トラクターターミナルに可変率アプリケーションマップをエクスポートする方法 - PIX4Dfields

フォローする

前へ | 次へ

ゾネーションと処方マップをトラクターターミナル(ディスプレー)にエクスポートする理由は?

可変率肥料アプリケーション用のトラクターターミナルにゾネーションと処方マップを簡単にエクスポートします。

トラクターターミナルにゾネーションマップをエクスポート(ディスプレー)

ゾネーションマップを作成し、処方数値を追加し、シェイプファイルとしてゾネーションマップをエクスポートするには、こちらをクリックします

ターミナルトラクターのシェイプファイルとしてゾネーションマップをエクスポート:

  1. 指数マップからゾネーションマップを作成します。
  2. ゾネーションマップに処方数値を入力します。
  3. シェイプファイル(場合によっては、トラクターターミナルの別のファイル形式に変換する必要があるかもしれません)としてゾネーションマップをエクスポートします。
  4. 個別のファイルとしてエクスポートをクリックします。(ほとんどのターミナルでは、解凍したシェイプファイルが必要です)。
  5. シェイプファイルをUSBドライブに保存します。

Screenshot_20200117_135233.png

Screenshot_20200117135309.png

 

 
注意: PIX4Dfieldsは、シェイプファイルからゾネーションと処方マップをインポートできるトラクターターミナルが対応していますあなたのトラクターに対応する形式に関する詳細については、お持ちの機械の精密ディスプレーマニュアルを参照するか、精密機器のご担当技術者様までお問い合わせください。

シェイプファイルはどのように整理されていますか?

1. エクスポートしたシェープファイルの属性テーブルには、amount、area_ha、avgValue、rate_haの4カラムがあります。

  • amount: ゾーンごとに必要なレート数です。この数値は自動的に計算されます。
  • area_ha (ac): 各ゾーンのhaまたはacの領域です。
  • avgValue: 各ゾーンの平均指数値です。
  • rate_ha (ac): 処方ツールを生成する際に、この数値は手動で追加されます
 
注意: 単位は表に記録されません。適切なレートを使用するには、記録を残す必要があります。

2. 行数はゾーン数に対応します。ゾーン数は2~7の範囲で異なります。

 

次の表は、PIX4Dfieldsで使用できる属性テーブルの例です。

amount area (ha/ac) avgValue rate (ha/ac)
1      
2      
3      
 
注意: シェイプファイルの制限(例:ポリゴンの数)については、ターミナルメーカーに確認してください。

シェイプファイルをzipファイルと個別のファイルとしてエクスポートする違いは?

PIX4Dfieldsを使用すると、シェイプファイルは、zipファイル、または個別のファイルなどとしてエクスポートすることができます。

zipファイルとしてエクスポートしたシェイプファイルには、圧縮した複数のファイル(.dbf、.prj、.shp、.shp、および.shx)が含まれています。ほとんどのトラクターターミナル(ディスプレー)は、ターミナル上の特定のフォルダにエクスポートした個別のシェイプファイルを使用します。したがって、シェイプファイルを個別のファイルとしてエクスポートすることをおすすめします。

トラクターターミナルにゾネーションと処方マップをインポート(ディスプレー)

ターミナルトラクターのシェイプファイルとしてゾネーションマップをエクスポート:

  1. 希望するトラクターターミナルにシェイプファイルをインポートします。
  2. rate_ha (ac)を選択します。
  3. 単位を選択します。
  4. OK。
注意: インポートステップは、ターミナルによって異なります。最も一般的な手順は上記のとおりです。例をご確認ください。Ag Leader Integra Prescription Import Kansas および John Deere GS 3 2630 Prescription Upload 2016

ゾネーションと処方マップ単位を変更する方法は?

ダッシュボードに関する詳細については、こちらをクリックしてください。

  1. ダッシュボード設定(SETTINGS)に移動します。
  2. インチ単位またはメートル単位を選択します。
  3. ゾネーションをシェイプファイルとして再びエクスポートします。
 
注意: シェイプファイルの座標系は、対応するユニバーサル横メルカトル図法(UTM)ゾーン(測地系WGS84)です。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。