンサーが正常に補正されたら(ジンバル、コンパスおよびIMUキャリブレーション)、Pix4Dscanアプリを使用できます。
    1. Pix4Dユーザーアカウントでログイン。このステップにはインターネット接続が必要です。
    2. 対象の構造物が位置するエリアに移動。
    3. コントローラとドローンの電源を入れる。
    4. コントローラとiPadデバイスを該当するケーブルで接続。
    5. Pix4Dscanを起動。
      注: インターネット接続なしで飛行する計画の場合、現場に行く前に次の手順を実行する必要があります。詳細情報: オフラインベースマップとミッション
    6. ドローンセレクターのドロップダウンリストからドローンモデルを選択。
      drone_selector.png
    7. ドローンのステータスが接続済みになったら、 飛行開始をタップ 。

この時点で、ユーザーはアプリ内で正常に認識され、ドローンを飛行する準備が整っています。

ステップ2. 安全とセキュリティの設定の確認

フライトを開始する前に、「安全とセキュリティ設定」の確認を強く推奨します。 設定の詳細は Pix4Dscan - 設定で確認できます。

注: ベンダーのアプリケーションから送られてくる安全性とセキュリティの設定は、Pix4Dscanで取得された値です(信号消失した場合の設定、RTH の高さなど)。

上部のバーで、 menu.png をタップし、設定にアクセス。

  1. ミッションを開始するための最小ドローンバッテリーレベルが正しく設定されていることを確認してください。
  2. シグナル切断アクションが正しく設定されていることを確認。
  3. RTH高度 が正しく設定されていることを確認。ただし、後でミッション設定を定義している際に、対象物の高さが設定したRTH高度より高かった場合、ユーザーはこの値を確認してください。
  4. ベンダーアプリで最大飛行高度が正しく設定されていることを確認。

安全とセキュリティの確認をした後、ユーザーは飛行を開始できます。

ステップ3. ミッションを選択して飛行

Pix4Dscanでは、飛行計画が正しく配置されていることを保証するために、飛行計画は現場で行われます。 離陸と対象物のリファレンス設定はドローンを手動で操作し行います。

 
重要: Pix4Dscanは飛行ミッションの計画にベースマップを使用しません。ミッションを正確に位置合わせするために、タワーの中心点などといった特徴点をリモートコントローラでドローンを飛行させ、認識しなければいけません。ミッションはこのように測定された特徴点の位置に基づいて作成されます。

飛行ミッションを実行するための手順は次の通りです:

    1. タワーベースと同じ高さの安全な場所にある、次のミッション飛行から少なくとも20m離れた手動モードでの離陸。
    2. ドローンを地上数メートルに配置します。
      重要: 飛行ミッションを開始するには、ドローンはホバリングしてなければいけません。 Pix4Dscanは離陸段階に関与しません。
    3. 新しいミッションを作成するためにadd_mission.pngをタップ。ミッション選択ウィンドウが開きます。
    4. 飛行するミッションのタイプを選択してください。詳細については、 ミッションタイプ
      Pix4dscan_types_of_mission.jpg

セルタワー、オービット、シリンダーミッションを選択する場合。

ミッションの計画は、飛行計画が正しく配置されていることを確実にするために、フィールド上でドローンを飛ばすことによって行われます。離陸とPOIの定義は、ドローンを手動で操縦することによって行われます。
重要:これらのミッションにはベースマップは必要ありません。ミッションの位置を正確にするために、リモコンでドローンを飛ばしているときに特徴的なポイント、たとえばセルタワーの中心、を認識させる必要があります。次に、これらのポイントの測定位置を使用してミッションが作成されます。

 

セルタワー、オービット、シリンダーミッションを行うには、次のような手順を踏みます。

1.タワーベースと同じ高さの安全な場所で、次のミッション飛行経路から少なくとも20m離れ、手動モードで離陸します。
2.画面の指示に従って、興味のあるポイントの参照を定義します。
3.ミッションのプロパティを定義します。詳細については、 Pix4Dscan-手動 をご覧ください。
4. [ミッションの開始]をタップします。ドローンがマニュアルモードを終了し、ミッションを実行します。ミッション中は完了までの残り時間の目安が表示されます。
5.(オプション)ミッションはいつでも中断できます。詳細については、 Pix4Dscanミッションを中断する方法
6.(セルタワーミッションの場合のみ)各送信について3~5の手順を繰り返します。セルタワーミッションでは、同じ種類のサブミッションを複数回行うことができます。

 

グリッドミッションを選択する場合:

離陸時はPix4Dscanによって処理されますが、ミッションは空中から開始することもできます。ベースマップは、飛行経路を配置し、ミッションの境界を設定するために使用されます。

グリッドミッションを実行するための手順は次のとおりです。

1. ベースマップ上にグリッドミッションを配置して設計します(空間参照)。
2. ミッションのプロパティを定義します。詳細については、 Pix4Dscan-手動 をご覧ください。。
3. [ミッションの開始]をタップします。離陸時、ドローンは自動的にミッションの高さまで上昇し、ミッションを実行します。ミッション全体を通して、完了までの残り時間の目安が表示されます。
4.(オプション)ミッションはいつでも中断できます。詳細については Pix4Dscanミッションを中断する方法をご参照ください。

 

ミッションが終了した時:

1. 帰還ボタンをタップするか、手動でドローンを飛ばして着陸させる。
2. ドローンとコントローラーの電源を切る。
3. SDカードを取り出す。

 

取得した画像/動画はSDカードに保存され、目視点検およびフォトグラメトリーアウトプットの生成に使用できます。

ステップ4. データセットを処理

SDカードから、取得した画像/動画をPix4Dinspectのクラウドプラットフォームの新規点検にアップロードできるデバイスに接続。

構造物のモデルを点検するために、データセットを処理できる準備が整いました。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。