PIX4Dfields を John Deere Operations Center に接続する方法

フォローする

本記事では、John Deere Operation Centerに接続する方法と、PIX4Dfieldsから直接レイヤーをアップロードする方法について説明します。

 Previous

John Deere Operations Center に接続するメリット

PIX4Dfields ユーザーはJohn Deere Operations Centerアカウントに接続し、境界線や、空撮による作物ヘルスマップ、可変処方アプリケーションを農場/圃場オペレーションに対して、シームレスにアップロードすることができます。農場管理システムに接続することで手持ちのデータを有効に活用したり、収穫量マップや土壌マップといった、他の情報レイヤーと隣り合わせて可視化ができるため、より多くの情報に基づいて的確な判断を行うことが可能となります。また、処方マップファイルを現場の機械に転送する際も役立ちます。

 John Deere Operations Center との接続と共有方法

  1. PIX4Dfields を開く
  2. John Deere Operations Center にエクスポートするレイヤーを含むプロジェクトを開く
  3. ダッシュボード右上の エクスポート ボタンをクリック
  4. 共有 をクリック
    share icon
    共有アイコン
  5. John Deere Operations Center をクリック
  6. John Deereに接続 をクリック
    Connect icon
    接続アイコン
  7. サインイン画面へ移動
  8. 有効なクレデンシャルを入力
  9. アクセスを許可 をクリック
    allow access
    アクセス許可画面
  10. ログインができたら PIX4Dfields に戻る
メモ1:John Deere 上で、Client、farm、field が表示されない場合は、こちら からOperation Centerにアクセスし、Setup>> Connections をクリック >> PIX4Dfields を検索 >> Connect をクリック >> Allow access をクリック
メモ2:MyJohnDeere アカウントをお持ちでない場合は、 こちら から新規登録してください。登録に関する詳細は こちらのビデオ または MyJohnDeere サポート にご連絡ください。

11. John Deere Operation Center と共有する 組織 (Organization)クライアント (Client)農地 (Farm)フィールド (Field) を選択

Share menu

John Deere Operation Center と共有メニュー

 
注意1:John Deere Operations Centerにレイヤーをアップロードする際、組織 (Organization)、クライアント (Client)、農地 (Farm)、フィールド (Field) を正しく選択してください。こちら から Operation Center Map に フィールド (Field) の作成が可能です。
 
注意2: 組織 (Organization) が作成されると、オーナー権限を持つユーザーは組織にユーザーを追加したうえでアクセスレベルを設定することができます。組織 (Organization) 上でマップレイヤーのサマリー作成権限等、全ての権限が付与されていることを確認してください。

John Deere Operation Centerにアップロード可能なレイヤー

オルソモザイク、反射率マップ、植生インデックス、およびターゲットオペレーションマップ(ゾーネーションと可変処方)を John Deere Operations Centerにアップロードすることができます。

John Deere Operation Centerにアップロードするデータの種類によって、以下の2つのオプションからちらかを選択し、1つづつアップロードしてください

  • レイヤー:
    • オルソモザイク・DSM (数値表層モデル)・インデックスマップをアップロードする際に選択
    • 名前の変更やレイヤーの説明を追記も可能
  • 処方マップ:
    • マップの種類に関わらず、ターゲットオペレーションマップをアップロードする際に選択

Using Targeted operation map

可変処方マップを使用したアプリケーション

  • 境界:
    • 境界をアップロードする際に選択。必要に応じて、穴を障害物に変換し、変換した箇所を「通過可能」または「通過不可」な場所として設定可能 boundaries menu
      境界メニュー
    • John Deereにアップロード をクリックして数分で、John Deereプラットフォーム上でレイヤーが使用可能となる

 

John Deere Operations Center の主要ツール

Map

PIX4Dfields からアップロードされたレイヤーは、Map display に表示されます。

以下の方法でレイヤーを確認ししてください。

  • Fields タブをクリックして フィールド (Field) を確認 
  • フィールド (Field) を1つ選択し、レイヤーアイコンをクリック
  • タイムラインから表示可能なレイヤーを選択

View_maps_marked.png

 

File

PIX4Dfields API を介してアップロードされたファイルは More > Files に移動して確認

Field Analyzer

Field Analyzer から、オペレーションレイヤーを個別に分析したり、圃場の状態を異なる年で比較したり、農学情報と照らし合わせることが可能です。詳細は こちら を確認ください。

Work Planner 

以下の方法で、ターゲットオペレーションマップを使用した可変処方アプリケーションを作成してください。

  • Plan > Work Planner へ移動
  • Field (フィールド) を選択
  • Rate を開き、マップを選択

variable rate map

Work planner でオペレーションマップを選択

  • Work Planner について、詳しくは こちら を確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here instead)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。