ベースマップの追加方法 - PIX4Dfields

フォローする

前へ | 次へ

PIX4Dfieldsのベースマップ

ベースマップは、プロジェクトを重ねて表示する参照マップとして使用することができます。PIX4Dfieldsには、これらのマップのオプションがいくつか提供されます。標準ベースマップのオプションは、Mapboxによって提供されるストリートまたは衛星画像コンテンツを含む完全にグローバルなベースマップです。カスタムベースマップオプションにより、タイルウェブマップサービスを使用してカスタムコンテンツを表示することができます。このサービスは、ローカルまたはオンラインでホストすることができます。

PIX4Dfieldsプロジェクトのベースマップを変更

  1. PIX4Dfieldsでプロジェクトを開きます。
  2. globe.jpg[ベースマップを選択] をクリックします。
  3. カスタム衛星画像ストリート、またはなしを選択します。

PIX4Dfieldsにカスタムベースマップを追加

カスタムベースマッププロバイダーを追加:

  1. ダッシュボード 画面で、設定 settings.jpgをクリックします。
  2. アプリ設定セクションで、ベースマップをクリックします。
  3. カスタムベースマップを選択します。
  4. マップサービスのURLを入力または貼り付けます。
  5. PIX4Dfieldsで新規プロジェクトを作成します。
  6. globe.jpg[ベースマップを選択] をクリックします。
  7. カスタムをクリックします。

PIX4Dfieldsのカスタムベースマップで対応している引数

 
メモ: URLには、次の形式が必要です。http://tiles.example.com/path/{z}/{y}/{x}追加情報については、次を参照: タイルウェブマップ

次の表は、PIX4Dfieldsで対応している引数について説明します。

引数 説明

{x}

タイルのX位置

{y}または{-y} タイルのY位置は、上部/北部で開始します。原点が下部/南部(TMS)にある場合は、{-y}を使用します。
{z} ズーム
{r} スケール値Retinaタイルの読み込みには、URLに「@2x」を追加して使用できる
{q} クワッドツリー
{bbox4326}
{bbox4326_latlon}
{bbox4326_lonlat}
{bbox3857}
WMS Urlsの境界ボックス座標「laton」または「lonat」が指定されていない場合、順序はバージョンによって決定し、1.3未満ではlonlatが使用される
{s} サブドメインa、b、c。

PythonおよびQGISを使用して、ローカルでホストされているオルソモザイクのタイルウェブマップサービスを作成

  1. pythonを使用して、ローカルサーバーを作成:
    • Windowsマシン上に専用フォルダを作成します(例「Local_basemap」)。
    • Windowsコンソールを開いて、フォルダ「Local_Basemap」に移動します。
    • 次のコマンドを実行:「C:\Program Files\QGIS 3\apps\Python37\python」-m http.server(pythonがインストールされている場所へのパスが正しいかを確認してください)。
    • コンソールには、次のメッセージが表示されます。 0.0.0.0ポート8000(http://0.0.0.0:8000/)でHTTPを処理中...ローカルサーバーのURLは以下のとおりです。http://localhost:8000/
  2. 使用するオルソモザイクからXYZタイルを生成します。
    • QGISを開いて、オルソモザイクを読み込みます。
    • 処理> ツールボックス> ラスターツール>XYZ タイルの生成 (ディレクトリ)をクリック
    • 次のパラメータを次のように入力します。
      • 範囲: オルソモザイク
      • ズームレベル範囲: オルソサイズによって異なりますが、12~19はすべてのケースで問題がありません。
      • タイル形式: JPG
      • 出力ディレクトリ: フォルダ「Local_Basemap」に保存します。
      • 出力html: 名前を指定して、「Local_Basemap」フォルダに保存します(タイルが正しく作成されているかどうかテストします)。
  3. PIX4Dfieldsを開いて、カスタムベースマップセクションに次のURLを追加します。http://localhost:8000/{z}/{x}/{y}.jpg

カスタムMapboxレイヤーを追加

Mapboxでカスタムベースマップを作成し、タイルウェブマップサービスとしてPIX4Dfieldsにインポートすることができます。

  1. Mapbox Studioで、[シェアと開発] に移動します。
  2. 開発者リソースで、[サードパーティ] を選択します。
  3. PIX4Dfieldsは、カート形式またはフルクラム形式に対応しています。
  4. 統合URLをコピーします。
  5. PIX4Dfieldsのアプリ設定で カスタムベースマップ に貼り付けます。
この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。