オルソモザイク GSD - PIX4Dfields

フォローする
前へ | 次へ

オルソモザイク GSD

地上解像度 (GSD) は、2つ隣り合わせるピクセルの中心間の地面で測定された距離を指します。通常、単位はセンチメートルまたはインチです。GSD が非常に小さく、解像度が非常に高くなる場合、ファイルのサイズ(バイト)が大きくなることがあります。また、大きいファイルは処理に多くの時間が必要になります。PIX4Dfields では、簡単に使用できる小さいファイルサイズのアウトプットを作成するために、アウトプットの GDS を指定することができます。そのステップは、下記のとおりです。

処理設定で GSD を指定

生成したオルソモザイクの GSD は、処理オプションの詳細設定で次の設定を1つまたは両方を指定することができます。

  • 最小 GSD(デフォルトは0.0)
  • 最大合計メガピクセル(デフォルトは50MP)

オルソモザイクの最終的な GDS は、これらの数値の最大値です(有効になっている場合)。

  • オプションが選択されていない場合、データセットからの画像の GSD 中央値です。
  • 「最大合計メガピクセル」を選択すると、画像のメガピクセルサイズによって GDS が指定されます。
  • 処理オプションで指定される GDS の制限

インプット画像の増加および GDS の減少により、必要なディスク容量が増加することに注意してください。

オルソモザイクを表示

PIX4Dfields では、コンピュータのメインメモリより大きい画像を生成および表示することができます。PIX4Dfields は、画像を流動的に表示できるようにします。これは、概要(overview)いう画像の高度な GSD(低解像度処理)バージョンを計算することで実現されます。ズームすると、適切なバージョンが自動的に表示されます。パンニングまたはズーム時に、ハードドライブからデータが取得されているため、多少の遅れが発生することがあります。

性能上の理由により、幅が32,678ピクセルを超える画像は高解像度で表示されません。完全に拡大すると、高解像度の画像の 2倍のGSDにて表示されます。ただし、高解像度の画像はディスクに保存されます。高解像度で表示するには「エクスポート」機能を使用して、QGIS または ArcGIS といった外部ビューアで開きます。

PIX4Dfields で計算できるオルソモザイクのサイズは?

PIX4fields は、インプット画像の数および生成されたオルソモザイクのサイズに制限を設けていません。オルソモザイクの最大サイズは、ハードウェア制限(ディスク容量、メモリサイズ、オペレーティングシステムの最大ファイルサイズ)および時間制限(オルソモザイクの計算時間は、数千枚の画像のインプットデータセットのサイズを超えて急速に増加します)によって指定されます。

概要 (.ovr) ファイルとは?

PIX4Dfields は、大きな画像をスムーズに表示するために、ダウンサンプルされたバージョンを計算します。これらは、PIX4Dfieldsのデータフォルダの概要 (.ovr) ファイルに保存されます。PIX4Dfields が、自動的に作成および削除します。ユーザーが直接操作する必要はありません。

概要ファイルは、オルソモザイク、トリムされたオルソモザイク、またはインデックスの計算後に、自動的に生成されます。また、GeoTIFF がインポートされる際に作成されます。概要を計算している間には、進捗バーが表示されます。概要ファイルを保存するには、追加ディスク容量が必要になります。概要ファイルは、クラウドにエクスポートまたは同期されることはありません。

この記事は役に立ちましたか?
5人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。