AutoGCPs検出機能

重要:この機能は「Pix4Dcloud Advanced」でのみ利用できます。

画像とGCPの要件

AutoGCPs検出アルゴリズムを正しく機能させるには、画像とGCPに関する以下の要件を満たす必要があります。

画像の要件

  • 画像の撮影状態が良好であること(画像がぼやけていたり、コントラストが低かったりするとアルゴリズムが機能しません)。
  • 画像はWGS84(EPSG:4326)でジオロケーションされている必要があります(5〜10 mの精度で十分です)。
  • 直下視画像である。斜め画像はサポートされていません。

GCPの要件

targets.png

  • 十字型ターゲットと対角線ターゲットのみがサポートされています。
  • 白黒のターゲットがサポートされています。状況によっては他の色も使用できます
  • GCPは互いに10m以上の距離を置いて配置されている。
  • GCPには、 https://epsg.io に定義が含まれている投影座標系が必要です。
警告:AutoGCPs検出アルゴリズムが失敗した場合、処理はGCPなしで実行されます。

GCPファイルのアップロード

  1. 手順に従って新規データセットを作成します。
  2. 「3. GCPの自動化」ステップに進んだら、「ファイルをアップロード」を選択します。
  3. GCPの詳細を含むCSVファイルを参照し、「開く」をクリックします。
  4. GCPがインポートされます。
重要:ファイルの形式は以下のとおりです。
  • 1番目の列(必須):「Label」
  • 2番目の列(オプション):「Type」(大文字でGCPまたはCHECKPOINTのどちらか)デフォルト値はGCPです。
  • 3番目の列(必須):「X coordinate」
  • 4番目の列(必須):「Y coordinate」
  • 5番目の列(必須):「Z coordinate」
  • 6番目の列(オプション):「XY accuracy」
  • 7番目の列(6番目の列が定義されている場合は必須): 「Z accuracy」
フィールドはカンマで区切る必要があります。以下の例を参照してください。
001_,GCP,4392829.089,5386534.037,424.524
002_,GCP,4392772.823,5386545.0894,424.582
003_,GCP,4392732.981,5386516.197,424.723
004_,CHECKPOINT,4392761.505,5386468.789,422.646
005_,GCP,4392755.707,5386431.546,426.298
006_,GCP,4392832.252,5386456.906,427.001

GCPの座標系とターゲットサイズを定義

CSVファイルをアップロードしたら、GCPの追加プロパティを指定します。

  • 座標系:座標系の定義が含まれている.prjファイルをドラッグ&ドロップまたは参照するか(推奨)、「PRJファイルがありません」をクリックして検索機能を使用します。座標系ファイルの詳細については、Pix4Dcloudで作業する場合のGCP座標系の選択方法を参照してください。
重要:投影座標系のみ選択できます。
重要:GCPがフィート単位で指定されている場合、座標系を定義する.prjファイルもフィート単位にする必要があります。
  • 対角線ターゲットのサイズ :ターゲットの対角線の長さをセンチメートルまたはインチで指定します。

定義されたコントロールポイントを表示および編集

座標系を定義したら、コントロールポイントを表示して編集 をクリックして、 コントロールポイントの「表」 にアクセスします。

コントロール ポイントの表

ユーザーは座標を確認し、コントロールポイントのタイプを変更し、 表ヘッダーの2つの単語の1つクリックすることにより、 Easting Northing の座標と入れ替えることが出来ます。

GCPtable.png

コントロール ポイントのマップ

「マップ」をクリックすると、OpenLayersマップがGCPとチェックポイントとともに表示されます。座標系が適切に定義されているかどうかを確認するのに便利です。座標系が定義されていないと、コントロールポイント「マップ」にGCPとチェックポイントが表示されません。

mceclip1.png

ポイントをクリックして、GCPからCPまたはその逆に切り替えます。

「保存」をクリックして変更内容を保存します。

(オプション) ファイルを置換をクリックして、新しいCSVジオロケーションファイルをアップロードします。

(オプション)  delete.pngをクリックしてCSVがいるを削除します。

処理の開始

「処理」をクリックしてデータセットの作成を終了し、処理用のインプットファイルのアップロードを開始します。

  • データセットの処理が開始されます。
  • AutoGCPs検出アルゴリズムが実行されます。GCPが見つからない場合は、GCPが見つからないこと、およびGCPを使用せずに処理が行われることを説明した電子メールがユーザーのメールアドレスに送信されます。
  • 処理が完了すると、プロジェクトの「品質レポート」が添付されたメールが送信されます。

AutoGCPsレポート

また、「AutoGCPsレポート」(PDF)も生成され、ダウンロードすることができます。このレポートには、各ポイントで検出されたマークが表示されます。これはGCPが自動的に正しくマークされていることを確認するためのレポートです。このレポートのダウンロード方法の詳細については、Pix4Dcloudから結果をダウンロードする方法を参照してください。

AutoGCPsレポートのマーキングの例を次に示します。

AutoGCP_report_example.png

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

Article feedback (for troubleshooting, post here)

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。