現時点でお使いのカメラに対応していない場合 - PIX4Dreact

フォローする

 

前へ | 次へ

この記事では、カメラまたは解像度が PIX4Dreact でサポートされていない場合の対処方法について説明します。

カメラがデータベースにない場合、PIX4Dreact は "Your camera is not supported at this time" というメッセージを表示します。 これは、最近リリースされたカメラ、あまり普及していないカメラ、またはカメラの設定でカメラの解像度が変更された場合に発生する可能性があります。 この場合、サポートされていない画像を処理するには、カスタム カメラ パラメーター ファイル (.xml) が必要になります。 この .xml ファイルは、カメラ データベースの修正として機能し、PIX4Dreact が処理を開始できるようにします。

Camera_not_supported.jpg

サポートされていないカメラ エラー

 
重要: データベースにないカメラからの画像を処理することは可能です。

カメラがサポートされていない場合の対処法

PIX4D は、PIX4react の新しいリリースごとにデータベースを更新し、最新のカメラ モデルがサポートされるようにします。 現在サポートされていないカメラの場合、カスタム カメラ パラメータ ファイルをダウンロードできます。 ダウンロード リンクをクリックし、以下の手順に従ってファイルをインポートしてください。

PIX4Dreact用カメラパラメーターファイルはこちらからダウンロードできます。

ファイルを使用するには、次の手順を実行します。

  1. ダッシュボードで、PIX4Dreact 設定をクリックし、カメラパラメータファイルを選択します。
  2. ファイルを選択をクリックし、ファイルダイアログで.xmlファイルを選択します。
  3. 設定を終了し、データセットを処理するプロジェクトを作成します。 カメラ パラメータ ファイルが自動的に使用されます。

import_xmlfiles_Pix4Dreact.jpg

カメラ パラメータ ファイル セクション

ファイルのリンクを解除するには、設定のカメラ パラメータ ファイルページで削除をクリックします。 その後、パラメータは使用されなくなります。 特定のカメラに対してカメラパラメータファイルが提供されている場合、その値は画像のExifデータや内部データベースの対応する値より優先されます。

ダウンロードしたファイルでも処理できない場合、またはオルソモザイクの品質が悪く、有効なサポート&アップグレードライセンスをお持ちの場合は、Pix4D サポートにご連絡いただき、データセットをお送りいただければ、画像に対応する最新の .xml ファイルをお送りします。

 
重要: カメラのフル解像度で画像を取得することをお勧めします。 画像の縦横比を変更すると、画像の解像度が変更されます。 これにより、PIX4Dreact が画像をサポートできなくなり、カスタム カメラ パラメータ ファイルが必要になる場合があります。

PIX4Dreact でサポートされているカメラ

サポートされているカメラと解像度をこちらで確認してください: サポートされているカメラ - PIX4Dreact .

この記事は役に立ちましたか?
7人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。