Pix4Dscan - よくあるご質問

Pix4Dsurveyとは?

Pix4Dscanは、画像からの目視点検のためにフォトグラメトリ―の専門家化によって開発された、iPad用のプロフェッショナルはアセット飛行アプリケーションです。 Pix4Dinspectとの組み合わせにより、あなたの特定のニーズを満たし、実用的なデータを取得するための手動および自動ドローン飛行(通信鉄塔、起動、または円柱)が可能になります。

Pix4Dscanのバージョンとは?

Pix4Dscanには2つのバージョンがあります: Inspection-Telecomおよび Inspection-Telecom

  • Inspectionのバージョンには、構造物の一般的なマッピングと点検を実行する際に使用される機能が含まれています。
  • Inspection-Telecom のバージョンには、通信タワーのマッピングと点検を目的とした追加機能が含まれています。

Pix4DscanのInspection-Telecomバージョンの特定の機能とは?

Pix4Dscanは3つのミッションタイプを提供します: 軌道飛行ミッション 円柱飛行ミッションおよび通信タワー飛行ミッション

通信タワーミッションは、通信タワーのマッピングに最適化され特別に設計された飛行ミッションです。 これは、 Inspection-Telecom バージョンのみで使用できます。通信タワーミッションは、最高レベルの通信タワー構造とアンテナの3D化を可能にします。詳細については、営業チームにお問い合わせください

Pix4Dscanの通信タワーミッションとは?

通信タワーミッションは、通信タワーのマッピングを目的とした特定の飛行ミッションです。通信タワーミッションは、次の複数のサブミッションを適用することで、各構成要素とその形状を効率的にキャプチャすることを目指しています:軌道飛行上向き旋回飛行、および円柱飛行

通信タワーミッションの全説明はこちらからご参照ください: Pix4Dscan - マニュアル ( 「通信タワーミッション」参照).

通信タワーをマップするために推奨されているワークフローとは?

通信タワーミッションには、通信タワーなどの構造物をマッピングするための推奨ワークフローが含まれています。 ミッション計画では、通信タワーの中心点や最大高度値などの重要なポイント を現場で手動で特定する必要があります。これらの参照点の測定位置に基づいてミッションが作成されます。

通信タワーミッションの実行方法に関する説明と手順はこちら: 通信タワーのマップ方法

Pix4Dscanはどの言語で使用できますか?

Pix4Dscanは、英語、日本語、スペイン語で利用できます。

Pix4Dscanでサポートされているオペレーティングシステムとは?

Pix4Dscanは現在iOSでサポートされています。

Pix4Dscanはどのドローンをサポートしていますか?

Pix4Dscanは、さまざまなDJIドローンと互換性があります。詳細については、 Pix4Dscanがサポートするドローン、カメラ、コントローラー をご参照ください。

Pix4Dscanはインターネットに接続せずに使用できますか?

現場でのインターネット接続は必須ではありませんが、推奨されます。 インターネット接続が必要なプロセスは次のとおりです。 Pix4Dscanを使用するにはインターネット接続が必要?

オフラインでのフライトを実行する前に、 インターネットに接続してベースマップをダウンロードすることをお勧めします。キャッシュされ、オフラインでも表示可能となります。オフラインマップを保存する方法の手順はこちら: オフラインのベースマップとミッション

Pix4Dscanの価格は?

PIx4Dscanの価格についての詳細情報は営業チームに ご連絡ください。.

Pix4Dscanについてテクニカルサポートを受けるにはどうすればよいですか?

製品に関する技術的な質問については、サポートチームに お問い合わせください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。