PIX4Dreactで未対応カメラを処理するためにXMLファイルを生成する方法。

フォローする

ユーザー提供のカメラパラメーターファイル

PIX4Dreactでサポートしていないカメラでも、内部カメラパラメータを含むファイルが提供されていれば、データセットを処理することが可能です。

この機能は、PIX4Dreact 1.1以降で利用可能です。

カメラパラメーターファイルの取り込み方法

カメラパラメータファイルは、以下に説明する.xml形式で提供されます。

ファイルを使用するには、次の手順を実行します:

  1. ダッシュボードで、PIX4Dreact設定をクリックし、カメラパラメーターファイルを選択します。import_xmlfiles_Pix4Dreact.jpg
  2. ファイルを選択をクリックし、ファイルダイアログで.xmlファイルを選択します。
  3. 設定を終了し、データセットを処理するためのプロジェクトを開く/作成する カメラパラメーターファイルは自動的に使用されます。

設定のカメラパラメーターファイルのページで削除をクリックすると、ファイル のリンクが解除されます。 その後、パラメータは使用されなくなります。

特定のカメラに対してカメラパラメーターファイルが提供されている場合、その値は画像のExifデータや内部データベースの対応する値を上書きします。 

カメラパラメーターファイルの入手方法

カメラパラメーターファイルの生成方法は2通りあります。:

  • PIX4Dmapperのエクスポート。PIX4Dmapperでカメラのキャリブレーションを行い、そこからカメラパラメーターを正しいフォーマットでエクスポートします。 
  • テンプレートから以下のテンプレートを使用し、製造元または校正手順によって提供された値で項目を埋めてください。

PIX4Dmapperからのカメラパラメーターファイルのエクスポート

PIX4Dmapperを使用して、キャリブレーションされたカメラパラメータを正しい.xmlフォーマットで取得することもできます。

この方法では、まずカメラのキャリブレーションを行う必要があります。 PIX4Dmapperでカメラをキャリブレーションする方法については、遠近レンズカメラのキャリブレーション方法魚眼レンズカメラのキャリブレーション方法の記事をご覧ください。

2つ目は、ユーザーカメラのデータベースをエクスポートすることです。

  • PIX4Dmapperの「ヘルプ」-「設定」をクリックします。
  • 「カメラデータベース」タブの「ユーザーデータベース」で「エクスポート...」をクリックし、ファイルを適当な場所に保存します。

カメラパラメーターテンプレート

カメラパラメーターファイルは、XML 形式のテキストファイルです。 その構造は、カメラがパースペクティブレンズかフィッシュアイレンズかによって異なります。 ここでは、両方のタイプの例と記入が必要な項目の説明をします。

遠近法レンズ:

<cameraModelDB>
    <version>19</version>
    <cameras>
         <camera name="S.O.D.A._10.6_5472x3648">
              <imageWidth>5472</imageWidth>
              <imageHeight>3648</imageHeight>
              <pixelSize>2.4</pixelSize>
              <principalPointXmm>6.54</principalPointXmm>
              <principalPointYmm>4.348008</principalPointYmm>
              <lensType>perspective</lensType>
              <focalLengthmm>10.633008</focalLengthmm>
              <radialK1>0.033</radialK1>
              <radialK2>-0.209</radialK2>
              <radialK3>0.315</radialK3>
              <tangentialT1>0</tangentialT1>
              <tangentialT2>0</tangentialT2>
              <bandConfig>
                  <band name="Red" centralWaveLength="660" width="0"/>
                  <band name="Green" centralWaveLength="550" width="0"/>
                  <band name="Blue" centralWaveLength="470" width="0"/>
              </bandConfig>
         </camera>
    </cameras>
</cameraModelDB>

魚眼レンズ:

<cameraModelDB>
    <version>19</version>
    <cameras>
       <camera name="PHANTOMVISIONFC200_5.0_4384x3288">
           <imageWidth>4384</imageWidth>
           <imageHeight>3288</imageHeight>
           <principalPointXmm>3.085</principalPointXmm>
           <principalPointYmm>2.31375</principalPointYmm>
           <lensType>fisheye</lensType>
           <poly1>1</poly1>
           <poly2>-0.00643155</poly2>
           <poly3>-0.127019</poly3>
           <poly4>-0.017398</poly4>
           <c>3853</c>
           <d>6.74</d>
           <e>6.74</e>
           <f>3853</f>
           <bandConfig>
              <band name="Red" centralWaveLength="660" width="0"/>
              <band name="Green" centralWaveLength="550" width="0"/>
              <band name="Blue" centralWaveLength="470" width="0"/>
          </bandConfig>
       </camera>
    </cameras>
</cameraModelDB>

以下のタグとその属性は、お使いの機種に合わせて記入する必要があります。 提供する値は次のとおりです。

 

タグ 属性 説明
Camera  name A string in the following format:
<model>_<lens-model>_<focal-length>_<width>x<height>

次の情報が画像Exif情報から読み取られます:
<model> = Exif.Image.Model
<lens-model> = Exif.Photo.LensModel または Exif.Canon.LensModel
<focal-length> = Exif.Photo.FocalLength

レンズモデルがExifで提供されていない場合、文字列のフォーマットは次のようになります:<model>_<width>x<height>

画像から読みとる:
<width> = image width <height> = image height

imageWidth, imageHeight   画像の幅/高さ(単位:px)
pixelSize   画素サイズ(単位:マイクロメートル)
principalPointXmm, principalPointYmm   主点X / Y(mm単位)
lensType   遠近法または 魚眼
focalLengthmm   焦点距離(単位:mm、遠近法のみ)
radialK1, radialK2, radialK3, tangentialT1, tangentialT2   放射状/接線の歪み係数(遠近法のみ)
poly1, …, poly4   多項式係数(魚眼のみ)
c, d, e, f   アフィン変形パラメータ(魚眼のみ)
bandConfig   名前順のバンドリスト
band name バンド名("Red、"Green"、"Blue"、"NIR"、"Alpha"、"Gray"、"Red edge"、"ThermalIR"、"LWIR"、"Garbage"、"Unknown"のいずれか)
  centralWaveLength バンドの中心波長(単位:nm)
  width 波長分布の半値全幅(nm単位、指定されていない場合は0)


詳しくは、内部カメラと外部カメラのパラメータの定義の記事をご覧ください。 

この記事は役に立ちましたか?
6人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。